[ 掲示板に戻る ]

記事No.322に関するスレッドです


2018.03.06  最近、よくいただくご質問No.322
1、そちらのニキビ治療で、ケミカルピーリングやレーザー治療はしていますか?

<解答>
当院は、2018年現在の21世紀の(欧米皮膚科学会で証明された)最新治療を行っており、1990年代に欧米で行われていたケミカルピーリングでは、治療効果(改善スピード・ニキビ跡・完治=新生ニキビストップ)の面で大幅に有効性に乏しい事と、6か月以上のメインテナンス(ひと月にニキビ2個以内)データがない事により、1997年以降行っておりません。また、レーザーや光治療も、活性酸素が施術後に発生してしまうため、やっている限り、新生ニキビが発生するので、むしろ逆効果です。30個以上ニキビのある患者さんが、一時的に半分に減らすためにやるだけなら(限定的にやるだけなら)、いいですが、完治には逆効果です。

欧米最新研究を理解している皮膚科専門医なら、ケミカルピーリングもレーザー・光治療も、一時的な効果しかなく、新生ニキビを完全に抑え込めない事を理解しているはずです。(メカニズム的には、専門的ですが、NLRP3inflammasomeの発現を抑え込め、一重項酸素やヒドロキシラジカルという活性酸素を抑え込め、できれば好中球NETOSISも抑え込める治療でないとニキビをなおせません。これらの事を担当医師に質問していただければ、その治療で治せるのかどうか、判断できるでしょう。)


2、食べ物(スイーツ・ピーナッツ・揚げ物)はニキビの悪化に関係していますか?

<解答>
一切、関係ありません。

食べ物に関しては、IGF研究やmTORC1・FoxO1研究の権威のB.MelnikやM.Cappel,D.Thiboutotらが、いろいろニキビ炎症の悪化因子や炎症経過の論文を出していますが、けっきょくB.Melnikの最終的な結論は、論文上、旧石器時代の食事を6か月続ければ、ニキビは抑え込める、とのべています。
では、実際の究極のニキビ撲滅食事がどんなものかというと、肉・魚・玉子・米・パン・パスタ・果物・スイーツなど一切やめ、ドレッシングをかけない(塩と胡椒のみ)野菜と木の実だけを食べ続ける事、という事なのです。
 つまり、少々、甘いものやナッツ類、揚げ物を避けただけでは全然意味がなく、現代社会では、不可能に近い、野菜と木の実だけを6か月続けない限り、ニキビの原因の活性酸素を抑え込めない、という結論です。
まず不可能だと考えています。
(絶対にこの食事療法は行わないでください。たとえ、ニキビが治っても、栄養学上、食べる野菜や木の実にかたよりがあると、1か月以上続けると重篤な健康被害が起こってしまいます。)

だから、現代生活をつづけながら、ニキビの原因の活性酸素を十分に抑え込もう、とするなら、5%リン酸ビタミンCローションを毎日、化粧水としてぬる事が、一番重要なのです。
現在の日本で広くニキビに処方されているディフェリンゲルやエピデュオゲル、デュアック、ベピオゲルでは、出ているニキビは少しは抑えられても、根本原因の活性酸素を全く抑え込めないので、いつまでたっても、ニキビがでてきてしまうのです。



3、 最近、池野クリニックさんは、ニキビや美容皮膚、アンチエイジング以外の事、つまり、湿疹やかぶれ、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などでも、診てもらえますか?保険で診て頂けますか?

<解答>
当然、当院院長は、日本皮膚科学会公認皮膚科専門医でございますので、ニキビ・美容皮膚・アンチエイジング以外でも、すべての皮膚科疾患を保険診療で診察させていただいております。(ニキビ・美容皮膚科は自費診療)
当院院長のニキビ(尋常性ざ瘡)病因メカニズム・ニキビ治療、ニキビ跡治療、赤ら顔治療、アンチエイジング治療におけるリン酸ビタミンC研究が、たまたま世界の皮膚科専門誌・米国皮膚科学会・ヨーロッパ研究皮膚科学会で、再三取り上げられ、共同研究も多いため、リン酸ビタミンC研究の中心だとか、リン酸ビタミンC臨床データ量最大保有と報じられているため、ニキビやアンチエイジング専門、と思われがちですが、当院では、湿疹・敏感肌・かぶれ(接触性皮膚炎)・アトピ―性皮膚炎なども、30年前より普通に診療しております。

どうぞ、どのような皮膚疾患でも、今の時代の最前線の治療を、(ニキビ・美容皮膚治療以外は)保険範囲内で、提供させていただいおります。

ふるって、ご診察をお受けください。

池野皮膚科形成外科クリニック