14497

2007.04.16  ダラシンローションやVCローションのネットでの販売禁止に関してNo.72
再三お願いしているにもかかわらず、当院のVCローションやダラシンローションのネットでの転売が続いております。薬事法で禁止されていますので、絶対におやめください。また、当院VCローションの処方価格は210ml \10500、100ml \5250でございます。ネットでの転売自体法律に抵触する行為ですが、価格を上乗せして転売するなどもってのほかでございます。当院患者さまの転売行為が発覚した場合には、医療機関といえども厳正に対処いたします。また、今後1回でのVCやダラシンの処方量も、医学的適性量に限らせていただきます。

PS:お問い合わせが多いので、この項で説明いたしますが、当院ダラシンローションは1%クリンダマイシン注射液より生成しておりますので、欧米のダラシンローションと全く同一のものです。欧米で効果が極端に落ちるとみなされている、内服から生成されたダラシンローションやダラシンゲルではありませんので、ご安心ください。大学病院で処方されているダラシンローションはほとんど注射液から生成されたものですので、当院以外でも簡単に手に入るはずでございます。
 
2007年6月10日  
   池野皮膚科形成外科クリニック 院長 池野 宏


2007.03.14  2007.07.01(改定)  お 知 ら せNo.71
 院長が日ごろ厳しく指導しています「日焼け止め+ファンデーションの励行」に関する執筆記事が下記に掲載されました。
 
技術情報協会発行雑誌  「COSMETIC STAGE」
2007年 06月号に掲載されました。

■特集1 開発担当者が知っておきたい化粧品/経皮吸収剤の皮膚障害

1.ファンデーション                
化粧品技術者が知っておきたい、ニキビ患者へのファンデーションの使用法   
         池野クリニック 院長 池野 宏

*本文内容はニキビ治療上でのファンデーションの有効性を最新医学文献に基づいて論じているだけでなく、院長自身が最新欧米皮膚科学会に出席し、発表し、ディスカッションして会得してきた最前線の欧米ニキビ治療自体を、具体的な症例写真とともに解説しております。大学病院の皮膚科学教室教官の方たち・皮膚科専門医の方たちにも、大いに役立つもの、と院長は申しております。

2007年6月9日  池野皮膚科形成外科クリニック

お問い合わせ 技術情報協会 http://www.gijutu.co.jp/image/toppage/Pmark.gif

100/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ]