97941

2017.01.04  種々のニキビへの最新治療No.272
 当院のVCローション・VC(APS)乳液・VEローション・VERミルク、最新米国ニキビ治療薬ダプソン、及び新規レチノイドなどの外用(ぬりぐすり)のみにより、一般的なニキビはもちろん、特殊ないろいろなタイプのニキビまで、治るばかりでなく、赤みや色素沈着も治せるメカニズムが、より明らかになってまいりました。院長池野は、このメカニズムの詳細を、今年、欧米学会にさらに報告・発表していく所存です。
(現在欧米共同研究機関に池野論文を推敲して頂いております。)


どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
ニキビのメカニズムから、日常的な適確な肌タイプ別スキンケアまで、診察時、何なりとご質問ください。すべてのニキビ・美容皮膚医学・肌タイプ別スキンケアの質問まで、2017年2月28日現在の欧米・アジア最新医療に基づいて、わかりやすく説明させて頂ける、アジア地域でも稀有なクリニックだと、院長池野は自負しております。通り一遍などこにでも書いてあるような、一般的な解答ではなく、その病態の本質に見合った解答をご用意しております。
(くれぐれもネットや雑誌・テレビの情報にはご注意ください。質問いただければすべてお答えいたします。)

 *赤ら顔ニキビ・ザラザラニキビに関しては、コラム268をご参照ください。

2017年2月1日 池野皮膚科形成外科クリニック


2017.01.03  2017年の池野クリニックNo.270
 2017年の池野クリニックの方向性・実情をお知らせいたします。

2017年は、ニキビ・シミ・アンチエイジング・スキンケアなど一般皮膚科学・美容皮膚科学において、いろいろな面でのイノヴェーション(革新的治療・新薬など)が報告される事でしょう。
そのイノヴェーションの理論的な方向性の大きなひとつに、池野クリニックが得意としている(欧米皮膚科学会・学術誌に報告し続けている)皮膚での活性酸素障害対策治療が挙げられております。

当院でも、今年は、毎月または数か月間隔で、新しい治療法・新薬・新抗活性酸素療法を発表していく見通しで、このコラムで、報告してまいります。

昨年1年間の通院患者さまの中で、一般皮膚科・美容皮膚科には珍しい事ですが、10年から15年以上通院し、VC製剤を使い続けて頂いている患者さまが、数多くいらっしゃり、VISIA(アメリカ皮膚科学会公認の肌分析機)にて、10歳から20歳以上のアンチエイジング効果が確認されています。リン酸ビタミンCやリン酸ビタミンEによる、ニキビ・シミ・アンチエイジングへの有効性は、確固たるものですが、今年2017年には、更なる効果が証明されていく事でしょう。

いろいろな事を説明する必要もなく、VC・VE製剤をお使いになった患者さま方が、繰り返しご希望され、どんどんお続けになっていかれるわけですので、診察時、何を続け、何が必要なく、何を新しく加えればいいか、という事だけを、ご指導すればよい、という患者さま方が、増えていらっしゃいます。

皆さまが、VC製剤・VE製剤をぐんぐん信頼していただける事は嬉しい限りでございます。

振り返れば、2000年前後の患者様方が、すでに、その効果を確信し、続けていただけたので、臨床医学的にも基礎医学的にも、2010年・2011年・2015年と、欧米(PubMed引用)皮膚専門誌でその有効性が証明できたのですから、本当に患者さま方からのご信頼は、何ものにも代えられない有難い当院の財産でございます。

この重みを自覚し、私院長池野と、スタッフは、患者さま方の治療に、今年も邁進していきたいと考えております。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

池野皮膚科形成外科クリニック 院長 池野 宏

100/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ]