95423

2020.03.18  マスク・手洗い・消毒 さらに・・・・No.383
ふだん、このページは当院ご来院者さまを想定して書いておりますが、
この時期ですので、どなた様にも申し上げられることを書きます。
もし良かったらご参考にどうぞ。

諸外国では次々に「外出禁止令」や「国境封鎖」が出ています。日本はテレワークが推奨されていますが、現実にどなたもがテレワークに移行するのは無理があります。
都市部で勤務、テレワークにできない方々は、ありきたりなことですがご自身のご体調をまず大切に観察なさってください。可能な限り、体を休めるようになさってください。


特効薬はなく、マスク・手洗い・消毒のセットで確実に防御できる訳ではない以上、ご自身の「免疫力を大切に」しましょう。

十分な「睡眠」が免疫力維持につながります。
医学は進んでいますが、人間の脳や神経、自律神経のしくみは、まだまだ未知の領域です。
睡眠がどれほど大切かは、今、少しずつ分かり始めたばかりですが、欧米の臨床では睡眠の効果がおりおり発信されています。

目がさえて眠れなくても、横になるだけでも、副交感神経(ゆったり系)に切りかわり、良いエネルギーチャージになります。もちろん、しっかり寝られれば、それがベストです。

いずれにせよ、横になられたとき、部屋を暗くするか、アイマスクやタオルによって光刺激を抑えていただければ、メラトニンも分泌され、日常の活動で発生した多量の活性酸素も除去されていきます。

血液中や脳内の活性酸素が除去されればされるほど、免疫力の向上につながる事や、まさに第一線でウィルスを撃退してくれるリンパ球の働きが良くなる事は、医学的に証明されています。

マスクを買いに並ぶか、又はその時間、代わりにおうちでゆったりしているかはそれぞれご自由ですが、マスクは代用品(手作り等)がありますし、ゆったり横になっていていただきたいと私個人的には思っています。

職種・環境によって睡眠が確保できない方はたくさんいらっしゃいますね?
この際、一般的にはダメと言われる「寝だめ」でも結構ですからアタマもカラダも少しでも休ませてください。寝れる日には、一日8時間から10時間寝る、昼寝、または15分だけでも横になる、たいへんけっこうです。

1週間の睡眠時間が、
60才くらいまではどなた様も49時間以上(1日7時間平均)、できれば56時間以上(1日8時間平均)、
60代以上は56時間以上(1日8時間平均)、できれば63時間以上(1日9時間平均)、
寝だめや昼寝をしてでも、1週間トータルでこれだけやすんでいただければ、皆さまのリンパ球は、これまでと同じように、しっかりウィルスを撃退してくれるでしょう。もちろん、お忙しいでしょうから、なかなか1週間で、上記時間は難しいかも知れませんが、新型コロナを撃退したいこの時期だけは、しっかり睡眠をお取りいただきたい、と思っております。

日本中の世界中の感染された方にはお見舞いを、
世界中で、昼夜問わずケアしておられる呼吸器・感染症関連医療者の皆さまには心からの敬意と拍手をお送りさせていただきます。

当院の動きで何か変更が出たら、またここでご案内させていただきます。



池野皮膚科形成外科クリニック  池野 宏


2020.03.05  窓口投薬及び、お薬配送に関してのお知らせNo.382
 最近、数年前や十数年前からお越しになっていない患者さまから、投薬や配送が可能かどうか、のお問い合わせをたくさんいただきますので、ここに説明させていただきます。コラム379でお伝えしていますように、新型コロナウィルスの猛威が続いていますので、非常事態体制に準じ、コロナ騒動が落ち着くまでは、すべての患者さまで、(投薬履歴のある薬やスキンケア製品なら)投薬も配送も可能とさせていただきます。
 たとえ、前回いらっしゃったときに、何年何月までに診察を受けていただかないと、その先お薬は出せません、と告げた患者さまでも、この時期だけはお出しできます。ただし、保険薬に関しましては、診察がないとお出しできませんので、よろしくお願い申しあげます。

   2020年3月 池野皮膚科形成外科クリニック


2020.03.02  お知らせNo.381
皆さまご体調はいかがでいらっしゃいますか?

前回コラムから数日たちますが、新型コロナウィルスに関してはどうもあまり良くない方向に向かい、全小学校中学校高校が休校となり、イベントから卒業式にまで影響が出ています。
感染された方、重い状態の方々にはお見舞い申し上げます。

診療について具体的な形を提案する所存でおりましたが、
時々刻々と変化しておりますので、しばらくは今のままで粛々と診療してまいりたいと思います。

マスク、手洗いはもちろん、さらにたいへんありきたりのことですが、休息、睡眠、食事をしっかり取って体力を温存して免疫力を下げないようにお願いいたします。テレワークにできない職種の方がむしろ多数派かと思います。体力をしっかりつけてください。皆さまお体を大切になさってください。


2020.02.27  皆さまへNo.380
いつもご遠方、ご多忙の中、ご来院いただきありがとうございます。
現在、申し訳ないことに「初診さま」をストップさせていただいておりますが、過去の再診さま、すなわち「旧知」の皆さまが増えて、長くおつきあいさせていただけるのは町医者冥利につきる至福でございます。

さて、新しめの患者さまも旧知の患者さまも今、毎日コロナの報道にふれておられることと思います。
人類はこの何千年もの間、何度も新しいウィルスに遭遇、そのつど生きのびた人々が次の時代を創ってきました。
コロナも「新型」の名のとおり、どのような症状で、どのように感染するかは全く未知、未経験、全世界が手探りで向き合っています。
国家も医療者も誰もが初体験なので、ある程度後手後手(ごてごて)になってしまうのは仕方なく、むしろおおげさなくらいの先手(せんて)を打っていくことが結局はベストにつながるようです。
ダイヤモンド・プリンセス乗船のお客様もアメリカ、オーストラリア等の国ではチャーター機で帰国後さらに最低2週間隔離、検査を受けられています。
おおげさな先手を打った上で何事もなければ、決して「あそこまでやって損した」ではなく「あそこまでやっておいて良かった」です。

当院の新旧患者さまへ、コロナ収束となるまでは、当院もできる限りの臨時対応をする所存でございますので決してご無理なご来院をなさらないようにお願い申し上げます。

政府見解ですら1日で変わってしまう変化のときです。微力な当院がどこまでできるかただいま模索中、週明けには具体案をここにアップさせていただきます。
まずは手洗い、マスク、体調観察 この3つを優先させて収束を待ちたいと思います。
皆さま睡眠、休息、食事など、基本の基本で体力をしっかり温存されるようお願い申し上げます。

  池野皮膚科形成外科クリニック


2020.02.17  新型コロナウィルス蔓延に際しての当院の治療体制No.379
 連日、新型コロナウィルス拡がりの報道が繰り返され、皆さま不安な毎日をお過ごしの事と存じます。
この状況下で、当院患者さまからの診察来訪に関してや、投薬に関してのお問合せが急増していますので、このコラムにて、ご説明いたします。
あくまで、このコラムは2月17日の時点での対応で、新コラム380にもお伝えしていますよう、(めまぐるしく変わる)コロナの状況により、その都度、対応策を亢進してまいります。

<患者さまが不安に感じられていらっしゃる事や、お聞きになられたい事、及び、ご依頼になりたい事ごと>
@診察ご希望であるが、当院のある銀座までいらっしゃるのに、人込みの中や電車を利用する必要があり、新型コロナ(COVID-19)に感染する確率が高まる。
A @の理由で行動したくないが、ローションなどのスキンケアや薬は必要
B 通勤通学もあるので@は仕方ないが、待合室の人混みの中で長時間、待ちたくない。

このような@〜Bが、お問合せの大部分でございます。よって、新型コロナウィルス感染が落ち着くまでは、当分の間、下記の診療・投薬方法もOK,とさせていただきます。

1)初診以外の患者さまの投薬は、原則、配送可といたします。
ただし、当院の専門性(皮膚科・皮膚外科・美容皮膚科)を鑑みると、健康保険法・医師法・薬事法の許容範囲内で実施するため、当面、保険薬の配送は行えません。ただし、最近では保険治療も高い場合があり、薬代だけなら自費の方が安い場合もあります。特に軟膏などの外用薬やジェネリック内服薬の場合は、1薬剤あたり、自費でも100円から500円くらい(2週間〜4週間分で)で済む場合も多いです。
ただし、薬の配送も増加しているため、ご連絡いただいてから、平均6〜7日後の発送となります。代引きでお送りしますので、申し訳ございませんが、送料もかかります。
2)診察は、携帯ビデオ電話診療でのオンラインが、初診以外のすべての患者さまで可能です。携帯ビデオがお使いになれない方は、電話診察も可能です。
この際、診察料は、今まで頂いていませんでしたが、3月からは、一律、1100円(自費再診料税込)となります。2月末までは、0円です。

以上、投薬の配送も、ビデオ電話・電話診療も、初診以外のすべての(今まで1度でもいらっしゃった事のある患者さまなら可能)患者さまで、行わせていただきます。新型コロナウィルス感染が落ち着くまでです。
とにかく、非常事態に準じる体制でまいります。
初診以外の再診患者さまなら、たとえ、10年、20年ぶりでお問合せ頂いても、(投薬履歴のある薬なら)薬やVCローション・スキンケアの配送が可能ですし、電話またはビデオ電話診療も可能であります。
当院通院中の患者さまならご存知の事ですが、10年、20年ぶりにいらっしゃる患者さまも、10年、20年以上通院されている患者さまも、ごくごく普通にいらっしゃるクリニックですので、どうぞ、ご遠慮なく、お気遣いなく、お問合せくださいませ。もちろん、新型コロナには十分お気をつけ頂いたうえ、ではありますが。

ただし、疾患の重篤度により、薬が配送できなかったり、ビデオ電話診療のあと、来院での診療を求めるケースも生じる事があります。

以前のコラムでもお伝えしていますように、当院は、2019年1月以来、初診患者さまの受付をご遠慮させていただいております。2019年11月より、既存患者さまのご紹介の方のみ、初診受付させて頂いておりますが、初診患者さまの初診時の電話・ビデオ電話診療は不可でございます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

池野皮膚科形成外科クリニック  池野 宏


2020.01.25  携帯電話による遠隔ビデオ電話診療をご希望の患者さまへのお願いNo.378
 当院では、2016年より、iPadと携帯電話による遠隔ビデオ電話診療を行っておりますが、年々ご希望の患者さまが増加し、有難い限りですが、今後、ご希望される患者さまに、次の事をお願いいたします。

初めてビデオ診療を希望される方は、通信環境・円滑診療過程を重視したく、iPhoneによるFaceTimeに限定させていただきます。Skypeに関しましては、すでにご自分の携帯やパソコンに登録済みで、IDをすぐに提示して頂ける方に限定してお受けいたします。

初診の患者さまの、初診時での携帯ビデオ電話診療はお受けできません。現在、当院は、初診患者さまの受付自体、不可になっておりますが、既存患者さまのご紹介の方に限り、受付を行っております。その際、当然、ビデオ電話診療での初診診療は行っておりません。来院頂き、初診診察を行わせていただきます。ご紹介の方の初診受付時には、どの患者さまのご紹介かをお聞きしますので、患者さまのお名前+カルテ番号、または、お名前+お電話番号を仰ってください。おわかりにならない場合は、受付できない事もございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

    池野皮膚科形成外科クリニック 


2020.01.17  池野クリニックメイン治療(VC製剤+欧米ダラシンローション+局所外用剤)に加え、中等度・重症ニキビへの即効性を伴った新しい治療の紹介No.373
メイン治療はあくまで、ニキビの主原因の活性酸素を、日常的に確実に(毎日)取り除けるリン酸ビタミンCを主成分とした、VCローション、VC(APS)ミルク、およびすべての抗生物質の中で、ミノマイシンとともに、抗菌以外の、抗炎症・活性酸素除去・白血球集積抑制の効果の証明された(欧米処方の)ダラシンローションであります。
ただ、重症ニキビや慢性のニキビへの即効性のある治療として、下記の新しい治療も行っております。

@DEKAレーザー療法

1か所照射 3000円+税
5か所〜10か所  1万円+税
10か所〜15か所 1万5千円+税

ANSPP(正常皮膚保護下濃度別グリコール酸ピーリング)

 1万円+税

*どちらの治療も、VCメイン治療を受けてられる事が前提となり、1年以上の通院治療実績のある患者さまは、上記の50%の価格、ととなります。

詳細は、診療時、医師にお尋ねください。


2020年1月31日  池野皮膚科形成外科クリニック

100/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> ]