008112
情報交換&交流掲示板



◆画像の投稿はPNG、JPEG、GIF形式の画像が投稿可能です◆

−注意事項−
1.個人を誹謗・中傷する内容
2.詳細な住所や電話番号などの個人を特定出来る情報
3.主催者様以外の交換会等の集まりの参加者募集告知
4.管理者が不適切と判断した書き込み
5.削除依頼が来た書き込みについて管理人が削除相当と判断した場合
6.営利目的の販売の書き込み
以上の様な内容の書き込みを発見した場合は管理者側より予告なしに削除致します。
宣伝(スパム)と見なした内容も削除対象になりますのでご了承ください。
削除依頼は直接管理人までメール又はフォームよりご連絡下さい。
以上の注意事項を守って楽しく使って下さい。

05.07.03改正


(No Subject) / スズムシ江戸川分校 [関東] [上級者]
今年になりスズムシを再開しようと卵を購入しました。温度と湿度が左右するので今日、水遣りして六月を待ちます。
スズムシは卵で8ヶ月幼虫で2カ月成虫で2ヶ月の一生です。
来週は江戸川区金魚フェアなのでスズムシ用品購入したいと思います。
餌皿欲しい方は差し上げます。

No.5279 - 2017/04/09(Sun) 13:48:22

Re: / ishitani@管理人 [関東] [ Home ]
お久しぶりです!!
当ホームページも昨年リニューアルを行いました
今年もこれから本格的なシーズンになりますがよろしくお願い致します。

No.5280 - 2017/04/09(Sun) 22:09:21
本日、水やり開始です! / 鈴虫坊 [近畿] [ Home ]
やっと春らしくなってきました!
どうやら気温も安定してきそうな気配なので
本日、冬越ししてきた ”スズムシの卵 ”たちの「水やり」を開始しました。
「啓蟄」から、ちょうど一ヶ月遅れでの「水やり開始」になりました。

これで、あとは水切れに注意しながら気長に孵化を待つだけ!
6月下旬かな? 7月に入ってしまうかな?

下の写真はマット上に産み付けられたままのスズムシたちの卵!
昨秋、スズムシたちが居なくなったあとは水やりをストップしていたので、
今では、ほぼ乾燥卵状態!

No.5278 - 2017/04/05(Wed) 13:14:04
今年も ”啓蟄” がやってきました! / 鈴虫坊 [近畿] [ Home ]
 今年もいよいよ待ちに待った ”啓蟄 ”がやってきました!・・・と言っても、
この日を普段、気にしている人は、スズムシ愛好家以外には
気象予報士と占い師さんぐらいかも知れませんねぇ・・・。

同じ二十四節気でも一般には、立春や立冬の方が馴染みがあるし、
お勤めの人たちには、祝日になる春分の日や秋分の日の方がうれしいし、
それらの方が普段から気になる日だと思いますね。

でも、スズムシ愛好家にとっては ”啓蟄 ”と聞けば、

さぁ〜て、いよいよやなぁ・・・と、おのずとグングン・・・
テンションが上がりだしてきます!

しかし、今年の春は気温の乱高下が激しく、暖かい日が来たと思えば
雪が舞い、真冬のような寒さがブリ返して来たり・・・
鶴首して春を待つ身としては・・・テンション駄々下がりです。

すずむしの卵たちへの「水やり」開始を ”啓蟄 ”を目処にして
開始される愛好家さんも沢山居られる事と思いますが、
鈴虫坊は安全を取って、今年も気温が安定する四月に入って
”桜吹雪 ”の頃を目処に「水やり」開始をするつもりです。

それではスズムシ愛好家の皆様、今年も宜しくお願い致します。

No.5277 - 2017/03/05(Sun) 13:50:00
10月12日子供すずむし発見 / よし君パパ [関東] [初心者] [ Mail ]
毎年5月の末のお祭りで鈴虫を買います、7月一杯元気に鳴いてくれて楽しみましたが8月に入って居なくなりそのまま放置していました、一週間ほど前、蓋をはずしのぞいてみると小さな虫が数匹、もしやと思い、残っていた鈴虫のエサを置いて様子を見ることにしました本日蓋を開けてみたところ3ミリ位の小さな鈴虫が20匹くらい居ました、冬に向かってのこれからの管理はどうすれば良いのでしょうか?かわいそうですが一度水とエサを絶って来春まで放置した方が良いのでしょうか?どなたかご伝授をお願いいたします
No.5273 - 2016/10/12(Wed) 11:15:35

Re: 10月12日子供すずむし発見 / ishitani@管理人 [関東] [ Home ]
はじめまして
スズムシ育成日記管理人のishitaniと申します

これからの飼育方法についてですが、

幼虫は夏に比べ秋冬の飼育は温度管理の点で難しくなりますが、気温が20℃以上有ればちゃんと成長し成虫になります。(少し成長スピードも遅くなります)

残りのケースの方ですが、
孵化した幼虫を別のケースに移し、現時点で孵化していない卵が入っているケースは、屋外に置く等して気温を下げれば孵化しなくなります。
そしてそのまま乾燥させる事で仮死状態になり冬越しする事が可能です。

注意点としては湿度がある状態で凍結してしまうと、卵が死んでしまいますのでしっかりとマットを乾燥させて下さい。

マットが乾燥したら来年の春(3月中旬頃)まで放置で大丈夫です。

No.5274 - 2016/10/13(Thu) 22:59:18

Re: 10月12日子供すずむし発見 / よし君パパ [関東] [ Mail ]
ご伝授有り難う御座いました、小さくて捕まえにくいですが、今の子達はプラケースに移して挑戦してみます、有り難う御座いました、
No.5275 - 2016/10/17(Mon) 15:17:32
始めまして 教えてください 汗 / 和食屋 [東海] [中級者]
こんにちは 初めまして…名古屋で和食屋をやっているものなのですが 毎年お店の演出にと鈴虫をお店の片隅にわからないように置いてお客様が季節感を感じ 癒しになればと鈴虫を飼育しているのですが孵化までは対応出来ず毎年成虫を購入しておりましたが 何故かこの時期 9月 先月の中頃から孵化がどんどん始まり成虫の泣きのピークが終わった今ケースの中では幼虫で一杯になっております!何故この時期にこんな事になるのでしょうか?お店の演出に導入して15年程に成りますが とてもビックリしております 汗
こんな事例が有れば教えて下さい! よろしくお願いします。

No.5271 - 2016/10/08(Sat) 10:31:08

Re: 始めまして 教えてください 汗 / ishitani@管理人 [関東] [ Home ]
初めまして
スズムシ育成日記管理人のishitaniと申します

早速、ご質問の回答ですが
スズムシの卵は条件さえ揃えば年中孵化させる事が出来ます
その条件とは、

1.産卵後2ヶ月以上経過している
2.適度な湿度(約85%)がある(マットを握って固まる程度)
3.日中の気温が23〜25℃以上

恐らく条件に全て当てはまり、7月中旬頃に産卵した卵の孵化が始まった事が原因です。
夏に比べ秋冬の飼育は温度管理の点で難しくなりますが、気温が20℃以上有ればちゃんと成長し成虫になります。(少し成長スピードも遅くなります)

余談ですが、京都の鈴虫寺はこの孵化する条件に合わせて管理し
一年中スズムシが鳴くように飼育しています。

No.5272 - 2016/10/10(Mon) 10:38:18

Re: 始めまして 教えてください 汗 / 和食屋 [東海]
わかりやすい 御説明ありがとうございました!このまま行くと真冬に泣き出すのでしょうか 笑? 様子を見ながら育てて見ようと思います。
No.5276 - 2016/10/22(Sat) 07:26:34
シーズンオフ! / 鈴虫坊 [近畿] [ Home ]
10月に入るのを待っていたかのように、この2〜3日で
スズムシたちの鳴き声がフェードアウトしていきました!

いまは、静かになった飼育ケースの中でメスたちが黙々と産卵を続けています。
このメスたちが天寿を全うするまでには、まだひと月ほどあると思いますが、
もちろん、最後のメスを見送る迄、このままお世話を続けながら、

鈴虫坊も、ボチボチ ”冬眠 ” に入ろうと思います。
皆様、今シーズンもお世話になりました。
ではまた来春・啓蟄の頃!

No.5270 - 2016/10/05(Wed) 15:38:22
屋外飼育その2 / 暇人会 [北陸] [初心者] [ Mail ]
鈴虫坊様、こんばんは。丁寧なコメントありがとうございました。

説明が少し不十分で申し訳ございません。

まず、貯水槽の網の蓋は非常に細かく、隙間はモルタルで加工してありますのでアリ以外の侵入は大丈夫と思います。また貯水槽の周囲の下部には幅5センチくらいの溝があり、ここにアリよけの農薬がセットしてあります。もちろんスズムシには影響がないように工夫しております。

排水も貯水槽の底は無数の穴を開け、一番底に土のう・その上にワイヤーメッシュ・その上に粗い砂・その上に良質土などを敷いて水は溜まりません。普段は波板のトタンの屋根が貯水槽の50センチ上方に設置してあります。よって雨はほとんど入りません。

実は以前はこの中にロシア陸ガメがおりました。冬でも全く凍結しなくて6年以上生きていました。(後にカメはあまりにも大きくなったため、知り合いに引き取ってもらいました。)

でももちろん、スズムシの卵の一部は室内で保管する予定です。貯水槽でも問題なければまたこのコーナーで報告いたします。よろしくお願いいたします。

No.5269 - 2016/09/22(Thu) 20:01:46
屋外飼育 / 暇人会 [北陸] [初心者] [ Mail ]
家の外にコンクリート製の大きな古い貯水槽があります。但し深さは1メートルもありません。これをスズムシの飼育小屋に改装してみました。直射日光も当たらず、良質の土を敷いており、雨も溜まることなく排水も良好で、アリの侵入もありません。

もう9月なのにスズムシは元気に鳴いています。

今後は産卵時期になると思いますが、特に気をつけることはありませんか??

排水は問題なく、土もあまり乾燥はしません。カビも今のところ大丈夫です。

尚、スズムシと同居できる虫はありますか??マツムシ・コオロギ・キリギリスなどはダメですよね?? 天敵になりますよね??

No.5266 - 2016/09/19(Mon) 22:03:23

難しいご質問です。 / 鈴虫坊 [近畿] [ Home ]
暇人会 様  初めまして、鈴虫坊と申します。

寝苦しい夏の夜に、耳を澄ませば ”庭の片隅でスズムシの声! ” は
スズムシ愛好家にとっては最高のシチュエーションですねぇ。

鈴虫坊も何度か庭に放してトライしましたが・・・。
3令・4令くらいの幼虫を放した年は、夏に鳴き声は聞こえませんでした!
成虫になったスズムシを放した時は、最初の数日は聞こえるものの、
日に日に数が減り、10日もすると1〜2匹ほどの鳴き声になっていました。
今年は、4令・5令の幼虫を放しましたが、やはり鳴き声は 「 0 」 でした。
何れの場合も、放虫する数は 「 数百匹 」 でした。
スズムシたちが自然界で生き延びていくのはなかなか難しいようです。

暇人会様の ”貯水槽 ” はある意味、自然界とは 「 半隔離状態 」 とは考えますが、
スズムシたちの天敵である、蟻・蜘蛛・コオロギ等の昆虫類、
また、そう言った昆虫類の天敵である、ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ等々
貯水槽への出入り規制がなく自由な環境下ではスズムシたちの生存は危ぶまれます。

また仮に天敵から身を守れたとしても、
暇人会様のお住まいの地域が(北陸)となっておりますが、
冬期の雪、並びに地面凍結等々で地中も凍結するようだと、
その地中にある卵も凍る事となり死滅してしまいます。
また、翌年孵化が始まる6月前後は梅雨シーズンとも重なり、
豪雨で貯水槽の排水が追いつかず、孵化した幼虫たちが
卵ともども水没してしまう可能性も考えられます。

スズムシたちは成虫になった後、早ければ1ヶ月後あたりから産卵が始まります。
暇人会様のスズムシたちも既に産卵は終盤になっている事と推察致します。
念のため、一部の卵は屋内保管に切り替えて冬越しさせる方が
安全・確実だと思いますが如何でしょうか。

No.5268 - 2016/09/22(Thu) 16:18:23
ピークも過ぎて! / 鈴虫坊 [近畿] [ Home ]
今年の夏、暑かったですねぇ・・・
我が家のベランダに置いてある温度計が指した今夏の最高気温は「43℃」
さすがにここ数日は、27℃前後まで下がってきましたが・・・。

スズムシたちの鳴き声もこの一週間ほどの間に随分と寂しくなってきた。
もうピークは過ぎたようで、大合唱も聞こえなくなってきました。

オスたちの努めはボチボチ終盤に差し掛かったようだが、
メスたちには、これから先、更に一層奮励努力してもらわなければならないので、
まだまだ、メスたちがいる間は手を抜かず、お世話を続けようと思います。

下の写真は・・・
今夜は「中秋の名月」だそうで、先ほど雲の切れ間から覗いた ”名月 ”。
スズムシたちとは関係ありません!

No.5264 - 2016/09/15(Thu) 22:56:15
鈴虫の産卵について / akirachi [中国] [はじめて]
鈴虫の産卵について、水分補給用として置いてある苔に産卵しているのですが、そのままにしていても大丈夫でしょうか?それとも土の中に移動させたほうがよいのでしょうか?
No.5260 - 2016/08/28(Sun) 22:53:08

しばらくはそのままで! / 鈴虫坊 [近畿] [ Home ]
akirachi 様 初めまして、鈴虫坊と申します。

本来、産卵は土中にしますが、産卵管が曲がっていたり、折れていたりして
土の中に産卵管が差し込めないメスは、そのまま土の上に産卵します。
苔の上にある卵も、そんなメスが産み落としたモノと思われます。
そのままにしておいても大丈夫だと思いますが・・・ただ・・・

卵は産み落とされたあとも成長を続けますが、卵が成長を続ける為には、
湿気が必要です・・・湿った土中を好んで卵を産むのはそのためです。

苔の上にあっても大丈夫ですが、暫くの間(一ヶ月、出来れば二ヶ月間)は
今まで通り、霧吹きを続けて下さい。

鈴虫坊は飼育ケースに「苔」を入れた事がなく、「苔」についても
詳しくないのですが、冬場の間、その苔はどうされるのでしょうか?
入れたままでしょうか? それとも、
スズムシたちが居なくなったあとは取り出すのでしょうか?

もし取り出すのであれば、土の上に卵を ”ふるい落とす ” 事になると思いますが、
産卵後1〜2ヶ月間は卵が成長過程にある為、触ったり動かしたりする事は
避けた方が賢明です。
もし、苔を取り出すのであれば、産み付けられてから
二ヶ月以上経ってからにした方が良いと思います。

No.5262 - 2016/08/30(Tue) 17:34:05

ありがとうございました。 / akirachi [中国] [はじめて]
鈴虫坊様

丁寧にご回答いただきありがとうございました。
私自身、スズムシ飼育は初めてであり、土の中に産卵するものと思っていたところ、水分補給用にと置いていた苔の中に産卵していたため少々困惑していたところでした。
冬の間は、苔を含め流木や石等は全て取り出そうと思っておりましたが、苔についてはそのまま置いておこうと思います。
気になっていたことが分かり助かりました。ありがとうございました。

No.5263 - 2016/08/31(Wed) 08:08:54
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ... 30 >> | 過去ログ | 画像リスト ]