006373
情報交換&交流掲示板



◆画像の投稿はPNG、JPEG、GIF形式の画像が投稿可能です◆

−注意事項−
1.個人を誹謗・中傷する内容
2.詳細な住所や電話番号などの個人を特定出来る情報
3.主催者様以外の交換会等の集まりの参加者募集告知
4.管理者が不適切と判断した書き込み
5.削除依頼が来た書き込みについて管理人が削除相当と判断した場合
6.営利目的の販売の書き込み
以上の様な内容の書き込みを発見した場合は管理者側より予告なしに削除致します。
宣伝(スパム)と見なした内容も削除対象になりますのでご了承ください。
削除依頼は直接管理人までメール又はフォームよりご連絡下さい。
以上の注意事項を守って楽しく使って下さい。

05.07.03改正


(No Subject) / 金鈴27
今日、「マツコの知らない世界」で紹介された、「鳴く虫研究社」で有名な後藤啓さんについてです。
面識はありませんが、僕の大好きな人です。
    ↓
https://matome.naver.jp/odai/2150521494985874301

No.5419 - 2017/09/12(Tue) 21:33:44
飼育環境の明るさについて / ちいちい [東北] [初心者]
こんにちは、はじめまして。鈴虫の飼育は2シーズン目になります。
良くこちらのサイトを参考にさせてもらい、助かったこと多々あります。有り難う御座いました。
ひとつお聞きしたいことがあります。暗さについてです。
初めて飼育をした鈴虫は40匹ほどで一つの水槽ですんでいたのですが、今年は3
つ容器をかいたしました、まだ窮屈そうだったので、古い火鉢(30センチに30匹ほど)
で育てています。
すべての飼育容器は蓋にすだれ、バーベキューの金網、重石のレンガを乗せているのですが、そうすると火鉢のなかはほぼ真っ暗になります。外の容器と変わらず通常通り育てていますが、餌のへりが悪く、体つきが小さい気がします。うごきも鈍いです。鳴きごえも弱々しいです。また通気性が少し悪く湿度が他より高めかもしれません。一日中暗い状態は鈴虫に良くない環境なのでしょうか?

No.5417 - 2017/09/10(Sun) 07:08:35

Re: 飼育環境の明るさについて / 金鈴27
ちいちいさん、こんばんは。

野生の鈴虫は、茫々と茂った草むらを好んで住んでおり、真昼でも太陽の光がほとんど全く来ないような暗がりにいることが多いです。
なので、一日中暗い状態は、全然大丈夫なはず・・・だと思っていたのですが、あなたと似たような経験をしたことがあります。

真冬に、「ピタリ適温」という保温のための道具を飼育ケースに貼って、それをダンボール箱に入れてふたをして、それをさらに毛布でおおう、というような飼い方をしていたのです。

そうやって育てた鈴虫は(個体差がありますが)体がやや小さく、動きも少し悪く、泣き声もやや悪いかな、という気がしました。

正直言って、理由はよくわかりません。
夜行性で暗闇が大好きな鈴虫も、少しは光が必要なのかな、とも思えますし、そうではなく、通気性の悪さが最大の原因かもしれません。
(野生の鈴虫は非常に湿った場所を好んで住んでいることから、湿度の高さが原因だとは考えにくいです。)

僕が鈴虫に対して抱いている、謎の一つです。

No.5418 - 2017/09/11(Mon) 00:00:27

Re: 飼育環境の明るさについて / ちいちい [東北] [初心者]
金鈴27様

初めまして。早速のご返答下さり有り難う御座いました。
金鈴27様にも謎なのですね。ひとりで育てているので、同じ経験のある方、謎であることが分かっただけでも大分安心致しました。

このまま育てるとどの様になるのか知りたい気がしますが、元気に育ててあげたいので蓋を変えようと思います。明るく通気性をよくすることで、普通通りの大きさに育ったら嬉しいのですけれど。そもそも火鉢自体がむいていない可能性もありますし…色々なことを考えています。

育て終えた結果をここでおしらせできたら、と思います。
疑問に丁寧にお答えくださり、有り難う御座いました。

追伸:マツコの知らない世界を観ました。後藤さん素敵でしたし、虫の音って思っていたより奥深くて多深くて多彩なんですね。聞き分けられたら散歩が楽しくなりそうです。





No.5420 - 2017/09/13(Wed) 12:16:12

Re: 飼育環境の明るさについて / 金鈴27
ちいちいさん、こんばんは。
丁寧なお返事、どうもありがとうございました。

「マツコの知らない世界」、鈴虫の鳴き声がテレビで流れなかったのが残念でしたが、面白かったですね。

はっきりとしたお答えができなくて申し訳ありませんでしたが、ちいちいさんに何か新しい発見がありましたら、教えていただけると有難いです。

No.5421 - 2017/09/14(Thu) 22:51:22
(No Subject) / やまさん [関東]
yuuh様 多摩のオオタ様へ
アドバイス有難うございました。10年以上になりますが孵化出来るのは毎年と限らないのです。どちらかと言うと隔年?かと思います。失敗した歳は松井鈴虫研究所から取り寄せていますが、・・・本を読んだり、鈴虫と一緒に入っているチラシには水を入れすぎないことと書いてあったり 又タップリとあったり...ケースから見て1センチ位まで水で変色していればいいのかなと思っていますが・・・・来年は皆様のを参考にして成功させて見ます。今は中の炭 餌いれ 植木鉢のかけらなど退けて2個のケースを下駄箱の上に並べ
来春を待つことになります。ア〜ア 長いなあ〜

No.5415 - 2017/09/09(Sat) 12:02:16
鈴虫送付の件 / yuuh [近畿] [中級者] [ Home ] [ Mail ]
すずたろう様

金鈴27様のかきこ通りメアド利用されてくださいませ。

「ゆうパック」送料着払いでの送付させていただきますので、
1〒2住所3名前4何匹希望(大体は20匹以上50匹まで)

5送付のときは希望日時指定かどうかなどMailでお知らせください。
(名前の右横にHomeとMailがありますのでclickしてください。)

No.5412 - 2017/09/08(Fri) 16:01:50

Re: 鈴虫送付の件 / すず太郎
遅くなってしまい申し訳ありません。
今、メールを送りました。

No.5428 - 2017/09/20(Wed) 09:47:34
鈴虫のその後 / やまさん [関東] [中級者]
卵一杯生み鈴虫は終わりました。買った成虫だから秋の声聴かないうちに終わり。
毎年孵化させるとはいきません何が悪いのか?・・・水遣りが少し早かったのか
多すぎるのか?少なすぎるのか?反省しきりですがベテランの皆様教えて下さい。

No.5410 - 2017/09/08(Fri) 10:27:16

Re: 鈴虫のその後 / yuuh [近畿] [中級者] [ Home ] [ Mail ]
うちのケースは春水遣りのとき水が多すぎて心配になるほどですが、
それで7年間無事に成功しています。
今年初トライのご近所さんにもその助言で成功されています。

その後も毎日とはいかなくても、いつも乾いてないか観察しスプレーで水やりです。
又一つには、もし乾いたとしても絶対諦めないことですね。
2か月は待って、卵が生きているか確認すればいいです。
今年は天候不順で鹿沼土に苔がつくほどでしたが、諦めませんでした。

初心のとき、もうダメかも?とビニールシートに植木の土再利用でばら撒き、ちょうど梅雨時期でガレージ内、太陽に当たらず置いていたので、そこで孵化しました。その時の感動は今も忘れられません。
もし日照り続きなら・・と鈴虫の強運の生命力に元気を貰えた思い出が。

No.5413 - 2017/09/08(Fri) 16:25:24

Re: 鈴虫のその後 / 多摩のオオタ
スズムシを飼って長いですが、子供の頃は毎年上手く孵せず
祖母にスズムシをもらって居ました。


大人になって、スズムシを飼い始めて思った事は
春に水をやる時は、土の状態もよりますが
yuuhさんのおっしゃるように、ちょと多いかな?
位が適当と思います。

私は少し低くなっているところが、ほんの少し水が浮いてる?位の
イメージで、水入れしてます。(あくまでイメージです)

参考になれば幸いです。

No.5414 - 2017/09/08(Fri) 22:00:24
長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / すずたろう [東海] [はじめて]
スズムシが産卵したタマゴに白いカビが付着しているのですが、どうすれば良いのでしょうか?
画像をご参考にして頂けると幸いです。

元々、オスのみを購入して鳴き声を楽しんでいたのですが
、累代飼育をしたくなったので、メスも購入しました。
メスは購入した時点で産卵管にタマゴが付いており、これは交尾済かなとも思ったので、湿らせたココヤシピートを敷いたケースに入れたところ、すぐに産卵を開始したので、安心していました。
ところが、そのタマゴは数日経つと直ぐに真っ白のカビに覆われてしまい、産卵直後の薄黄色ではなくなってしまいました。
ココヤシピートは保水性が高いそうで、それが原因かと思い、日光に当てて多少乾かして入れ直してもダメでした。

また色々と調べるにつれ、スズムシは無精卵でも産卵することを知りました。
慌てて有精卵かを確認する方法も調べたところ、薄い塩水に沈むものが有精卵だと知り、実験したところ、沈むものもあれば、浮くものもありました。
それと同時にコオロギの仲間の無精卵は、産んでも直ぐにカビたり腐敗することも知りました。

現状、メスは2匹いて、個人的には未交尾と交尾済みのそれぞれが居るように感じております。

確実に有精卵を産んでもらって安心するためにオスも同居させたところ、交尾済み予想のメスは見向きもせず、もう一方のメスは鳴いているオスを見つけるたびに背中に乗ろうとして、交尾をせがむのですが、オスが羽を閉じて逃げてしまいます。
交尾後のオスは白い精胞が露出していたり、羽や足が取れて弱ると知りましたが、毎晩のように鳴いている様子からして、まだ交尾していないように感じております。

長々とまとまりが悪くなってしまいましたが
・カビてるようにしか見えない白いタマゴについて
・交尾を確認→有精卵という流れで安心するにはどうすれば良いのか

その他、既述の状況をふまえたアドバイスを頂けるとありがたいです。

No.5401 - 2017/09/05(Tue) 00:04:52

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / 金鈴27 [近畿]
すずたろうさん、こんばんは。

「もう一方のメスは鳴いているオスを見つけるたびに背中に乗ろうとして、交尾をせがむのですが、オスが羽を閉じて逃げてしまいます。」
と書かれていますが、そのメスはオスの背中の上に上手く乗ることができないのだと思います。
そういうメスは時々います。たぶん何度も何度も同じような光景を見ておられるのじゃないでしょうか?

スズムシはオスが羽を上げると、羽の根元のあたりからメスの好む分泌物が出ているので、メスはその分泌物を舐める(実際には舐めることは少ないのですが)ような感じでそこに口を持っていくように、オスの背中の上に乗っかります。
そうすると、ちょうど良いポジショニングでオスの交尾器はメスの腹をつかまえることができ、結果、交尾へといたります。

そのポジショニングが上手くできないメスがちょくちょくいます。
何度か失敗するうちに、上手くできるメスが大部分なのですが、永遠に失敗し続けるメスがたまにいます(野生のメスにさえいます)。

そういう時、スズムシの場合は、人間が手でメスをつかんでオスの背中の上に乗せるような人工的な交尾が行えないため、あきらめるしかないと思われます。

ただ、何度も何度も失敗した後、上手くいく可能性も考えられるので、未交尾と思われるメスは、オスと同居させ続けておくといいと思います。
それくらいしか方法はないかと・・・

No.5402 - 2017/09/05(Tue) 02:05:40

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / 金鈴27 [近畿]
すみません、書き忘れ。

ポジショニングが上手くできない以外にも交尾に失敗するパターンがあって
@メスがオスの背中の上に勢いよく乗りすぎる(そっと乗る必要があります)
A分泌物を舐めようとして、オスの背中にメスが噛みついてしまう。
です。

いずれの場合も、何度か失敗するうちに上手くいくパターンが多いのですが、先ほど書いたように、失敗し続けるメスもいます。

No.5403 - 2017/09/05(Tue) 02:16:09

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / すずたろう [東海]
金鈴27さん
こんばんは。ご丁寧にありがとうございます。

上手く交尾まで至らない光景は、もう何度見たか分かりません。
かれこれ1週間以上、そのような状況が続いております。
もしかすると、この子は子孫を残せないのかなと思うと何だか可哀想なのですが、
そのうち上手くいくことを期待しながら、これからもオスと同居飼育していこうかと思います。


もう1つ気になっているのは、産卵された卵に付着しているカビについてなのですが、
この件についても、何かご教授いただければ幸いでございます。

ピートモス表面には、それほどカビは発生しないのですが、卵は数日経つと真っ白なカビに覆われてしまうので、とても不安で困っております。

いっそのこと、市販のスズムシマットや赤玉土など一般的に推奨されているものに入れ替えることも検討しております。

No.5404 - 2017/09/05(Tue) 02:39:15

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / 金鈴27 [近畿]
すずたろうさん、こんばんは。

すみません。僕は卵にカビが生える、という状況を経験したことがありませんので、なんとも言えないです。

ただ、マットを替えてみる、というのは一つの良い方法かと思います。
(スズムシマットよりは赤玉土のほうがおススメです。)
僕は、鈴虫の飼育を始めて今年で47年目ですが、一度も卵にカビが生える、という光景を見たことがありません。
47年間、一年も休まずに鈴虫を飼い続けていますが、まったく、です。

そして、僕はココヤシピートを使ったことがないので、もしかしたらこれが原因かも、・・・と。
もし、マットを取り替えて、それでも卵にカビが付くようでしたら、「コオロギの仲間の無精卵は、産んでも直ぐにカビたり腐敗する」という判断にすればいいと思います。

No.5406 - 2017/09/05(Tue) 19:19:47

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / すずたろう [東海]
基本的にスズムシに使う土は色々とこだわる必要ないけれど、
園芸用のピートモスが使い勝手の良いものだと調べて知ったので、
ココヤシピートなら似たようなもので代用できるだろうなんて思っていました。

きちんと土を入れ替えて再度トライしてみようと思います。
金鈴27さんは赤玉土で飼育されているのでしょうあ?
よろしければ、金鈴27さんが実際に飼育されているものと同じ環境にしたいと思いましたので、お教え頂けないでしょうか?

ただ、今日の朝、交尾済みらしきメスが寿命を迎えてしまいました。
図々しいお願いで恐縮ではありますが、もしスズムシを譲ってくださる方がいらっしゃいましたら、お願いいたします。

No.5408 - 2017/09/05(Tue) 23:22:17

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / 金鈴27 [近畿]
すずたろうさん、こんばんは。
僕は、ココヤシピートについては(ピートモスとの違いなども含めて)何も知らないので、本当になんとも言えないのですが・・・

今から50年くらい前の昆虫図鑑や昆虫の飼育に関する本には、必ずといっていいほど、鈴虫やコオロギを繁殖の目的で飼うのなら、土と砂を半々に混ぜたものを使うと良い、と書かれていました。
土だけだと、カビが生えやすい、虫が湧きやすい、などの欠点があり、砂だけだと、鈴虫(コオロギ)のメスが産卵管を差し込みにくいので、あまり卵を産まない、という欠点があるのですが、土と砂を混ぜることによって、これらの欠点が両方なくなる(なくなる、とまでは言わないまでもゼロに近くなる)、ということでした。
実際、鈴虫マットが売られていない時代には、みんな土と砂を混ぜて使っていたものでした。

ちょっと話変わりますが、某メーカーの鈴虫マットを使っていた時がありました。
このマットは水分を加えた後に乾燥すると、固まってしまう、という傾向がありました。
ちょっと説明が難しいのですが、粒子間のすき間がなくなってしまう、という感じです。
そのせいで、鈴虫の卵が圧死してしまう、ということが起こっていました。
同じ時期に、ピートモスもよく使っていました。
こちらも、卵のふ化率が極端に悪かったのです。
こちらは、逆に粒子間のすき間がありすぎる、という感じでしょうか。
しかし、この鈴虫マットとピートモスを半々に混ぜると、とてつもなく孵化率が上昇したのです。
互いの欠点が相殺されたのだと思います。

これらの経験をふまえて、僕は鈴虫に使う土は必ず何かと何かを混ぜて(多い場合は3種類とかそれ以上)使うようになりました。
何かと何かを混ぜて使うと、個々の長所が生かされて1+1が2ではなく、3とか4とか、それ以上になるような気がするのです。
そして、短所は相殺されてなくなる(あるいは極端に減る)ので、良いことだらけのように思えるのです。

前置きが長くなりすぎましたが、今使っている土が何と何を混ぜたものか、記憶がありません(今年に関しては、去年と一昨年に使ったものを熱湯消毒して再度使っている状況です)。
ただ、赤玉土(これは単独で使ってもOK)と何か他のマット(土)を混ぜたものは、孵化率がいいので、赤玉土が混ざっていることだけは確かです。

「スズムシを譲ってくださる方がいらっしゃいましたら、お願いいたします。」と書かれていますが、僕に関していえば、毎年、お送りしなければならない人が決まっていて(何人もいて)、そのための数を確保するのに、毎年苦労しているところです。
そして、この時期になると、繁殖のために手元に少数だけ残っている、という状況です。

ところで、余計なお世話かもしれませんが、鈴虫を譲ってほしいとお考えなら、ご自分のメールアドレスは書いておいたほうがいいと思いますよ(このフォームの「名前」と「件名」の間の)。
↑ ちょっと文面だと感情が伝わりにくいですが、偉そうに言っているわけではありません。(^_^;)
そのほうがチャンスが増えるはずなので、いいんじゃないかなー、と。

No.5409 - 2017/09/06(Wed) 21:34:54

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / すず太郎
返事が大変遅れてしまい申し訳ありません。
マットをブレンドして今一度挑戦してみようと思います!

今後も何かわからないことがありましたら
ご教授いただけると幸いでございます。

今回は本当にありがとうございました。

No.5427 - 2017/09/20(Wed) 01:05:16

Re: 長々とすみません。どうかご助言いただけますように。 / 金鈴27 [近畿]
OKでーす。
No.5432 - 2017/10/30(Mon) 00:10:27
お譲り下さい / 加古 [ Mail ]
ファミリーマート明石土山北店Pにて
(兵庫県明石市魚住町清水2260-1)鈴虫を譲って下さる方^_^

よろしくお願いします

No.5400 - 2017/09/04(Mon) 20:32:53

Re: お譲り下さい / 加古 [ Mail ]
オス3匹います。メスを1匹下さい。
No.5407 - 2017/09/05(Tue) 23:06:05
野生すずむし / かいと [東海] [中級者]
初めまして。すずむしを飼い始めて数年になる者です。血の入れ替えをしたいのですがなかなか天然ものを入手できません。どなたか譲っていただける方はいませんでしょうか?もちろん送料等はこ当方が負担します。
No.5393 - 2017/08/30(Wed) 01:19:52

Re: 野生すずむし / yuuh [近畿] [中級者] [ Home ] [ Mail ]

よろしければお送りしますよ!!
今夏はこちらの掲示板ではお二方送付しました。

ただ「天然もの」というのは、季節に準じて孵化させてるということですよね?

No.5396 - 2017/09/03(Sun) 23:30:50

Re: 野生すずむし / かいと [東海]
ご連絡ありがとうございます!ですが野生の(野外採集もの)すずむしを探しておりまして、、なかなか入手できないんです。
No.5397 - 2017/09/04(Mon) 00:47:03

Re: 野生すずむし / かいと [東海]
ですが成虫直前のメスの幼虫個体がまだいるようでしたら発送していただければ助かります!
No.5398 - 2017/09/04(Mon) 00:48:23

Re: 野生すずむし / 金鈴27
ちょっとわりこんですみません(yuuhさんすみません)。

かいとさん、こんばんは。はじめまして。
野外採集の個体を入手するのは、相当に難しいと思いますよ。

野生の鈴虫は何度も捕まえたことがありますが、1匹捕まえるのも四苦八苦するような状況です(たまに、草むらによっては簡単に捕まえられることもあるのですが)。
なので、捕まえることができた人は、自分のために使おうとするパターンが多いと思います。

野生個体に関しては、ヤフオクで売られているのを前に一度だけ見たことがあるのですが・・・

No.5399 - 2017/09/04(Mon) 02:07:45

Re: 野生すずむし / yuuh [近畿] [中級者] [ Home ] [ Mail ]
かいとさんへ
レスが遅くなってすみません。

我が家の「成虫直前のメスの幼虫」探してみました。
4日時点で2ケース内 は殆どが成虫で少しは発見できたのですが、
後ろ足が3匹とも片足がありませんでした。(涙)
やはり過密で、発育遅いメスはトラブルに敗れたのでしょうか・・

で、ごめんなさい遠慮いたしました。
今日時点では、その幼虫も見かけないような・・・
又今年は例年になくオスの数の方が目立ちます。

お役に立てず申し訳ありませんでした。

後になりましたが、金鈴さまもご丁寧にありがとうございました。

その前にも画用紙のコロニーのアドバイスもありがとうございました。
私も作ってみました。
今日の画像の左端に少し写っています。

No.5411 - 2017/09/08(Fri) 15:15:26

Re: 野生すずむし / 金鈴27
yuuh様

わざわざどうもありがとうございます。

画用紙のマンションの記事を書いた後、yuuhさんの気分を害したのではないかと心配しておりましたので、そんなふうに言っていただけて安心しました。

どうもありがとうございました。

No.5416 - 2017/09/09(Sat) 21:22:47
オスの死骸は放置で良いのですか? / 西多摩の初心者
徐々にオスが死に始めましたが、死骸は放置の方が良いのでしょうか?。
コバエの原因になるのでは?、と思い、今は取り除いています。
鈴虫のエサ、鰹節のこな、数個をカゴに入れています。
どちらが良いのでしょうか?。
アドバイスをお願い致します。

No.5385 - 2017/08/26(Sat) 08:24:41

Re: オスの死骸は放置で良いのですか? / 金鈴27
他の鈴虫のえさになるので、僕はしばらくの間、放置しています。
動物性タンパクのえさを与えていれば、必要性はないのですが・・・

死骸がくさり始めたら取りのぞいています。

新しい死骸かどうかは、慣れてくれば見てすぐわかるようになります。

コバエの原因にはなりません。

死骸をどうするかは、人それぞれですので、好きにされたらいいと思います。
丁寧にお墓に埋める人もいるかも・・・

ご参考までに

No.5386 - 2017/08/26(Sat) 20:21:34

Re: オスの死骸は放置で良いのですか? / 西多摩の初心者
金鈴27様
いつもアドバイス、有難う御座います。
コバエの原因にならないなら私も取り除かず少し間は放置することにします。

No.5388 - 2017/08/28(Mon) 09:55:25

Re: オスの死骸は放置で良いのですか? / 金鈴27
うぃ
No.5390 - 2017/08/28(Mon) 21:29:45
冬場の卵の管理について / よつば [関東] [初心者]
初めて投稿させていただきます。

自分の子供が小さかった頃、数回鈴虫を飼育した経験があるのですが、それもここ10年以上は
すっかり忘れていたのですが、昨年ふと思い立ち、オークションで孵化したばかりの子を
50匹ほど譲っていただきました。

その子たちの卵が今年無事に孵化しまして、なんと3000匹以上も生まれてきてしまいました。
ご近所に声をかけてみたのですが、誰にももらっていただけず、里親を募集することも
考えたのですが、生体を無事に届けられるのか…と不安になり、結局すべてを飼うことに
しました。

去年の飼育ケースに1個2個と買い足し、こんな小さいケースではダメだと、
現在、押入れ収納ケース2個を購入、標準的な昆虫飼育ケース3個、計5個で飼育しています。

孵化が早かったので、7月には成虫となりました。
雌雄の割合ですが、2:8位かと思われます。

オスはそろそろ命尽きる子も出てきて、メスも大きなお腹を抱えて、
既に産卵も目撃しています。

このような状況で、来年に向けてどうしたらよいのかと悩んでいます。

飼育ケースに入れている土は「赤玉土細粒+昆虫飼育用炭のかけら」を混ぜたものです。

昨年は小さな飼育ケース2個だったので、寒くなってからは、ビニール袋で虫が入らない
ようにして玄関先に置いていました。
しかし、今年はこれだけのたくさんのケースを外に置くことは不可能です。
また、昨年何匹メスがいたのかわからないのですが、単純に半分の25匹がメスだったとして
それが3000以上孵化したので、今年はもう数えるのも怖い!

来年も飼いたいと思うのですが、今年の飼育が終わった時点で、土の処理などどうしたらよいのか・・・を悩んでいます。

@大きな飼育ケースの土を、小さな飼育ケースの土の上に重ねて入れてしまい、とりあえず、冬場外に出しておき、来年水をやり始める時に、また大きなケースに分ける。
A冬場保管の前に、土を「残すもの、(かわいそうですが)処分するもの」に分ける。


今の私が考えられるのはこれぐらいのアイデアなのですが、
皆さまの経験から、アドバイスをいただけるとうれしいです。

長文になりましたが、よろしくお願いします。

No.5383 - 2017/08/25(Fri) 09:36:13

Re: 冬場の卵の管理について / 金鈴27 [近畿]
僕なりに書かせていただくと手間がかからないのでAを選びます。
批判を浴びるかもしれませんが・・・
来年、たくさん生まれすぎても困るでしょう?

@に関しては、鈴虫の卵は産卵直後はデリケートで土を動かすだけで死んでしまうので、ある程度待つ必要もあり(寒くなってからなら、たぶん大丈夫だと思いますが)、面倒くさいです。

No.5384 - 2017/08/25(Fri) 21:43:44

Re: 冬場の卵の管理について / よつば [関東]
金鈴27様

アドバイスありがとうございました。
返信を拝読してから、あれこれ思案していたのですが、やはりAを選択することにして
これから進めていきたいという結論に達しつつあります。

一時は、昼夜問わずの「リーンリーン」をはるかに超えた「ワーンワーン」という大きな鳴き声に
テレビの音量も大きくしないといけないほどでしたが、次第に寂しくなってきています。

しかし、Aを採用するとしても、赤玉土をあまり湿らせずに育ててきたので、それが
ちょっと不安です。
今更ですが、毎日土を湿らせ始めましたが、もう手遅れ?

しかし、今夏は、たくさんの鈴虫あちを観察する機会に恵まれ、人間の世界と同じだなぁ〜と思う
ような光景もあり、楽しかったです。
あと少し、最後まで、快適ライフを送れるように、ケアしていきたいと思っています。

No.5387 - 2017/08/28(Mon) 09:01:39

Re: 冬場の卵の管理について / 金鈴27
よつばさん、こんばんは。

わざわざお返事ありがとうございました。

「不安」というのは卵のことですか?
土が少しくらい乾燥しても大丈夫だと思いますよ。

よけいなお世話かもしれませんが、来年ふえすぎたら里親募集してみてはどうでしょう?
宅配便などで送っても、大体無事にとどきます。

乾燥状態にしないことと、鈴虫が衝撃にあわないような工夫(プラスチック容器に鈴虫だけを入れたりしない)をすればいいだけです。

僕はいつも、ペットボトルの上部を切り取ったものの中に、湿った新聞紙を入れ、そこに鈴虫を入れて送っています。

No.5389 - 2017/08/28(Mon) 21:27:11

Re: 冬場の卵の管理について / よつば [関東]
金鈴27様

おはようございます。

「不安」というのは、赤玉土の湿らせ方の度合いです。
昨年は、鈴虫マットというのを下に敷いていたのですが、今年は数が多いので
赤玉土細粒を使ってみました。

赤玉土はすぐに水を吸い込んでくれるけれど、すぐに乾燥するように思います。
マットは水をはじいてなかなか吸い込んでくれなかったけれど、一度湿ってしまうと
乾燥せず楽だったように思います。

湿らせすぎるとカビが出たりして、次第にかなり乾燥気味にしてきたのですが、
ちょうどよい頃合いがわからないままに、今年は終わりそうです。

まあ、昨年と同じようにして、来年に臨みます。
そして、来年孵化しすぎたら、里親に挑戦してみます。

No.5391 - 2017/08/29(Tue) 08:09:17

Re: 冬場の卵の管理について / 金鈴27
よつばさん、こんばんは。

赤玉土は、湿っていても見た目にわかりにくいんじゃないでしょうか。
指を土につけて触って、湿っているかどうか確認したほうがいいかと・・・
他にもいい方法があるかもしれませんが。

カビは鈴虫にとっては、そんなに気にすることではないです。
人間の健康には悪いですけど。
カビの菌糸は栄養価が高く、カビの菌糸だけを食べて、鈴虫は成長し、生き続けることができます。

何年か前に、マルカンの鈴虫の卵を買いました。
いっせいに51匹生まれてきて、それを同じ大きさの二つの飼育ケースに25匹と26匹に分けて入れました。

一つの飼育ケースは、二日に一度、新鮮なえさと取り替えました。
もう一つの飼育ケースは、カビが生えようが、激しく腐ろうが、ほったらかしてみました。
(一ヶ月に一度だけ、新しいえさを与えました。)

成虫になってから、鈴虫の体の大きさ、健康状態(体の動き)、泣き声の美しさなどを比べてみました。
非常に違う育て方をした、この二つの飼育ケースの鈴虫たちは、どれをとっても、全く差異がなかったのです。

もちろん、対照実験として成立するように、えさ以外の条件はすべて同じにしてありました。

カビの生えた飼育ケースを部屋においておくと、人間の体には悪いはずなので(たぶん僕は早死にするでしょう笑)、まったくおススメはしませんが、こういう事実があることだけ、ご参考までに。

こういう実験をすることだけでも、激しい批判がありそうですが・・・

No.5392 - 2017/08/29(Tue) 21:16:07

Re: 冬場の卵の管理について / よつば [関東]
金鈴27様

大変参考になる投稿、ありがとうございました。

赤玉土の湿り方については、見た目で判断しない方がよいという点、とても参考になりました。
しかし、只今、我が家のケースの赤玉土は、見た目にも湿っています。笑

カビと鈴虫の関係についても、大変参考になりました。
もう、記事を読みつつ、「へぇ〜」「は〜」とPC画面と会話してしまうぐらいに
面白く読ませていただきました。

野生の鈴虫を捕まえられた…という記事を読んだ時には、びっくりしました。
今年はオスのみ庭に放してみましたが、やはり過保護の彼らは、自然の中で長く
生き延びるのは困難だったのか、次第に声が聞こえなくなっていきました。
毎年元気に鳴くコオロギのように、自然の中でも育ってくれたらなぁ〜と思います。

いやはや、投稿が怖くて、質問はあるものの、なかなか行動に移せなかったのですが、
投稿させていただきよかったです。

No.5394 - 2017/09/01(Fri) 11:15:33

Re: 冬場の卵の管理について / 金鈴27
よつばさん、お返事どうもありがとうございました。

カビのことについては、ちょっと書くのをためらったのですが、そんなふうに言っていただけて良かったです♪

こちらも、書いて良かったと思えました。
ありがとうございました。

庭に放すのなら、隠れ家として(雨よけとしても)木の箱を置いておくといいのです。(そこにエサも少し)
隠れ家がないと、天敵にすぐに食べられてしまいます。
ダンボール箱でもいいのですが、雨にさらされるとやがてくずれます。

新しい野外の場所に鈴虫を放って、そこでちゃんと代々生きていけるようにするには、たしかに野生の遺伝子と、ある程度の数(数百匹くらい)が必要です。
できれば、毎年数を足していくといいです。

野生の鈴虫を手に入れることは難しいですが、「松井スズ虫研究所」の鈴虫は、野外で生きていく力を十分に持っていますので、どうしても野外で鈴虫を増やしたい場合は、ここで買うといいと思います。

ただ、野外のある場所に、鈴虫を放って代々生きていけるようにするのは、少し難しいです。

No.5395 - 2017/09/01(Fri) 22:12:23
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 30 >> | 過去ログ | 画像リスト ]