[ 掲示板に戻る ]

記事No.177に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
カホン / gaki
  gakiが「カホン」と出会ったのは2005年7月。そういえばもうすぐ9年目を迎えようとしている。京橋の楽器店に何度も足を運び、試打もさせてもらいやっと気に入った響きの一台を予約し購入した。

 ・・・愉快な楽器と思いながらも、なかなか例会の中で「たたく」勇気がでない・・・まるで「飾り物」のように例会に持ち込んでは「誰かにたたいてほしい」などと思いながら月日は過ぎていった。・・・gakiはそんなにリズム感が人より優れている訳ではない。打楽器なんてとても人様の前で披露出来る感性を持ち合わせているわけでもなく、正直たたけなかった・・・・
・・・・そんな日が何日過ぎたのだろう・・・
(ドラムがたたける人は、神様とあがめたいほど自分にはとうてい届かない夢のまた夢の存在と思っている)

 そんなある日、パソコンで「You Tube」を検索していると「カホンレッスン」のサイトが目にとまった。元々ドラムが専門で、たくさんの教本やレッスンビデオを配信されている、とある楽器店のレッスン講師の方だ。「カホン」は普及を目的にレッスンビデオを無料開放されているとのことだった。
 今まで「カホン」の配信を見ていても個人プレイのお披露目が多く、なかなか系統だったレッスン物はなかった。でもその人のレッスンはきっちりと楽譜と音楽理論に乗っ取ったレッスンスケジュールになっていた。
 基本のたたき方から始まり、強弱などの音の出し方。楽譜に基づいた4ビート、8ビート、16ビート。シャッフルやシンコペーション、フィルインなどのテクニックが20数項目の系統だったレッスン計画になっている。

 ・・・gakiはその先生に託すことにした。リズム音痴のgakiでも続ければ、ひょっとすればものになるかもしれない・・・
・・・・そんな日々を8年間続けている。(8年たっても基本から抜け出せず、まだまだレッスンプランの3分の1がヤットコサ)

 そんな状況で、実践(例会や発表)でも正確なリズムや切れのあるビートは刻めない。「ハシってる」「音数が多い」などみんなからいろんな意見をもらいながら、メトロノームを使ってのリズム練習も始めた。
8年目の「カホニスト」はこれからも練習を重ね、いつかはドラマーを神様などと思わなくてもよい日が来るかもしれない。そんな奇跡がいつか起こるかもしれないと本気で思っている。

 何事も自我流で、習うことが大嫌いだったgaki。・・でも今回だけは信頼出来るWeb上の先生に、素直に基礎からレッスンを受け続けているgakiがいる。
No.177 - 2014/06/24(Tue) 14:56:13

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS