[ 掲示板に戻る ]

記事No.186に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
「還暦コンサートを終えて」 / gaki
  昨年の9月に構想をスタートさせ、1年間温めて来た[還暦コンサート]を2015年9月6日(日)に無事開催することができました。開催にあたり、本当に多くの方々に助けられ、ご協力頂いたおかげと感謝し、改めて御礼申し上げます。
初めは単なる[gakiの戯言」のように思っていた企画が、現実味を帯びたのは今年の6月。さだ生涯学習市民センターのホールをイベント予約したその日です。申し込み用紙に記入しているとセンターの方も[楽しみね!]と声を掛けていただき、[いよいよ本当にやるんだ]と気持ちが引き締まる思いでした。
 招待状を発送し、同封した返信葉書が毎日のようにポストに入っていて、そのコメント欄を読むのが毎日の楽しみになりました。どのコメントも暖かく、かけがえのない宝物がファイルに閉じられていくのを、二人して感謝しました。

 当初、何もかも[自分でやりきろう」なんていきがっていましたが、進行表など具体的な企画を練れば練るほど、とてもそんなイベントではないことが明らかになって来ます。司会や、当日の準備、運営、進行、買い出しやセッティング。当日のみならず練習や打ち合わせなどに快くお付き合い頂き、徐々にイメージが固まっていきました。

 当日は100名弱の方々にご参加頂き、[語り、歌い、奏でる]という空間を、みんなで共有出来たコンサートになったと思っています。
 旧職場の後輩から[最初プログラムを見たとき3時間持つかな]と思ったそうです。でも[あっという間の楽しい時間でした]と聞かされたとき本当に嬉しい気持ちになりました。
[こんな迷惑なイベントないで]と悪友からの声も聞かれましたが、参加者の笑いに包まれ、少し恥ずかしく、そして嬉しく優しい言葉に聞こえたのは、gakiだけでは無かったと思っています。
 集合写真を見ていると、100人全員の笑顔が素敵で、こんなに笑顔いっぱいの集合写真は今まで見たことがありません。寄せ書きや、サプライズのプレゼントなど、いっぱいの宝物が我が家に飾られています。

 そしてこの日のために準備してきた[gakidas 新しい船出の時に]還暦記念版も発行することが出来、二人からのプレゼントとしてお渡しすることができました。特に今回は母の[りんどう]を掲載し、母の代わりにみんなに頂いて貰えたことが嬉しいです。また、[りんどう」を通じ、母のことも少しは知って欲しいと言う気持ちも伝えられたと思っています。
 小学校時代の友人から、「私の母が、京都新聞に投稿されていたお母さんの事を知っていて、楽しみによく読んでいたそうよ。当日にもらった本を懐かしがって、私より先に読んでいたわ」と、後日に聞かせてもらいました。
 世の中は不思議なもので、こんなところでも繋がっているものなのだと、驚かずにはいられませんでした。
 でも人の繋がりは、単なる偶然ではないと思います。自分が心から望み発信すればそれは必ず伝わり、繋がっていくものだと思います。
 今回のイベントを開催できたこと、そして多くの方々と改めてその繋がりを実感できたこと。
gakiは本当に幸せ者だと、全ての人に感謝申し上げます。
No.186 - 2015/11/17(Tue) 23:54:06

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS