[ 掲示板に戻る ]

過去ログ閲覧モード

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
(No Subject) / みのり [四国]
舞台の大成功おめでとうございます。



1 5・0
2 読みました。
3 あえて読みませんでした。
4 見ていない(初日観劇のため)初日観劇のあとは 原作戯曲ともに貪り読みました。
5 女性・40代
6 10月29日さいたま初日ソワレ。11月24日ソワレ(当日券)
  11月26日ソワレ。11月27日マチネ。12月2日マチネ千秋楽。計5回


7 @ラスト新次の慟哭
  A2度目のベッドシーンの後の 芳子が新次にしなだれかかったりした場面
  Bトラックに乗ってきた最初の登場シーンの新次の眼




8 @第3幕第4ラウンドの拳闘シーン全て
  Aシャドウボクシングをしながらの長セリフのシーン
  Bベッドの上でまどろむ新次のシーン
 
9 @「自殺っていうのは 要はわがまま・・・」のくだり。
  A「表に表れたものばかり見て、それを生み出したものを見ない・・・」のくだり。
  B「殺されたのは お前のオフクロじゃなくて・・・」のくだり。

10 ・初日なのに、キャスト全員が役に入りこんでいて 完成されていた。
   ・潤くんが「松本潤」ではなく 「新宿新次」そのものだった。
   ・主役、準主役はもちろん それ以外の方々の演技も それぞれの役に
   ぴたりと嵌り素晴らしかった。


   ・千秋楽で カーテンコールの紅い紙吹雪を仰ぎ見る潤くんのやりきった笑顔を見た
   時が、見たかった【俳優 松本潤】の お顔で 本当に嬉しかった。


11 ・芳子役の黒木さんの演技が可愛らしすぎて 売春婦の哀しさが出ていなかった。
   ・1幕2幕までは 全員の声が舞台に乗らず 本調子ではなかった。

12 ・通路を使っての演出は 観客も舞台の中の一部になれたようで嬉しかった。
   ・ネオンを久しぶりに見て「夜の街の寂びれ」感が出ていて良かった。
   
13 ・売春宿の他の部屋の演出 演技が ドきつく感じられた。
   
14 ・スタッフさん全員の接客が親切で良かった。

15 【さいたま】
   ・初日ということもあり みなさんがパンフレットを求められていたのに
   2Fの売り場には係員が1人で応対しており 時間切れで買えなかった。
   ・お花の写真撮影がダメだったのは残念。
   【青山】
    ・お花が飾られていないのがさみしかった。
    

   
16 ・この舞台のDVDが出ないのは 「文化の衰退」になると思うので発売を
   強く希望します。
   ・さまざまな事情でいけない方、死闘のチケット争奪戦でチケットが取れなかった
   方が多くいるので DVD発売をお願いいたします。


   



17 ・地方(せめて大阪や福岡)での再演をお願いいたします。遠征ができず 涙を
   のむかたが多すぎます。
   ・原作と戯曲のいいところを選りすぐっての舞台になっていて 流石だと思いました。
   ・行為のあと 新次がベッドの上でまどろむシーンが綺麗で 茫然自失になりました。   ・さいたまと青山の劇場の違いや 演出が毎回変わり とても楽しかったです。      ・初日には初日の、千秋楽には千秋楽の良さがあり、本当に舞台は生もので
   それぞれの公演がとても大事でした。
   ・チケット販売の方法も 当初は不可解でしたが、考えるにつれ、FC販売オンリーにし   なかったのは 潤くんの「アウェイ」で戦いたいという考えが反映されていたかと
   思うようになりました。チケットがオークションで高値がついたりという事もありまし   たが、誰にでも取得できるチャンスが平等にあるということは いろんな方に観てもら   えるということで、(蓋をあけてみれば ほとんどが潤くんファン、ジャニーズ
   ファンになってはしまいましたが)FC販売オンリーにしなかったことで蜷川さんファ    ン、一般の演劇ファンの眼にもふれたかと思います。
   
   



   
No.2410 - 2011/11/09(Wed) 08:31:14

Re: / みのり
> 舞台の大成功おめでとうございます。
>
>
>
> 1 5・0
> 2 読みました。
> 3 あえて読みませんでした。
> 4 見ていない(初日観劇のため)初日観劇のあとは 原作戯曲ともに貪り読みました。
> 5 女性・40代
> 6 10月29日さいたま初日ソワレ。11月24日ソワレ(当日券)
>   11月26日ソワレ。11月27日マチネ。12月2日マチネ千秋楽。計5回
>
>
> 7 @ラスト新次の慟哭
>   A2度目のベッドシーンの後の 芳子が新次にしなだれかかったりした場面
>   Bトラックに乗ってきた最初の登場シーンの新次の眼
>
>
>
>
> 8 @第3幕第4ラウンドの拳闘シーン全て
>   Aシャドウボクシングをしながらの長セリフのシーン
>   Bベッドの上でまどろむ新次のシーン
>  
> 9 @「自殺っていうのは 要はわがまま・・・」のくだり。
>   A「表に表れたものばかり見て、それを生み出したものを見ない・・・」のくだり。
>   B「殺されたのは お前のオフクロじゃなくて・・・」のくだり。
>
> 10 ・初日なのに、キャスト全員が役に入りこんでいて 完成されていた。
>    ・潤くんが「松本潤」ではなく 「新宿新次」そのものだった。
>    ・主役、準主役はもちろん それ以外の方々の演技も それぞれの役に
>    ぴたりと嵌り素晴らしかった。
>
>
>    ・千秋楽で カーテンコールの紅い紙吹雪を仰ぎ見る潤くんのやりきった笑顔を見た
>    時が、見たかった【俳優 松本潤】の お顔で 本当に嬉しかった。
>
>
> 11 ・芳子役の黒木さんの演技が可愛らしすぎて 売春婦の哀しさが出ていなかった。
>    ・1幕2幕までは 全員の声が舞台に乗らず 本調子ではなかった。
>
> 12 ・通路を使っての演出は 観客も舞台の中の一部になれたようで嬉しかった。
>    ・ネオンを久しぶりに見て「夜の街の寂びれ」感が出ていて良かった。
>    
> 13 ・売春宿の他の部屋の演出 演技が ドきつく感じられた。
>    
> 14 ・スタッフさん全員の接客が親切で良かった。
>
> 15 【さいたま】
>    ・初日ということもあり みなさんがパンフレットを求められていたのに
>    2Fの売り場には係員が1人で応対しており 時間切れで買えなかった。
>    ・お花の写真撮影がダメだったのは残念。
>    【青山】
>     ・お花が飾られていないのがさみしかった。
>     
>
>    
> 16 ・この舞台のDVDが出ないのは 「文化の衰退」になると思うので発売を
>    強く希望します。
>    ・さまざまな事情でいけない方、死闘のチケット争奪戦でチケットが取れなかった
>    方が多くいるので DVD発売をお願いいたします。
>
>
>    
>
>
>
> 17 ・地方(せめて大阪や福岡)での再演をお願いいたします。遠征ができず 涙を
>    のむかたが多すぎます。
>    ・原作と戯曲のいいところを選りすぐっての舞台になっていて 流石だと思いました。
>    ・行為のあと 新次がベッドの上でまどろむシーンが綺麗で 茫然自失になりました。   ・さいたまと青山の劇場の違いや 演出が毎回変わり とても楽しかったです。      ・初日には初日の、千秋楽には千秋楽の良さがあり、本当に舞台は生もので
>    それぞれの公演がとても大事でした。
>    ・チケット販売の方法も 当初は不可解でしたが、考えるにつれ、FC販売オンリーにし   なかったのは 潤くんの「アウェイ」で戦いたいという考えが反映されていたかと
>    思うようになりました。チケットがオークションで高値がついたりという事もありまし   たが、誰にでも取得できるチャンスが平等にあるということは いろんな方に観てもら   えるということで、(蓋をあけてみれば ほとんどが潤くんファン、ジャニーズ
>    ファンになってはしまいましたが)FC販売オンリーにしなかったことで蜷川さんファ    ン、一般の演劇ファンの眼にもふれたかと思います。
>    
>    
>
>
>
>    
No.2453 - 2011/12/10(Sat) 02:28:44
『あゝ、荒野』 舞台アンケート / mash  [関東]
(1)総合的満足度(最高を5、最低を1とし、0.1刻みでお願いします。)
     5.0

(2)観劇前に原作を読まれましたか?
     はい

(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?
     はい

(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか? 
     はい

(5)性別・年代
     女性 40代

(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
     11月27日 青山劇場 ソワレ

(7)感激した瞬間BEST3(1位が二つあれば、次は3位というように、最大3つを順位をつけてお願いします。
    1. ラストのボクシングシーン
    1. 新次のシャドーボクシングのシーン
    1. ジャングルジムのシーン
    
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15(1位が二つあれば、次は3位というように、最大15シーンを順位をつけてお願いします。
    1. ラストのボクシングシーン バリカンを優しく抱きしめるところから最後の叫び
    1. 新次のシャドーボクシングの独白
    1. ジャングルジムのシーン
    1. ラストのボクシングシーン ダンス教習所の傍を通ってくれ〜のところ
    1. ラストのボクシングシーン スローモーション 
    6. 喫茶店に集まる自殺研究会の会話に新次が割り込んでいくシーン
    6. 新次がバリカンの手紙を読むシーン
    8. 新次と片目のコーチのバーのシーン
    9. バリカンが公園のベンチで老人に話しかけてるシーン
    10. 片目のコーチが再開したばかりのジムを家庭的にいきたいと言うシーン

(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15(1位が二つあれば、次は3位というようにして、最大15を順位をつけてお願いします 
    1. 新次/俺は俺だ。この肉体が俺だ!
    1.  新次/俺も世界もすべてまぼろし!
    1.  新次/ダンス教習所の傍を通ってくれ〜
    4.  新次/バリカン!お前の亡骸さえ、俺は抱きしめてやるぜ!
    5. バリカン/どこかへ走ってゆく汽車の〜
    6.  新次/じゃあ、あんた方はいつ、生きる準備をしたんだね?
    7.  新次/俺はこう見えて実は努力家だから〜
    8.  新次/俺の肉体は思想を持っている〜   
    9.  新次/じゃあ、あんた方はいつ、生きる準備をしたんだね?
    10. カワサキ/俺はあいつの欲望の大きさに興味があるんだ
    11. 宮木/あいつは俺が映画館の暗闇の中でおこなっていることを〜        

(10)キャストの良かった点(箇条書きにお願いします)
    ・  松本さんも小出さんも新次とバリカンにしか見えないほど役にぴったりで感動でした。
    ・  松本さんのバリカンを優しく抱きしめるところから最後の叫びのシーンが秀逸でした。
    ・  どなたも本当に声がよく通っていて聴きやすかったです。

(11)キャストの良くなかった点(箇条書きにお願いします)
       特にありません。

(12)作品として良かった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
    ・  音楽がとても効果的でした。

(13)作品として良くなかった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)


(14)その他の良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
    ・  青山劇場は広いと聞いていたのですが思ったよりもずっと見易かったです。

(15)その他の良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
    ・  複数回観劇している方なのでしょうか、幕間に入る前、松本さんの出番がないと分かっているのかまだ終わってない内から退席している方が数名いてとても失礼に感じました。

(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。   
.   出来る事ならば再演をお願いしたいところですが…あのチケット争奪戦を考えるとまた観れる保障もなく、誰でも観れるDVDの販売を切望します。

(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
    ・  ただただ素晴らしかったです。この素晴らし舞台に松本さんが参加できた事をファンとして本当に誇りに思います。この新宿新次を演じた事で松本さんが役者として更なる飛躍をするものと期待しております。最後になりましたが、カンパニーの皆様、最高の舞台をありがとうございました。
No.2452 - 2011/12/10(Sat) 00:41:24
あゝ、荒野アンケート / ちーぼ [東海]
(1)総合的満足度⇒5
(2)観劇前に原作を読まれましたか?⇒はい
(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?⇒芳子とのシーンのみ見ました
(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?⇒はい
(5)性別・年代⇒女性・40代
(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?⇒11月19日夜・青山劇場

(7)感激した瞬間BEST3
1位 新次のシャドウボクシングしながらの台詞…動きが本当に凄い上に台詞も乱れない。驚愕!
2位 新次とバリカンの試合…舞台で試合をすることが斬新。ほぼ無言で肉体のみの芝居にとてつもない説得力
3位 新次、トラックで登場…圧倒的な存在感で、まぎれもなくスター
    
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15
1位 新次のシャドウボクシング
2位 新次とバリカンの試合
3位 新次、トラックで登場
4位 ジャングルジムに登る前のベンチでの会話
5位 芳子を背中から抱きしめる
6位 バーで新次とコーチがバリカンの話をする
7位 新次がベッドでバリカンからの手紙を読む
8位 新次とバリカンの客席通路を使ったランニング
9位 結婚後の夢を語る
10位 喫茶店で新次が自殺研究会を言い負かす
11位 バリカンの詩の朗読のような独白
12位 ベッドシーン。強気な新次
 
(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15
1『俺、すごいだろう?』…短く覚えやすかったし、インパクトあり過ぎ^^
2『どんな風景を見て生きて来たのか知らないけど、俺はお前が好きだぜ』…過去は問わない包容力
3『俺だってバリカンはかわいいさ』…慈愛
4『俺にとってバリカンは…バリカンは友達だ』…友情
5『子供、何人欲しい?』…意外に家庭的だった。「お前は誰だ!」へのきっかけになる言葉
6『他人は自由にならないから、せめて……とんだ弱い者いじめだな』…頭脳明晰

(10)キャストの良かった点
・正に「当て書き」のような配役で、俳優ではなく新次とバリカンがいた
・小出くんの声はやっぱり素敵だった。セリフ量も膨大で大変だったと思います
・松本くんの眼光。「双眼鏡互越しに睨まれた」と感じた人が自分含め大勢いたようです
・松本くんの肉体美。筋肉が付きにくい体質だと思っていたので驚いた。腹筋と、腕の太さが半端無い
・新次は、男性としての魅力に溢れて官能的だった。しかし、爽やか
・やはり松本潤は「昭和の男前」の顔をしている

(11)キャストの良くなかった点⇒なし

(12)作品として良かった点
・リアルな時代設定が描かれていたので、自分の中の記憶が蘇った。
 具体的には、私の75歳の父親と新次の青春が重なって、父の人生を最後まで大事にしてあげたいと思いました。
・言葉と、肉体の存在感が、どちらも強く迫ってきた
・ネオン管の舞台演出がキレイ
・実際に料理する匂いなど
・客席も使った演出
・懐かしい音楽の多用

(13)作品として良くなかった点
・R指定が必要では?

(14)その他の良かった点
・物販やトイレの誘導をするスタッフさんが親切でした

(15)その他の良くなかった点
・チケットの取り方は、皆疲れたと思う
・プログラムの通販はもっと早くして欲しかった(オークションに流れていた)
・チケットには開場時間が「開演30分前の時間」が書いてあったが、実際は40分前だった。出演者さんがブログに書いて下さって初めて知った

(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
・これだけ人気で、見られなかった人が多いので、ぜひDVD化して頂きたい
・舞台史にも残る名演目だと思うので記録として残すべき

(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
・新次の欲望が大きい事よりも、周りの人間が皆、新次に自分の夢(欲望)を重ねて、好き勝手に彼を批判する姿が、松本くんとファンの関係のように思えてしまった。小出くんのインタビューで「ボーイズラブの話」という言葉があったが、そんなバリカンの気持ちも全て受け止める新次は松本くんそのもの。「お前は誰だ!」なんて偉そうに言わないファンでいようと誓いました。
・衛星放送チャンネルなどでも放映して欲しい。多くの方に見てもらいたい
・松本くんの記念すべき代表作になりました。蜷川さん、作品を吟味して下さってありがとうございました
No.2451 - 2011/12/10(Sat) 00:29:36
あゝ荒野アンケート / ねこ [九州]
(1)総合的満足度(最高を5、最低を1とし、0.1刻みでお願いします。)

(2)観劇前に原作を読まれましたか?
はい
(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?
はい
(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?
いいえ
(5)性別・年代
女性・40代
(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
12月2日千秋楽 青山劇場
(7)感激した瞬間BEST3(1位が二つあれば、次は3位というように、最大3つを順位をつけてお願いします。)
1位:最後にバリカンを抱きかかえて、慟哭するシーン。
2位:この肉体が俺だ!というシーン
3位:千秋楽だったからか、最後に赤い紙吹雪が落ちてきたとき。
    
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15(1位が二つあれば、次は3位というように、最大15シーンを順位をつけてお願いします。)
1位:最後に慟哭するシーン。バリカンが望むようにしてあげたけれども、それで本当によかったのだろうか?あまり悩む姿を見せず突き進んでいく新次が、立ち止まっているように感じた。ある意味、新次とバリカンが一つになった瞬間であるようにも感じた。

(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15(1位が二つあれば、次は3位というようにして、最大15を順位をつけてお願いします 
1位:この肉体が俺だ!というシーン。役者松本潤がこの役を作るために、3月からトレーニングに通い、体を作ってきた理由がわかった。そういうことなしには、説得力のない台詞であったが、松本潤は見事にこの役で大切な肉体を作り上げ、本当に新次になりきっていた。素晴らしいと感じた。  
   
(10)キャストの良かった点(箇条書きにお願いします)
やはり、松本潤の役作りにかけた情熱には、脱帽した。新次そのものであった。
小出恵介も、繊細な役をうまくこなしていた。それから、初めて舞台の勝村正信を見たが、素晴らしかった。存在感があり、なによりも舞台を楽しんでいるのが感じられた。

(11)キャストの良くなかった点(箇条書きにお願いします)
特になし。

(12)作品として良かった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
実のところ、ミュージカルを除いて、初めて舞台を見たが、こんなに素晴しいものだとは知らなかった。ライブならではで、伝わってくるものが多かった。
セットも、ものすごく緻密に考えられていて、舞台で世界が全く変わってしまうことに驚いた。
ストーリーは、原作や戯曲を読んだ時点では、正直好きになれないものであった。しかし、舞台を見たときに、ネガティブなエンディングにも関わらず、とてもポジティブな気持ちになれた。それは、生きるということを感じさせてくれたからだ。自殺研究会やたんぽぽの社長、バリカンのように悩みすぎて、実際に生きるということは、もっとシンプルで楽しく、貪欲であっていいと、新次が教えてくれているように思えた。そういう意味では、現代にとても必要なテーマだったと思う。
このように、舞台で感じることができたのは、キャストを含め、演出など、素晴らしかったからこそ、心に響いてきたのだと思う。素晴らしい作品、ありがとうございました。

(13)作品として良くなかった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
特になし。

(14)その他の良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
とても、マナーはよかったです。

(15)その他の良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
特になし。

(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
是非発売して欲しい。

(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします
今回、初めて舞台ということで、コンサート以外の場所で、松本潤を見れたのはとてもよかった。もともとファンだったけど、思っていた以上にポテンシャルのある人だということがわかった。肉体を改造し、新次になりきっていたのも素晴らしかったけど、最後のカーテンコールを見て、松本潤は主役であっても、チームを大事にしている人であることが伝わってきた。嵐の中では、常にチームを大事にしていることはわかっていたし、ドラマなどでも、そのようにしていることは聞いていたが、目の当たりにしてみると、本当にこの人は、そういう人だということがわかった。それは、嵐の中にいて、培われてきたものなのかもしれないが。だからこそ、こんなにも、周りの役者さんが素晴らしく思えたのかもしれない(もちろん、元々素晴らしいのだけど、彼はそこをうまく生かせる人だという意味です)。今後も、是非松本潤の舞台を見たいと思います。
No.2450 - 2011/12/10(Sat) 00:28:19
舞台【あゝ、荒野】のアンケート / 茶々丸 [近畿]
(1)総合的満足度:5

(2)観劇前に原作を読まれましたか?:はい

(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?:はい

(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?:はい

(5)性別・年代:女性 50代

(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
     青山劇場 11月14日(マチネ)、11月25日(マチネ)、11月26日(マチネ)
            12月2日(千穐楽)

(7)感激した瞬間BEST3
     1位:スローモーションでのボクシングからラスト、倒れ込んだバリカンを抱き上げての
       慟哭。あまりにも美しくて、そして悲しかった場面でした。
     2位:シャドウボクシングの場面。
     3位:ジャングルジムでの新次とバリカン。優しくて美しくて切ない場面でした。
    
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15
     1位:ジャングルジム。本当に美しくて優しくて、その優しさが回を追うほどに増しているように
        思えて涙が止まりませんでした。この場面から後、ずっと泣いて観てましたね。
     1位:スローモーションでのボクシングシーン。撃ち合いながらの二人の表情、そしてバリカンの
        発するセリフに涙してました。
     1位:お前は誰だ!とみんなから問い詰められ、シャドウボクシングをしながらの「この
        肉体が俺だ!」という一連のセリフの場面。「この肉体が俺だ!」本当にその通りで
        説得力を通り越してひれ伏してしまいそうなオーラに溢れていました。
     1位:リングの上で新次が「ダンス教室の傍を通ってくれ・・」とバリカンの亡骸を運ぶ
        道行きを詩のように、そしてレクイエムのように叫ぶ場面。
     1位:ラストシーン。倒れ込んだバリカン。鳴り響くゴング。そしてバリカンのもとに
        ゆっくりと歩み寄り抱きかかえての慟哭。新次の表現のし難い表情の変化と、
        反してやすらぎを得られたかのような穏やかなバリカンの表情と、そして美しい
        音楽。まるで美しい宗教画のような場面だったと思います。
     1位:死の天使マリーが暗示的に宙を舞い、奥からリングが押し出されてくる場面。照明が
        とても幻想的で美しく、特に2階席から観た時の幽幻的な美しさが素晴らしかったです。
        バリカンを死へ誘っているかのようにも思えました。
     1位:新次がトラックの上に乗って登場する場面。一瞬で目が釘付けになる程のオーラが
        あって、新宿新次まさにその人を感じた瞬間でした。
     8位:芳子の母殺しの告白を興味無さげに聞きながらも「殺されたのはお前だろう?」と
        問いかけ「俺はお前が好きだぜ」と言う場面。新次の優しさが芳子目線で感じられて
        好きな場面でした。
     8位:バーでの新次とコーチのやり取りの場面。
     8位:新次とバリカンが仲良くランニングに出る場面。ほっこりする場面でした。
     8位:ベッドでバリカンからの手紙を読む場面。
     8位:ジムで初めて新次とバリカンが出会う場面。
     8位:喫茶店での自殺研究会と新次のやり取り。ちゃっかりチケットも売りつけてしまうところが
        原作の新次っぽいな、と思った場面でした。
  
(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15
     1位:俺は俺だ。この肉体が俺だ。
     1位:ダンス教室の傍を通ってくれ。玉突き屋の傍を通ってくれ。死んでも彼にはわかるから。
     1位:どこかへ走っていく汽車の75セント分の切符をくだせい。どこかへ走ってゆく汽車の
        75セント分の切符をくだせいってんだ。どこへ行くかなんて知っちゃいねえ。
        ただもうここから離れてゆくんだ
     1位:俺も世界もすべてまぼろし!
     1位:バリカンは・・・友達だ。
     1位:バリカン!お前の亡骸さえ俺は抱きしめてやるぜ!
     1位:俺は。ここにいますよ。俺はいまここにちゃんといる・・・俺は、愛するために、
        愛されたい。
     1位:俺は、受け入れるよ。栄光のために、勝利のために。なにもかもをも受け入れる。
     1位:バリカン、ここまで来いよ。こんなジャングルジムでも景色が変わるぜ。東京が一望とは
        いかないが、街の灯りがよく見えるよ。
 
   
(10)キャストの良かった点
     ○新次もバリカンもコーチも、全てが役に嵌っていた。存在感が素晴らしかった。
     ○自殺研究会の面々がそれぞれ個性的で、しかもどこか愛らしさがあったこと。(原作での
      彼らが苦手だったのでほっとしました。)
     ○芳子が蓮葉な感じはあってもどこか儚げで、赤いコートと靴がとても良く似合っていて
      愛らしかったこと。新次とのバランスも良かったのでは?
     ○出番は少なくてもたんぽぽスーパーの社長の存在感は凄かったです。
     ○死の天使マリーは幻想的で美しかったです。

(11)キャストの良くなかった点
     特にありません。

(12)作品として良かった点
     ○演出が素晴らしかったです。蜷川作品にはいつも特異な演出部分があって、それが美しい
      と感じることもあればそうではない時もあって、今回はそれが比較的ソフトでしたし、寧ろ
      崇高な美しさに溢れた舞台だったと思います。萬斎さんの「オイディプス王」と竜也くんの
      「ハムレット」が生で見た蜷川作品の私の中でのベストでしたが、今回の舞台はそれに匹敵
      するか、それ以上の素晴らしい舞台だったと思います。まだ私の中には新次とバリカンが
      生きています。
     ○音楽が素晴らしく、ノスタルジックだったり、レクイエムだったり、時代を表現する歌謡曲
      っぽかったり・・・特にカノンと青い影はやはり心に残ります。
     ○何もない舞台に役者さんが一人二人とボレロのように集まり、メイクをしたり、着替えを
      したり、客席を含めての導入がとても効果的だったと思いました。架空の街に迷い込んで
      いくような、今から始まる舞台への期待と相まってワクワクしました。そしてそれは
      裏切られことはありませんでした。
     ○ネオンのセット(何だか懐かしかったです)、ショベルカーで歌う歌手も斬新で、まさに
      有りそうで有り得ない架空の街がそこにありました。
     ○原作がどちらかといえば散漫な印象で、共感し難い世界だったのですが、脚本が適度に
      スリム化され、でも世界観は損なわれていないように感じられる内容で、観劇前に読み
      ましたが、読んでおいて良かった、と思った脚本でした。

(13)作品として良くなかった点
     特にありません。

(14)その他の良かった点
     ○久々の青山劇場でしたが、座席のクッションが良いのでいつも楽に観劇出来ます。
     ○パンフレットに稽古風景があって嬉しかったです。出来れば公演後半で舞台写真入りの
      パンフレットも出して頂きたかったですが・・・

(15)その他の良くなかった点
     *恐らく潤くん主演ということで、普段舞台をご覧にならない方が多かったのか、明らかに
      客席の雰囲気が違いました。蜷川作品で、しかも3時間の長丁場で子供連れで観劇する
      なんて考えられない風景でした。会場のアンケートにも書きましたが、R指定は必要だと
      思います。ましてや今回のように初めて舞台を観る、それも前知識なしで観劇に臨む場合、
      それなりの注意事項は掲示すべきだと思いましたし、子供連れで来る親の方にも問題は
      あるかと思いますが(子供が楽しめる内容かどうかの吟味は必要だと思いますし、何より
      周りの人への迷惑を考えて欲しかったです。コンサートと舞台は違います。)、今後
      こういうことがないように配慮して頂きたいと思いました。出来ればもっと一般の演劇
      ファンに観て欲しかった舞台でしたから。
      それからマナーについても、それすら知らない方も多いので場内アナウンスなり掲示なり
      なさった方が良いのかな?と思います。座席から身を乗り出してはいけないことは劇場に
      よっては掲もされてますし、アナウンスもあります。携帯電話や開演中のおしゃべりも
      勿論ですが、観客側ももう少しマナーを調べて観劇して欲しかったかな・・と思ったのが
      残念なことでした。


(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
      アンケートにも毎回書きましたが、客席を使う演出がある以上DVD化は難しいかな、とは
      思います。が、せめて専門チャンネルでの中継とかあれば・・と思いましたが、収録が
      入っていたような話がないので・・・それならせめて写真集なりなんなり形で残して欲しいと
      思います。観ることの出来なかったファンのためだけでなく、この舞台の素晴らしさをより
      多くの人に知ってもらう為にも検討して頂けたら・・と切に思います。

(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
      ほとんど項目に書いてしまいましたが、ボクシングは魂と魂のぶつかり合いなんだと、
      だからこそ神聖なんだ、と以前読んだ覚えがあります。新次と向き合う為に、彼との
      魂の触れ合いを得る為に、バリカンは打たれても打たれても倒れず、倒れても立ち上がり
      愛されたいと叫びます。それは決して自殺ではなく、寧ろ究極の愛なのかもしれない、と
      思った舞台でした。男の人の方がロマンチシズムが強いのだとも思いましたが、肉体は
      死んでしまっても新次の中にバリカンの魂は生きているのだから本当の死ではないのだ
      けれど、あまりにも美しくて悲しいラストだと思いました。打たれても打たれても向かって
      いくバリカンの表情と、彼の望むままに倒れるまで打ち続ける新次の表情がいつまでも
      忘れられません。
      ただ、千穐楽のカーテンコールを見届けられたので、ある意味救われた部分がありました。
      本当に素晴らしい舞台でした。この舞台に携わったすべての出演者の方々と、スタッフの
      皆様に心から感謝したいと思います。
No.2449 - 2011/12/10(Sat) 00:17:17
「あゝ、荒野」アンケート / すずらん [九州]
総合的満足度(最高を5、最低を1とし、0.1刻みでお願いします。)
  5
(2)観劇前に原作を読まれましたか?
  はい

(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?
  はい

(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?
  はい

(5)性別・年代
  女性 40代

(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
  11月27日(日)昼

(7)感激した瞬間BEST3(1位が二つあれば、次は3位というように、最大3つを順位をつけてお願いします。)
1.舞台右側に立ち、そこから客席に降りてきてランニングしたとき(すぐそばだったので)  
2.トラックの車体に乗って新次が登場してきたとき

3.最後、倒れたバリカンを抱きかかえて叫ぶところ
   
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15(1位が二つあれば、次は3位というように、最大15シーンを順位をつけてお願いします。)
  
1.ジャングルジムでのシーン
2.最後バリカンのコーチが今まさにタオルを投げ入れようとしたときにバリカンが倒れ、新次がバリカンを抱きかかえて叫ぶシーン
3.最後のボクシングの試合 新次とバリカンだけででなく周りの人たちも全体でスローモーションになっていたシーン
4.バリカンからの手紙を読むシーン
5.実際にショベルカーやトラックが使われたトラックが使われて、トラックの車体に乗って新次が登場してきたシーン
6・新次とバリカンと片目のコーチの3人で肩を組んで「家庭的に〜」というシーン
7.始まってすぐ出演者が舞台奥から指を鳴らしながら客席に向かってくるシーン
8.蜷川さんが舞台に登場して、最初だけ役者さんたちに声かけして下がるのかと思ったら縄飛びなど一緒に演じてあったところ
9.芳子が自分の過去を告白するシーン
10.自殺してくれる人を探して、自殺研究会のメンバーの会議
11.娼婦が客席に下りてきて、観客とのやりとり  
12.バーでの新次と片目のやりとり 

(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15(1位が二つあれば、次は3位というようにして、最大15を順位をつけてお願いします 
1.(新次)俺はなんでも欲しいんだよ。家庭を持ったらなんにもできないのか〜
    
2.(新次)俺に与えられたものはすべて頂戴するんだよ〜ディズニーランドがいけないのか〜それが楽しきゃな〜お前らとは違うんだ
    
3.(新次)俺は俺だ。この肉体が俺だ

4.(バリカン)どこかへ走っていく汽車の75セント分の切符をくだせい
   
5.(新次)ダンス教習所の傍を通ってくれ〜洗濯物を干した場所

6.(バリカン)新次への手紙

7.(新次)あいつの亡骸をいつまでも抱きしめてやる〜あいつはいいやつなんだ
   
8.(新次)俺にとって、バリカンは友達だ
  
9.(新次)〜口先ばかりで自分じゃなんにもしないやつらのこと

(10)キャストの良かった点(箇条書きにお願いします)
新次をはじめ皆さん役作りがすごいと思った。役にぴったりはまっていた。
   ・芳子役の黒木さん とても声が綺麗
   ・澤魁士さんの変身
   ・娼婦役の 客席に降りてきて話しかけるところ
   ・月川さんの歌声


(11)キャストの良くなかった点(箇条書きにお願いします)
   ありません


(12)作品として良かった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
  ・ネオンのセット
  ・寺山修二の詩が電光掲示板に映し出されていたこと
  ・音楽も合っていた
  ・舞台だけでなく、客席の通路をも舞台として使った演出
  ・本物のショベルカーや、トラック、リンクを使ったり、実際に調理するところ
  ・ひとつの場面だけでなく、複数の場面が同時進行で展開していくところ
  ・開演時間より早く、なんとなく始まると聞いていたので、早めに着席していたが、役者さんたちがまるで観客が舞台に上がっているかのように徐々に客席通路から上がってきたところ。リュック背負ってあんな感じで「おはようございます」とか言いながら入っていったら、行けそうな雰囲気がおもしろかった。

(13)作品として良くなかった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
   ありません


(14)その他の良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
  ・パンフレットの売り場やクロークもスムーズな対応でよかった。
  ・パンフレット 値段に見合うパンフレットだと思います。
   
(15)その他の良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
  ・チケットの申し込み方法 
 ファンクラブ枠がなかったことは松本潤を役者として扱ってくれたのだろうと納得できるのですが、今回の方法にされたのは、何かご事情があったのでしょうか?
蜷川さん演出作品であり、出演者の面々を見れば、今回のような申し込み方法ではどのような事態になるか予想できそうですが・・・。
できるだけ多くの人が観劇できるよう、電話1回線につき申し込める公演数を限定してほしい。
また、電話だけの申し込みではなく他の方法も考えてほしい。

(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
   とても素晴らしい作品でしたので、より多くの方に観ていただきたいです。
   一度は観劇していますが、私ももう一度観たいです。ぜひDVDを発売してください!
  
(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
   最初、原作・戯曲を読んでもなかなかあの世界に入り込めず、いったいどんな演出になるのだろうと不安を感じていたのですが、杞憂でした。
とても印象に残る素晴らしい舞台でした。時間が経つにつれ、もう一度観たいと思わずにはいられません。
今回観たくても観ることができなかった多くの方にぜひ観ていただきたいです。
再公演、地方公演もお願いします。(もちろん新次役は松本潤くんで)
ただ、最初原作本を読んでいたとき、主人公バリカンを潤君が演じるかと思っていたこともあったので、新次役とバリカン役が逆なら彼らはどう演じただろうかと思ったりもしました。

   舞台を観ることができたこと、本当に幸運に思います。素晴らしい舞台をありがとうございました。
No.2448 - 2011/12/09(Fri) 23:55:56
(No Subject) / ミツコ [関東]
(1) 総合的満足度  4.8
(2)観劇前に原作を読まれましたか? はい
(3)観劇前に戯曲を読まれましたか? いいえ
(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか? はい
(5)性別・年代  女性・50代
(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか? 11月27日ソワレ

(7)感激した瞬間BEST3
1位 新次のシャドウボクシング
2位 新次や客席への「おまえは誰だ?」
3位 第3ラウンド終了後の「ダンス教習所のそばを通ってくれ・・・」と言うシーン

(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15
1位 新次のシャドウボクシングシーン
2位 新次や客席への「おまえは誰だ?」のシーン
3位 試合前に、フードをかぶった新次とバリカンがすれ違うシーン
4位 芳子が母親を殺したと告白し、新次があくびをするシーン
5位 生々しい言葉とは裏腹な清潔で可愛らしい新次と芳子のベッドシーン
6位 喫茶店での新次と自殺研究会・宮木などとのシーン

(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15
1位 「俺は俺だ!この肉体が俺だ!」(これを躊躇なく説得力を持って言える新次が凄い)
2位 「おまえは誰だ?」(哲学的問いかけに身が引きしまる)
3位 「ダンス教習所のそばを通ってくれ・・・」(バリカンの死への覚悟が伝わる)
4位 「わが撃ちし鳥は拾わで帰るなりもはや飛ばざるものは妬まぬ」(舞台横に掲げられた詩とバリカンの気持ちが一致して、謎が解けためしようで気持ちよかった)
5位 「殺されたのはお前のオフクロじゃなくて、お前のほうだろ?」(芳子への優しさが伝わる)
6位 「メシはうまいし、女とやれば気持ちいい。ただそれだけだ」(難しいセリフが多い中、あまりにシンプルで、ああそうなんだと妙に印象が残った)
7位 「俺は受け入れるよ。栄光の為に、勝利の為に。何もかも受け入れる」(新次が松本潤くんに重なって思えたシーン)
8位 「新次は、年は同じだけれど、新しい父親にみえたんです。あいつこそが、僕の新しい人生の目標になったんです」(よかったね、バリカンと思った)

(10)キャストの良かった点
・新次は、完璧というのはこういうことかと思えるほど、有無を言わせぬものがあった。
強さと優しさと振り幅が大きくて、松本潤という人の人間的スケールが新次を作り上げたと思った。
・バリカンの低くて声量豊かな声が、新次の明るさといい対比になって、新次の存在を支えしていたと思う。
・黒木華さんの芳子はたくましくも可憐で、彼女のおかげで、新次とのラブシーンが、
品よく清潔なものになったと思う。
・自殺研究会が高年齢だったこと、たくさんのキャストに、太った人・やせた人・高身長の人・低身長の人と、世の中にはいろんな人がいるんだということを見た目であらわしていたように思うが、それぞれ生きることの悲哀を表していて素晴らしかったと思う。

(11)キャストの良くなかった点
思いつきません。
    
(12)作品として良かった点
観客の奥底に潜んでいて、普段意識しない闇の部分を引っ張り出させられるような作品だと思うが、
それをパワフルなエンターテイメントとして観せてくれたと思う。

(13)作品として良くなかった点
・娼婦マリーの死とバリカンの関係が謎すぎて、釈然としない。
・舞台横に掲げられた詩を読むと、詩そのものの意味と、何故今ここで掲げられるのか?
と考えてしまい、舞台に集中できなくなってしまった。
「わが撃ちし鳥は拾わで帰るなりもはや飛ばざるものは妬まぬ」はバリカンによって明確に説明されて、知的満足感を得られたので、詩を掲げるなら、舞台との関連性がわかるようにしてほしかった。
・いろいろな解釈が可能な作品をあれこれ考えるのは好きだが、上記二つについては、
考える手掛かりがもっとほしかった。

(14)その他の良かった点
当日券が前日電話申込だったことは、地方の方にもチャンスがあってよかったと思う。
    
(15)その他の良くなかった点
できるだけ多くの人が観劇できるチケット販売方法を考えてほしい。
    
(16)DVD発売について
長く多くの人が観るチャンスがあるようにDVDを販売していただきたい。
松本潤くんは、その表情演技が真骨頂でもあるので、そのアップを多くの人が観れる機会をよろしくお願いします。

(17)上記の項目に含まれない感想や意見
今、この時期にこの舞台ができたということは、松本潤くんの役者人生にとって、
非常に大きな財産になったと思う。
そして、何かを成し遂げるということはどういうことなのか、その肉体と演技で雄弁に語ってくれた彼に、どれほど勇気づけられたかわかりません。
蜷川さんはじめ、キャスト、スタッフ、関係されたすべての方々に心から感謝いたします。
No.2447 - 2011/12/09(Fri) 23:54:51
あゝ荒野アンケート / てんどん [北海道]
(1) 総合的満足度(最高を5、最低を1とし、0.1刻みでお願いします。)
  5点(本当は6点くらい付けたい所です。完成度に加えて創造性に加点したい。)
(2)観劇前に原作を読まれましたか?
  はい
(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?
  はい
(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?
  はい
(5)性別・年代
  女性・40代
(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
  10月29日 彩の国さいたま芸術劇場
  11月26日 青山劇場 夜
(7)感激した瞬間BEST3(1位が二つあれば、次は3位というように、最大3つを順位  をつけてお願いします。)
 1.ラストの慟哭のシーン。(それでも生きていく。生きる無情と、非情。無常なるものと  の闘いの裡にある、悲しみとやるせなさ、困惑。全ての感情をえぐり取られたような無   心。星の光の歳月を辿れば、勝者も敗者も生者も死者も、同じ細胞から生まれ出たものだ  ろう。寺山のドラマツルギーが、そこにある。そして、生きる煩悩から解脱したかのよう  なバリカンの安らいだ、もはや抜け殻となった肉体を抱き上げる新次の表情は、悲壮であ  りつつも生まれたての魂の、神性のように美しい。これは、松本潤という俳優のなかにあ  る、浄化する穢れなき神聖を描き出した、あて書きともいえる演出だろう。) 
 2.ジャングルジムで東京の空を語り合った後、新次がバリカンの背中をぽんぽん、と叩い  て2人で寄り添うシーン。(それぞれが抱えてきた、生きる孤独を良く表現していたと思   う。田舎から都会に出てきて感じた、どうしようもない孤独と絶望、行き場のない感情に  押しつぶされそうだった自分の過去と重なって、新次の温かさ、大きさに傾倒して止まら  なくなる、バリカンの心情が重く圧し掛かってきた。そしてラストに向かって、最も悲劇  的にしか愛を表現することのできない、人間の愚かな彷徨の序曲となり、虚しくも痛    ましい同感と共感の鐘となって心を鳴らし続けて止まなかった。)
 3.「お前は誰だ」のあとに新次が自分の欲望を言葉として、聞く者全てに圧倒的に、投げ  つけるシーン。(それでいい、それを誰が責められる?と心から共感し納得させる明快な   説得力、迫力がある。この劇で最も強いセリフだ。人間的な欲望を悪意的な恣意に操ろう  とするものに対する激しい怒りに、惹きつけられる。そして闘いに火を付けられた人間   の、もがき苦しみながらまるで一瞬をめがけて全てを破壊し叩きつけるような、イカロス  の翼を彷彿とさせる刹那な激白が雄々しく、切なく、苦しい。名演だと思う。)
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15(1位が二つあれば、次は3位というように、  最大15シーンを順位をつけてお願いします。)
  1.ラストの慟哭のシーン。
  2.ジャングルジムで東京の空を語り合った後、新次がバリカンの背中をぽんぽん、と
    叩いて2人で寄り添うシーン。
  3.「お前は誰だ」のあとに新次が自分の欲望を言葉として、聞く者全てに圧倒的に、投   げつけるシーン。
  4.新次が軽トラックの屋根に乗って登場し、立ち上がるシーン。(この世のすべての理   不尽に立ち向かうような不屈な意志を感じさせる鋭利なナイフのような眼光と屈折した   表情。有無を言わせず自分の中に入ってくるような、圧倒的で強引な存在の野生。新次   そのものであった。)
  5.試合中の新次の詩(まるで光太郎が智恵子に語った歌のように、行ってしまうものを   痛切に悼み思い馳せる走馬灯のような韻文。命の同志の歌が突き刺さる。)
  6.最後のボクシングシーンのスローモーション。(ボクシングは対話、という言葉をそ   のまま具象とした圧巻のシーン。新次の咬みつくような獣のような表情と眼光。食われ   て落ちていく、それでも立ち上がろうとするバリカンのよろめき。栄光の影にある、貪   欲な敗北と圧倒的な勝利。壮絶な格闘に対する憧憬の風景を描き出した。)
  7.娼婦を死んでいることを知って狼狽するバリカン。ミサとともにマリーが昇天する。   その横でベッドに無心で眠る新次のシーン。(バリカンの奥に眠る獰猛なまでの愛への   渇望が明確になる。そのそばに横たわる新次は、まるで磔にされたイエスのような姿態   である。バリカンをそれに対比させることで、ラストの救済へのメタファー:暗喩へと   繋がる。バリカンをリングへと導く天使のマリーはまた、空腹の野獣と化した民衆に処   された、フランス革命のマリー・アントワネットのように、その社会では殺されても仕   方のない存在としてリンクする。人間の世界に澱としてある欲望と絶望の闇。底辺にあ   って救済を求め彷徨する人間への神の眼差しと光を、1枚の絵のように描いている。)
  8.芳子との2度目の出会い。母殺しを告白する芳子に「殺されたのはお前だろ?」
  「俺にはわかる。」と新次が言い放つシーン。(新次もまた、抑圧されて生きてきた底辺   の人間で、そこから這い上がろうと必死で生きてきた、普遍的なヒーローに希望を抱い   た青の冷静と赤の情熱を持ったあの時代の若者像であることを明確に描いている。)
  9.「ねえ、結婚するの?」「子供は何人がいい?」とベッドの上で無邪気に戯れる新次   と芳子に、一転して「お前は誰だ?」と片目が挑発するように叫び、雷鳴が轟き新次を   追い詰めていくシーン。(3に繋がるシーン。アダムとイブの楽園のような明るさが一   気に暗転し、天国から地獄へと陥落させるような、寺山の言うふつうの言葉が描出する   形而上学的な実存への恫喝を鮮やかに描いていて、非常に魅力ある演出である。)
  10.新次とバリカンがジムで出会うシーン。「俺は新宿新次。」「バリカン健二。強そう   だぜ。」と新次が命名するシーン。(お互いに惹き合う、まるで兄弟ができたような明   るさ。バリカンが新次を父のように、兄のように慕って傾倒していく、運命的な出会い   をほのぼのとしたユーモアある芝居に続いて見せていき、一服の和みのある場面となっ   た。)
  11.ホテルのテレビの村田秀雄に新次が「村田さん、村田さん、あんたは嘘つきです     ね。」と咬みつくシーン。(誰にも認められない、少年院上がりの自分に対する自棄が   新宿という町に新次を連れてきたのだ。行き場のないアウトローな人々が、最後に辿り   つく街としての新宿を新次の独白で克明に描いている。)
  12.「バリカンはあのままでいいのじゃないか。」「本当は俺の方が臆病者。」新次がバ   ーで語るシーン。(いつかバリカンに挑戦状を突きつけられることを予感している冷静   な新次。無学だが、彼の怜悧で聡明な頭脳がよくわかる。)
  13.バリカンの手紙を読み、「なんて苦々しい試合をひきうけたんだ。」とベッドの上で   新次が足を揺らしながら覚悟を決めていくシーン。(自殺研究会のメンバーに試合の切   符を売りさばいた新次とは別人の、苦悩するダビデのような横顔が美しく哀しい。)
  14.バーのセットから暗いスローモーションで動く雑踏の中の人々に変わるシーン。カノ   ン(蛹化の女)が流れる1幕の終盤。(ばらばらな人々が、急進的で強烈なビートのリズ   ムで集団となり共働し、結束していく冒頭のシーンと対比させ、再びばらばらに散って   いく個の時代へと収束するエモーショナルなムーブメントを、音楽のリズムとともに韻   を踏むように再現している。)
  15.男娼たちが踊るシーン。(今はもうありえない、くたびれた生活感のある猥雑なエロ  ス。矮小な猥褻さえも愛した、頂点と底辺を常に見つめ続けた寺山への、深い敬愛と回帰  するリスペクト、オマージュを感じた。)
(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15(1位が二つあれば、次は3位というようにし  て、最大15を順位をつけてお願いします)
  1.お前らの惨めな人生を俺に投影しないでくれ。俺は俺だ。この肉体が俺だ。
  2.俺はお前の思ったようにしてやる。
  3.俺はなんだって欲しい。家庭を持って、侘しさだって…。俺は、俺に与えられたすべ    て頂戴するんだよ。あれはいいけどこれは厭だなんてそんなつまんないことはいわね    え。ディズニーランドがいけないのか。楽しいじゃないか。悪いかよ。ポップコーン    だって食べるぜ。お面だって被るぜ。それが楽しきゃな。
  4.バリカン、お前の亡骸さえ抱きしめてやるぜ。
  5.こっちが新宿で、あっちが渋谷。あれはどこのビルだろうな。
  6.星か。もう死んでなくなった星が、やっと今届いているんだぜ。淋しさだけが、いつ    でも先に届いてしまう。
  7.俺も世界もすべて幻!
  8.俺にとってバリカンは友達だ!
  9.ダンス教習所の前を通ってくれ。玉突屋の傍を通ってくれ。死んでも彼には分るか     ら。
  10.どこかへ走ってゆく汽車の75セント分の切符をくだせい。(港館という売春宿の娼婦   マリーがすがりついて泣くシーンのバリカンのセリフ)
  11.俺は、愛するために愛されたい。俺はまだ、ちゃんと立っている。遠い。目の前が一   望の荒野だ。(バリカン)
  12.ここまで来いよ。こんなジャングルジムでも景色が変わるぜ。
  13.とんだ弱いものいじめだな。自殺っていうのは要はわがままだろう?
  14.別に。別に。俺には関係ない。めしはうまいし、女とやれば気持ちいい。
  15.俺はヒーローになる。夢のないやつにはわからないんだよ。
(10)キャストの良かった点(箇条書きにお願いします)
  ・新宿新次(松本潤)松本潤が新宿新次を演じたというより、新宿新次が松本潤に降りて   きたような「この肉体が俺だ。」というセリフが小気味よく圧巻。本来の華奢な骨格    を、武装する筋肉でユリシーズの完璧な肉体へと昇りつめさせた精神性が新次を、圧倒   的な具体として存在させた。
 ・バリカン(小出恵介)内面にある狂気を弱小な肉体として良く表現し、憐みのあるセリフ   が寺山そのものであった。
 ・片目のコーチ(勝村正信)飄とした、全体を俯瞰する自在な演技が素晴らしい。
 ・芳子(黒木華)透明感のある伸びやかな声がこの劇を明るく華やかなものとした。
 ・娼婦マリー(渡辺真起子)情がありながら救われない哀しい存在の死の天使を昇華させる  円熟した巧みな演技だった。
 ・カワサキ(村杉蝉之助)とぼけていながら徐々に鋭い爪をむき出しにしていく芝居が時間  の存在を感じさせる哲学のある語りが良い。
 ・アイザワ(江口のりこ)しらけたエロスをこれほどクールに演じられる女優さんはいない  と思ったほど、聡明さが際立っていた。
 ・歌い手(月川悠貴)伸びやかで張りのある声がとにかく良い。一瞬に昭和へ連れて行かれ  たメランコリーが素晴らしい。
 ・娼婦マヤ(立石涼子)存在感が圧倒的。熟練したセリフと姿勢が只者ではない。
 ・宮木(石井愃一)屈折した人間を深刻になりすぎず、巧みに演じ分けるさまは圧巻。
(11)キャストの良くなかった点(箇条書きにお願いします)
  特になし
(12)作品として良かった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きで  お願いします)
  ・ストーリーが明快で余計なものを入り込ませず、3時間の劇を一気に見せた脚本
   に脱帽した。
  ・寺山作品への完璧なオマージュがピタピタと嵌った演出だったと思う。乗り物ではなく   あの時代と町を自分の足で走った人間にしか出せない、劇中の人間への愛が溢れてい    た。聖域ともいえる作品のように思う。
 ・多彩でありながら、統一感のある選曲。流れていく時代にふさわしいリズムが巧みに表現  され、どの曲も印象深く場面場面に突き刺さる。音響芸術と言える舞台となし得ていた。
 ・ネオン、スチール写真、トラックやショベルカー、ホテル、ジャングルジムなど、退廃的  で猥雑な街と心の風景が一片の無駄も隙もなく、映像表現を凌駕するような舞台演出とし  ていた。演じるものも設営するものも含めての一体感が素晴らしかったと思う。総合芸術  の名にふさわしい作品。
(13)作品として良くなかった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書  きでお願いします)                     
 ・特にありません
(14)その他の良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなど  を箇条書きでお願いします)
 ・観客のマナーは良すぎるくらい良かったと思う。真面目なファンが多い印象。
 ・パンフレットは写真がとても良く、構成も良く練られていた。
(15)その他の良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレット  などを箇条書きでお願いします)
 ・チケットの販売方法がもう少しなんとかならないものかと思います。電話が本当
    に繋がらなかった。
(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
 ・実像を映像で表現しきれないかもしれないが、DVDでも十分にその世界観は伝わるように思  う。できればあの時代をリアルに生きた世代にも見ていただければ、と思いました。単な  る懐古ではない、今だからこそあの時代の男の生き様を世に問うてみたい。
 ・DVDがだめならフォストーリーでも良い。むしろその方が作品の息遣いが感じられるかもし  れません。
(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
 ・セリフや場面のところが他にも良いところがあったのに残念。全部書ききれなかった。
  途中でこれ全部最初から最後まで克明に書いてしまおうかと思ったくらいでした。
 ・これくらい硬派な作品は見ていて気持ちが良い。足場も行き場もないと感じている人々に  贈るべき作品だと思う。この素晴らしい舞台を創り上げたすべての方々に最大の賛辞と敬  意を持ってお礼を述べたい。どうもありがとうございました。
   
No.2446 - 2011/12/09(Fri) 23:27:47
【あゝ、荒野】  アンケ−ト / ジャス  [近畿]
(1 )総合的満足度(最高を5、最低を1とし、0.1刻みでお願いします。)
5
(2)観劇前に原作を読まれましたか?
はい
(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?
     いいえ 
(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?
     はい
(5)性別・年代
     女性 40代
(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
     11月17日 昼  青山劇場 
(7)感激した瞬間BEST3(1位が二つあれば、次は3位というように、最大3つを順位をつけてお願いします。)
     1 ラストの新次がバリカンを抱き上げたところ
     2 新次とバリカンのボクシングシ−ンでスロ−モ−ション
     
(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15(1位が二つあれば、次は3位というように、最大15シーンを順位をつけてお願いします。)
     1 ボクシングのスロ−モ−ション
     2 新次が芳子を後から抱きしめるシ−ン
     3 トラックの上で圧倒的なオ−ラで登場するシ−ン
     4 自殺同好会が集う喫茶に新次が登場しヒソヒソ話で話すシ−ン  
(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15(1位が二つあれば、次は3位というようにして、最大15を順位をつけてお願いします 
     1 俺は俺だ
     2 シャド−ボクシングしながらのセリフ( 具体的に覚えていません)
     3 女の言うことなんか信用しない
     4 バリカンは俺の友達だ    
(10)キャストの良かった点(箇条書きにお願いします)
       バリカンと新次の二人が一対になって、お互いの演技を高めあっていて素晴ら        しかった
       脇のキャストのかたが、何役もされていましたが、気がつかないほど違和感が        なかった
       主な出演者が原作を読んだイメ−ジ通りだった

(11)キャストの良くなかった点(箇条書きにお願いします)

(12)作品として良かった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
       原作しか読んでなかったので、スト−リ−の展開を楽しむことが出来ました
       原作では難解だったところもわかりやすく、尚且つ言葉の美しさは失われる事        のない、素晴らしい演出だったと思います。
       始まりかたが、自然でダンスシ−ンから登場人物の出演のながれが劇的でわく        わくするようなプロロ−グでした。
       客席を使った演出は、より一体感を感じる事ができました。
 
(13)作品として良くなかった点(例えば、ストーリー、演出、音楽、セットなどを箇条書きでお願いします)
       
(14)その他の良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)
        
(15)その他の良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、チケット、パンフレットなどを箇条書きでお願いします)

(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
       是非、たくさんの方、特に男性にみていただきたいです。
       全体の様子や、細部の表情を見るとまた違った感動をあじわいたいのでDVD
        を発売してほしいです。
17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
No.2445 - 2011/12/09(Fri) 23:06:07
あゝ、荒野アンケート / きなこ [九州]
(1)総合的満足度 5

(2)観劇前に原作を読まれましたか?
 読みました

(3)観劇前に戯曲を読まれましたか?
 読みました

(4)観劇前にネタバレを含む感想を読まれましたか?
 読みました

(5)性別・年代
 女性 40代

(6)いつ・どちらの会場で観劇されましたか?
 11月27日(日)昼 青山劇場

(7)感激した瞬間BEST3(1位が二つあれば、次は3位というように、最大3つを順位をつけてお願いします。
 @トラックに乗った登場シーン
 A最後の絶叫
 Bシャドーボクシングしながら「この肉体が俺だ!」

(8)好きなシーン・印象的なシーンBEST15
 他のみなさんがあげられているのと同じです・・(いくら考えても選べなかった。。。)

(9)好きなセリフ・印象的なセリフBEST15
 @「殺されたのは、お前のほうだろう」
 A「ダンス教習所〜」
 B「あいつはいいやつなんだ」「バリカンは友達なんだ」

(10)キャストの良かった点
 ・それぞれのキャストがとても個性的で素敵なキャラクターでした。その中でも新次は登場した時からのオーラが尋常ではなかった。
 ・個人的には娼婦役のみなさんと江口のりこさんのしゃべりがとても印象に残っています。

(11)キャストの良くなかった点(箇条書きにお願いします)
 ありません

(12)作品として良かった点
 ・開演前からキャストのみなさんがステージでウォーミングアップしていたり、客席を舞台の一部に見立てる演出はとてもおもしろかった。

(13)作品として良くなかった点
 ありません

(14)その他の良かった点
 ・真っ赤でふかふかな椅子や通路が印象的でした。広い割にはとても見やすい会場でした。

(15)その他の良くなかった点
 ・せめてR-15くらいにしておいてほしかった。すばらしい舞台でしたが小中学生には不適切な場面が多かったように感じました。実際に小学生らしき子供を会場で見かけたので少し心配になりました。
 ・チケット争奪戦が本当に過酷でした。多くの純粋な出演者・演劇ファンが涙をのんでいたにもかかわらず、ネットオークションなどでかなりのチケットが出回っていたようで複雑な思いでした。

(16)DVD発売についての意見やご要望を箇条書きにお願いします。
 ・是非DVD発売を考えていただきたい。マルチアングルだとよりありがたい^^

(17)上記の項目に含まれない感想や意見を箇条書きでお願いします。
 ・地方公演や地上波放送が無理なら有料チャンネルや劇場公開(劇団☆新感線のゲキ×シネなど)でもいいのでもっといろいろな人にこの舞台を見てほしい。
 ・舞台観劇の前日に森山大道写真展、新宿ゴールデン街に行き、当時の雰囲気を少し感じることができました。観劇当日は期待と理解できるだろうかという不安、潤くんの演技の一挙手一投足を刻みつけようと必死で・・終わった後も実感がわかず心ここにあらずって感じでした。もう一度でいいから余裕をもってゆっくりと舞台全体、キャストのみなさんの演技を味わいたい。日に日に記憶が薄れていくことが残念でなりません。
No.2444 - 2011/12/09(Fri) 22:40:19
全1917件 [ ページ : << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 192 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS