[ 掲示板に戻る ]

記事No.97に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
どうもどうも / 新葵
いかれポンチと主婦を兼業している一児の母、新葵です。
まだ主婦業よりいかれ業の方が忙しく、一日のあっという間さがハンパないです。
今日は何月何日か、というのがあまり必要ない日々です。曜日はごみを出すので重要です。
それで、今日が句会の日だったというのをさっき(夜10時)思い出しました。
メール投句しようと思っていたのにな。

で、いかれ業多忙によりなかなかチェックできないこのホームページを久しぶりにのぞいてみました。
あら、塾長が何か面白い企画をやっているわね。
あら、虹鱒代表しか参加していないじゃないの。

いけませんね。いけませんね。

ここは私もひとつ。


(1) 東京やベッドの下に蜘蛛ひからび

「ベッドの下に」と言われたからにはベッドの上も気になります。
ベッドの下の掃除もせず、蜘蛛をひからびさせてしまっているのはどんな人だろう。
「東京や」です。ベッドの主は上京してきた若者でしょう。
働いて、働いて、ベッドに倒れこんでは毎日ぐったりです。
落ち込んで眠れない日もあるかもしれません。
私はこの句で「魔女の宅急便」を思い出しました。
「暮らすって物入りね」というセリフが好きです。
がんばれ、キキ。
がんばれ、若者。
私はおソノさんのような人になりたいのですが、まだまだです。


(4) ふられ女唯一の救いは夕立かな

ふられ女に救いなどありません。
ふられ女はただかなしいだけです。
救いを発見できるのは、ふられた事を忘れられるようになってからです。
あの時こともあろうに、ふられた私は夕立でびっしょびしょになった。
そういう安いドラマのような展開を思い出して苦笑いできるようになった時、救いが見えてくるのではないかな、と思いました。


わ、いかれた頭がぐるぐるして煙が出そうです。
そういえばここは「ぐるぐる俳句塾」でしたね。
ではこのへんで。また。

No.97 2012/09/18(Tue) 00:06:16

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v2.0 - Author: ロケットBBS - Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS