00138
Haiku Session!
新企画!
こちらの掲示板が空いているので、久しぶりに、「ぐるぐる俳句塾」をちょっと塾っぽく 開講いたしま〜す。

とりあえず、下の句を見てみましょう。


(1) 東京やベッドの下に蜘蛛ひからび

(2) 心臓をBANGと撃つふりビキニガール

(3) 生ビール喉のかたちに流し込む

(4) ふられ女唯一の救いは夕立かな

(5) 鳥葬のごと音楽を浴び母よ

(6) ひらきたる花火へ開きゆく花火

(7) テキサスは石油を掘つて長閑なり



引用の句は、私が徘徊して良いと思って拾ってきた句です。後で作者名はOPENします。

ではさっそく今回の課題。

■上の句から2句選んで、その両方に、50字〜1000字ぐらいで、  鑑賞のポイントの説明をしてください。

好きな句や、良いと思う句を選ばなくても結構です。

感想を書くのともちょっと違います。

「鑑賞のポイントの説明」とは、「このフレーズをこう読むから、この句はこういう句のはずだ」 という、感じです。

塾ですが、間違いとかないので、気軽に書いてみてください。
「面白さ」ではなく「的確さ」を楽しんで貰えたら幸いです。

締め切りは多分月曜、ではやってみよう。


(No Subject) / おにかます
後ろの狸は何を思うのでしょうな。


秋祭掟破りの髪飾り

No.70 2008/09/08(Mon) 22:57:52
(No Subject) / 藻杏
俳句セッション、開幕ですね。
はりきってまいりましょう!


酔いどれの拳も止まる稲光  藻杏


では!いざ、天童

No.69 2008/09/05(Fri) 09:02:18
いよいよ / トキワ
このチョイス恐れ入った。
はりきっていこう!

お決まりの店あとにする夜学生  常盤

我が人生を重ねて撃沈す。

No.68 2008/09/01(Mon) 22:12:50
な、な、なんだこれは! / 虹鱒
この写真はなんだ。どうしたいのだ、蛸、狸よ。
ううむ、写真と俳句のHaiku Sessionは華々しい幕開けですな。

天高し父と子は似ていなくとも  虹鱒

撃沈必死。一撃必殺。

No.67 2008/09/01(Mon) 10:02:15
さきがけ一号 / 道草
タメシに突入しまーす。が、このお題は斬新すぎると思うぜ。撃沈上等。

あられなき景色台風一過の庭  道草

…上手し!と、自分では思うが、如何。

No.66 2008/08/31(Sun) 17:38:25
Haiku Session! / おにかます
「バーチャル句会」は「Haiku Session」になりました。
写真や絵や音で俳句を作ろうという試みです。
とりあえず、試しにコチラで俳句を作ってみて下さい。

※携帯で見てくれている方は、お手数ですがPCから画像をご覧下さい。

No.65 2008/08/31(Sun) 00:56:10
蒙昧の海で集った俳句C / おにかます(サイト管理)
(※誤植があれば指摘して下さい。特に名前の間違いがあれば仰って下さい。短冊に書いたのに載ってない場合もご指摘下さい。感想や批評はRes[返信]でしましょう。)

ハンモックゆらり丸見え銀河かな【白波】
夕立ち草の匂いとドブの匂い【清水】
ずっしりと背に汗寝むる赤んぼう【翠柑】
花火の音(ね)聞こえど見えるは頭髪ばかり【祥童】
空飛んでサンダルくるりと夏みかん【白波】
麦酒さま体に浸みいる銀河かな【蜩】
サングラス気取る君見てせつないよ【子亀】
サングラスかけて虹見る貴婦人や【蜩】
体重計買ひたる男キャミソール【道草】
サングラスはだしでかけて村を出る【道草】
がんばってビール片手に甲子園【清水】
夏めくや日影日かげを歩きゆき【布佐】
言霊をのせたる海月の夕べかな【椿】
営業の面影見せし夏の夜【椿】
夏の午後三ツ星数えてオリオンビール【ネイキッドロフトの店長さん】

No.43 2008/07/16(Wed) 00:50:21

感想 / おにかます(サイト管理)
夏めくや日影日かげを歩きゆき【布佐】
この句が好きです。
お年寄りが日差しを嫌っているのか、女性が日焼けを気にしているのか。いや、少年だ。影に魅せられ、影から影へ歩いていく。はみ出したら死んでしまう。そんな自己暗示を本気にしてしまう夏休みのお話であろう。んなわけないか。でも、ここまで妄想するのを許してくれる句は大好きです。

No.44 2008/07/16(Wed) 00:56:42

Re: 蒙昧の海で集った俳句C / 白楓
私の好きな一句。

言霊をのせたる海月の夕べかな 【椿】

くらげの背に乗ったなら私は一体何を見るのだろうか。ことだま。ことだま。言葉が見えない力を持ってたゆたっているわけなのだが、それをゆらゆら運んでいるのはくらげである。大地を支えるのは象である、じゃないけども水木しげる的な雰囲気のある句だなぁと思いました。妖怪や精霊についての一句。素敵。
晩夏の海を俯瞰している。無数のくらげの背が見えて、小さな音を重ねている。思わず呟いた言葉をくらげたちが海の向こうへ運んで行ってしまう… そんな妄想をかきたてさせられてしまいました。

No.47 2008/07/16(Wed) 01:53:28

感想のC / 虹鱒
ハンモックゆらり丸見え銀河かな【白波】

ハンモックゆらり、というところで切る。ハンモックにゆられたから、銀河が丸見えになったのだと。それは本当に見たのかもしれず、夢にみたのかもしれず、それを可能にしているのがハンモックの魔力です。


ずっしりと背に汗寝むる赤んぼう【翠柑】

ずっしりと、という表現がいいですね。翠柑はスイカンと読みます。蒙昧の会の会員、ハンモック研究会の会長。
赤んぼうって、汗かくの得意ですね、生きている証だ。わたしは最近汗をうまくかけません。


夏の午後三ツ星数えてオリオンビール【ネイキッドロフトの店長さん】

店長さん、ありがとうございました、いろいろとご迷惑をかけたこともありましたが、無事イベント終えることができましたのも、店長さんが沖縄出身の方で、そのゆったりとした雰囲気に守られたからだとおもとります。ネイキッドロフトは星三っつです!

No.55 2008/07/17(Thu) 13:47:08

好きな俳句C / 道草
営業の面影見せし夏の夜【椿】

「営業」は見せずして魅せる技術なのだろう。ひょんなことから見えてしまった営業の面影。ビールの飲み過ぎにはご用心。

がんばってビール片手に甲子園【清水】

甲子園は偉い。球児も野次を飛ばすオッサンも。

空飛んでサンダルくるりと夏みかん【白波】

コイツは凄い。私なんかでは太刀打ちができないほどに可愛いキャラクターなのだ。自分が年を取ったことを痛感した。

No.59 2008/07/18(Fri) 19:56:46

Re: 蒙昧の海で集った俳句C / 虹鱒
サングラス気取る君見てせつないよ【子亀】

わたし、いまだかつてサングラスしたことがないのです。メガネくんだけどね、メガネくんだからか。それには、サングラスの気取りが鼻につくという気持ちもあるからなのです。せつなくないサングラスのかけかたは欧米人が知っている?


麦酒さま体に浸みいる銀河かな【蜩】

ビールに様をつけたくなるのが夏ですね。
この間、わたしも似た句をつくりました。
ビールとは全身全霊の誘惑【虹鱒】
また飲みにいこうぜー。ね

No.64 2008/07/23(Wed) 23:58:06
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
54/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v2.0 - Author: ロケットBBS - Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS