[ リストに戻る ]
No.4345へ返信

all (No Subject) - NK - 2019/01/28(Mon) 22:09:36 [No.4340]
Re: (No Subject) - 夕凪 - 2019/01/29(Tue) 01:34:21 [No.4341]
Re: (No Subject) - NK - 2019/01/29(Tue) 21:05:24 [No.4344]
Re: (No Subject) - 夕凪 - 2019/01/30(Wed) 02:06:48 [No.4345]
Re: (No Subject) - NK - 2019/01/29(Tue) 21:03:14 [No.4343]
Re: (No Subject) - NK - 2019/01/29(Tue) 21:03:14 [No.4342]


Re: (No Subject) (No.4344 への返信) - 夕凪

こんばんはNKさん。

私はファクターモデル派なので、
普通に散布図作って、散布図の濃淡、一次回帰式とR2、
基本統計量、ヒストグラムあたりを見るだけです。
ただ単純に平均値だけの時もあります。

データ揃えれば、全部エクセルが勝手に計算やってくれるので超楽ちん。

重回帰分析はファクターを探すときに利用しますけれど、
調べたいファクターが明確なことが多いので、あまり使わないですね。
(本当はもっと使った方がいいいのだろうけど、データ揃える時点で飽きるw)。

サンプル数は30〜200くらいかな。
そんなに集まらない場合も多いけど、
結果の理由がある程度想定できたら実戦でGOです。

標準偏差は分析がより正確になるかもしれませんが、
使うときに、サインが出てるか、出てないか
標準偏差をエクセルでいちいち計算させる手間が嫌なのであまり使ってないです。
それに代わるようなものを探します。σの代わりに平均カイリ率とか。

結局「何をどう分析したいのか」が定まらないと、
何を使ったらいいか、どれくらいのサンプルがあるといいのか
あたりが決まらないんじゃないかなぁ。


[No.4345] 2019/01/30(Wed) 02:06:48
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36

Name
Subject
Cookie / Pass

- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS