114033
都市伝説掲示板
あなたが聞いた色々な都市伝説、噂話を教えてください

サンゴの話 / すぱほ 引用

多分1995年くらいだったと思います。
兄が石垣島(だったと思う)にスキューバダイビングの免許を取りに行ったときに聞いた話だそうです。

そのダイビングスクールの生徒だったか、他のスクールの生徒だったか忘れましたが、スキューバダイビングの練習中にたまたまサンゴに膝を引っ掛けて切り傷を負ってしまったそうです。
そのときは船に上がって応急処置をしたのですが、家に戻ったときに膝に違和感を感じて近くの病院に検査に行ったところ、すでに膝の中でサンゴが増殖して除去することも出来なくなっていたそうです。
その結果、その人は足を切断することになってしまったという話でした。

サンゴイニシャル事件など考えると、海洋生態系であるサンゴにいたずらで手を出すな、という好意的解釈もあるのかな〜、と思います。

No.1063 2010/07/28(Wed) 04:59:23

 
Re: サンゴの話 / 史都玲沙 引用

どうも、ありがとうございました。\(^▽^)/
これ、フジツボの話の珊瑚バージョンですね〜。初めて聞きました。
フジツボの場合は、海水浴などで岩場で転んで怪我をした後…というパターンが一般的ですが。
考えてみたら、珊瑚なんて普通の海水浴場にはありませんし。
このバージョンが通用するのは、確かに南の綺麗な海で、ダイビングの最中に、という条件じゃないと無理ですもんね。

都市伝説は、基本的に
「話されているその場所において、より説得力を持つバージョン」
に変化して話されます。

マクドナルドのミミズバーガーの話が、ロッテリアしかない地域だったら、ロッテリアバージョンとして話される。
そういう感じです。
本当の話だよ、として語られるわけですから、より地域に密着した説得力が必要になるわけで。
それで、自然にマイナーチェンジしつつ語られ続けるわけです。

なのでつい私も、いつ頃どこでその話を聞かれましたか?
という質問が多くなってしまう、とそういうわけです。
この話も、地域密着バージョンとして変化し、そして同時に、すぱほさんの言うように、警告の意味合いも含んでいるのかもしれませんよね。
大変面白い話を、ありがとうございました。

No.1064 2010/07/29(Thu) 20:14:02


都市伝説 / すぱほ 引用

>「口裂け女」
当時小学校などで広まっていたとき、もっとプリミティブに「口裂け女がいて追いかけてくる」程度だったのが尾ひれはひれが付いていった、という印象が
あったもので…


今度は都市伝説ですが、
「ミミズバーガー」
1985年頃、都下小平の「Bっくりドンキー」のハンバーグはミミズで出来ているという話がありました。
当時その「びっくりDンキー」のことは知らず、数年後食べに行ってそんなことを思い出してちょっとビビった思い出があります。

「耳から視神経」
1999年頃、神奈川厚木の自動車開発部門にて高卒出たての新入社員がいかにも友人がそんな体験したような口ぶりで本気で語っていたので、危うくその場で彼の耳をつかんで「耳に視神経通っているならこれで視覚に異常が出るはずだ〜〜」と思い切り引っ張りそうになったことがあります(本当に引っ張ったかもしれません;そのとき初めて「衝動的」という言葉の意味を実感しました)。

No.1050 2010/07/18(Sun) 22:48:15

 
Re: 都市伝説 / 史都玲沙 引用

またまた書き込み、ありがとうございます。\(^▽^)/
最近は本当に、ネットで見た類いが多いので、実際聞いた人からの話は貴重です。

口裂け女に関しては、調べていくと、名前がついていない物語がパラパラ散見されるんです。
「整形手術に失敗して口が裂けてしまった女が、気が狂って精神病院に入っている。そこから包丁を持って脱走したらしいから気をつけろ」
みたいな噂話です。
この話は、すごく都市伝説らしい特徴を備えていまして。

●若者に対する教訓(整形手術なんて危険なんだよ)
●畸形や精神病に対する恐怖と偏見

この話だけ聞くと、いかにもありそうで「大人が信じる噂話」です。
口裂け女、という名前で語られるようになっても、大人の認識は、上記のものに近かったと思います。
しかし、下記にも書きましたが、子どもの場合は、もっと話が単純化されるわけです。
すぱほさんが実際に聞かれたのは、小学生当時ですよね。
だとすると
「口裂け女がいて追いかけてくる」
程度の話なのは、正しいと言いますか、当然と言いますか。
まあ、当たり前なわけです。

で、更に下に書きましたが、
その単純化された話に、やがて「キャラクター性を強調するような尾ひれが、どんどん加わっていく」
これが子どもが語る、妖怪話の特徴です。
ですから、すぱほさんが、単純な話から複雑な話になっていく、と感じたのは、当然でしょう。

しかし、それは子どもまで話が「落ちた」あとの現象なので、その前の段階では、もっともらしいストーリーがある事が多いです。
納得できるようなストーリーがないと、大人の間では広がらないんですよ。

噂話は、基本的には、大人から子どもへと「落ちて」行きます。
逆はほとんどありません。
何故なら、子どもの突飛な噂話を大人が真剣に取り上げることはほとんど無いから。
でも子どもは、大人が嘘をつくとはあまり思っていないので、大人が語れば真剣に信じるわけです。

そういうわけで。
すぱほ さんの印象は、小学生当時の、大変素直な皮膚感覚だと思います。
なんか、私が考えた、子どもが語る噂話と大人が語る話の違いが立証できたような感じで。
や〜、やっぱりそうなんだな〜、と思えて、ちょっと嬉しいです。(^.^)

No.1051 2010/07/18(Sun) 23:30:27

 
Re: 都市伝説 / 史都玲沙 引用

「ミミズバーガー」

おおお、びっくりドンキー編ですか〜。
マクドナルドとか、ロッテリアとか、ファストフードのハンバーガー店の話が多いのに、びっくりドンキーってファミレスですよね。
(近所にないから、よく解ってない…(^_^;)

あ、ネットで調べたら、ハンバーグレストランって書いてある。
なるほど〜。ハンバーグメインだから、噂が立ったのか〜。
解りやす〜。
びっくりドンキー編は初めて聞いたので、貴重です。
どうも、ありがとうございました。

ところで、そのお話には「口止め料として●万円もらった」とかは無かったんでしょうか。

「耳から視神経」

これはアレですか? 耳から糸が出ていたので引っぱると……。
という類いの話でしょうか。
よかったら、覚えている限りでいいので、すぱほ さんが聞いたバージョンを教えてやってください。
いや、都市伝説って、同じ話に思えても細部が微妙に違っていたりするんですよ。
そういう微妙なバリエーション違いを、集めていたりするんで。
もしよかったら、よろしくお願いいたします。

No.1052 2010/07/18(Sun) 23:39:46

 
Re: 都市伝説 / すぱほ 引用

PC不調により、チェック遅くなりました(汗

>Bっくりドンキー
口止め料はなかったようです。
というか、当時は聞き流していた可能性大です…
いまから考えれば聞いておけばよかったなあと。
ミミズだけじゃなく、ネコの肉という話もあったと思います。
ミミズだけじゃなくてネコも使ってるんだよ、みたいな。

>耳から視神経
大事な本筋を書くのを忘れていました…

自分でピアスをつけようとして耳たぶに穴を開けたら、白い糸が出てきた。
それを引きちぎったら目が見えなくなった。
という話でした。
白い糸をいじくりまわしたら視界がゆがんだ、という話があったようななかったような??? ←この辺は他のところからかもしれません。

確か仕事の後輩が高校のときの友達が実際に経験した(場所的に神奈川厚木?)ということを言っていました。

No.1060 2010/07/26(Mon) 20:38:25

 
Re: 都市伝説 / 史都玲沙 引用

ありがとうございます。
私もあるんですよね〜。聞いた当時、聞き流していた話ってのが。
今、こんな風に興味を持つことが解っていたら、ちゃんと聞いたのになあ、と思います。

実際に体験した話って事は、その後輩のお友達は、盲目って事になりますよね〜。
その辺りは、追求したら簡単に、いや、更にその知りあいの話で…。
とかなりそうな気がします。

No.1062 2010/07/27(Tue) 01:16:10


口裂け女について / 銀炎の閃光 引用

僕が聞いた話だと、
昭和の時、受験戦争?だったっけ。
そんな時があって、ある日勉強熱心な女の子が塾ばかり通っていて夜遅くに帰ってくることが多かったそうです。
で、そのお母さんが心配して、
「そんなに塾に行ってると口裂け女がでるわよ。」
って言った事によりその女の子は塾に行くのをほどほどにして、ちゃんと早く帰ってくるようになったとさ。
めでたしめでたし。

ってとこまではよかったけどその女の子は塾でほかの子に話して、でそれを聞いた子はもちろん他の学校の子もいるのでその子が学校でみんなに話す。で話を聞いた学校の子が塾の子に話す、その繰り返しでどんどん広まってったって話です。 
まぁこんなとこかな。解らないことがあったら是非聞いてください。

No.1056 2010/07/23(Fri) 23:06:50

 
Re: 口裂け女について / 史都玲沙 引用

こんにちは。
書き込みありがとうございます。
もしよかったら、これを聞いたのが、大体でいいので、何年くらい前か、それと、どういう過程で聞いたのか、教えていただけましたら嬉しいです。
どういう過程、というのは、たとえば
友達と雑談しているウチにそういう話になった、とか。
ラジオ番組でそういう説を話していた、とか。
テレビで見たとか、インターネットで知ったとか。
要するに、どこで、どういう流れでその噂話が自分の所に届いたか、ということです。
もしよかったら、ぜひお聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします。

母親が子どもを注意するために作られた話が元だ、という説は、私も聞いたことがあります。
私の場合は、他の人から、どこかの芸能人が、テレビだからジオだかでそういう説を言っていたよ、と又聞きした感じですが。
口裂け女は、実はこの辺りが最初だ、という説はたくさん出ているので、その辺りのバリエーションもたくさん集めてみたら、面白そうだよな〜、と思ってます。

この話の場合は、実話としてではなく、最初から
「作られた話である」
となっている辺りが、面白いなあ、と思っています。
最初から作り話である、と主張されたものが、人の間を広く伝わっていくことはないので、これは、後から出てきた「起源」説明でしょう。
やはり人間は、「本当にあった話なんだけどね…実は」
と話される話に興味を強く持つものですから。

どうも、ありがとうございました。
よかったら、いつ頃、どこでこの説を聞いたのか、教えてやってください。
よろしくお願いいたします。

No.1058 2010/07/25(Sun) 09:34:03

 
Re: 口裂け女について / 銀炎の閃光 引用

僕が知ったのは、どんな本か忘れたけどいろんな都市伝説が書いてある本でした。
詳しく教えられなくてすいません・・・。

No.1059 2010/07/26(Mon) 18:22:04

 
Re: 口裂け女について / 史都玲沙 引用

ありがとうございます。
ここ数年、都市伝説に関していろいろな本が出ていますものね。
なるほど〜。
どの本か解ったら、よかったらまた書き込んでやってください。

No.1061 2010/07/27(Tue) 01:10:56


(No Subject) / 氷の都 引用

はじめまして。
突然ですが「幸福の王子」という都市伝説をご存知の方はいますか?

幸福の王子とは願いが叶うおまじないのようなもので、よその都市伝説で知りました。
しかし具体的な方法は載ってなく、しかも深く知ってしまうと悪いことが起きるのだそうです。

ですが何か惹かれるものがあるので、こうして様々なサイトを見て情報を集めています。もし何かご存知の方がいましたら、どんなに些細な事でも結構ですので書き込んでください。

No.1055 2010/07/22(Thu) 14:33:40

 
Re: / 史都玲沙 引用

こんにちは。
「幸福の王子」という都市伝説は、私は知りません。
もしかしたら、ここを見ている人は、その話を知らない人ばかりだったりして、このままどなたからもお答えが無い可能性もありますが、もしそうなってしまっても、どうかご了承下さいね。

それと、質問を何か置いていく場合は、よかったら一つ、自分が知っている話も書き込んでいただけましたら嬉しいです。
質問だけ投げられると、知らないとまったく反応のしようがないんですよ。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

No.1057 2010/07/25(Sun) 09:23:59


都市伝説 集スト / 三村 引用

ナイナイ岡○さんは、組織がらみの集団ストーカーをやらされて、
そのせいで欝になったとか。

集団ストーカーは有名ですが、
やってしまった人間は面白半分でやり続ける。
そのうちに、自分の犯罪がばれないか、仲間内に証拠をとられて責任を全部おしつけられないかって不安になったりし、仲間内でも集ストをやるようになるらしいです。
昔は某宗教団体で行われていたらしいですが、今はネタのない業界などが必死で集団ストーカーをやってターゲットを笑い、ストレスと不安から逃げるし、そして芸能人を使ってほのめかせるってのがはやってるらしいです。

ターゲットが騒げば、トウゴウシットウショウという病気にしたてあげ、それを判断する医者も容易してるとか。
ターゲットが騒がずに仲間内がやりたくないといいだせば、岡さんみたいに病気になるとか。

集団ストーカーのうわさを否定する工作員と呼ばれるバイトは自給800円。魂を売るバイトって言われてるらしいです。

           

No.1053 2010/07/21(Wed) 15:57:44

 
Re: 都市伝説 集スト / 史都玲沙 引用

こんにちは。
書き込みありがとうございます。
この噂は、どの辺りで聞かれたんでしょうか。
(ネットで見たとか、友達が話していたのを聞いたとか、などの情報源です)
よかったら、教えていただけましたら嬉しいです。

このお話は、アレですね。
都市伝説の特徴のうちの、2つを備えていると思われます。

●世の中には、隠された陰謀が存在する気がする。
●有名人などは、影で何をやっているか(何をやられているか)
 わかったもんじゃない。という偏見。

とても都市伝説っぽい特徴を備えていると思います。
隠された陰謀系の話は、よく語られますが、たとえばディズニーランドの人さらいの話などが、上記2つの特徴を備えています。

母親が一瞬目を外した隙に、子どもがいなくなってしまった。
出口で一人一人調べていたら、肌を黒く塗って、着替えさせられている子どもを発見。(トイレで見つかるパターンもあり)
人身売買の犯罪集団がここにはいるらしい。
しかし、ディズニーランドは夢の国なので、その情報はどこにも流れず、秘密にされているそうだよ。
気をつけなくちゃ。怖いわねえ。


まあ、こんな話です。
人身売買組織が、日本で暗躍して、子供をさらいまくっている。
これが、陰謀系ですね。
ディズニーランドみたいな、すごい有名なところには、絶対何か暗い秘密があるに決まっている。
これが、有名なものや人は、裏で何かやっているに違いない、という発想です。

人はどこかで、私が知らない隠されたものがあるに違いない、という思いがデフォルトで存在するようで。
何もないよ、と言われても、でもな〜、何かあるでしょ?
と思ってしまうものらしいです。
この辺りの心理を突いて、いかにも本当っぽいよねと思わせるわけです。

なかなか、面白い話を、ありがとうございました。

ところで、集団ストーカーですが。
私も、集団ストーカーにあっている、と主張する人の大半は、統合失調症だと思いますよ。
(まあ中には、友達同士の悪ふざけで、実際やる人もいるかもしれませんが)
あっ、じゃあこれで私にも800円入るんでしょうか。
それは嬉しいなあ。
今まで何度も主張してきましたが、1回も報酬もらったこと無いんですよ。

という冗談は置いといて。
そういう、一種の後日談みたいなものまで噂に組み込まれている辺りが、面白いところですよね。

No.1054 2010/07/21(Wed) 22:20:03


名無し / 名無し 引用

ロックフェラー、ロスチャイルドはカーネル・サンダース

No.1043 2010/06/18(Fri) 18:08:48


都市伝説] / 怒る!大火山事務局 引用

初めまして、都市伝説・心霊現象を研究してます。

「クレヨンしんちゃんの誕生の秘密」

もはや国民的アニメともいえる「クレヨンしんちゃん」には、作者のとても悲しい秘話が隠されている。 実は野原家は巨大某宗教団体の信者であった。巨大某宗教団体に入った原因は隣のおばさんが巨大某宗教団体の信者で、みさえを巨体某宗教団体に勧誘したそうです。「みっち&よしりん・四郎さん」も、みさえの宗教の勧誘によって某宗教団体の信者になりました。野原しんのすけは綺麗なおねいさんにナンパ行為をしますが本当は宗教の勧誘でした。

クレヨンしんちゃん宗教と検索すれば出てきます。


「タイムマシンは既に完成している」

ジョン・タイターさんをご存知でしょうか?
2036年から来た未来人ですが、実は現代であり、未来人ではない、彼が公開したタイム・マシンはエリア51で開発されたタイム・マシンなのです。UFOも実はタイム・マシンの乗り物です。

「コックリさんの真実」

実はコックリさんは呪いでもありません
このゲームはイジメの為のゲームなのです。
これがコックリさんの本当のゲームの真実です。
「説明」
例えばイジメる相手を適当に決めて4人でコックリさんを実行します。
10円に4人で指を押さえて動的に10円が動くと言う設定ですが、
実は指先を立てたら誰でも指が勝手に動いてしまうのです。そしてプレイを開始します。最初は普通の質問をコックリさんに質問しますその後にイジメる相手の名前を出して「○○さんはこの先どうなりますか?」と聞いた真似をして、コックリさんが答えたかの様に「○○さんは今後は幸せに成れずにずっと不幸でしょう」などコックリさんに言わせます。そうするとイジメられた相手が精神的に狂ってしまって、コックリさんに呪われたなどを売り文句で精神不安定にさせます。これが本当のコックリさんの真実です。

No.1039 2010/05/23(Sun) 12:58:04

 
Re: 都市伝説] / 史都玲沙 引用

こんにちは。初めまして。
お名前、怒る!大火山事務局さんでよろしいのでしょうか?
いろいろ書き込み、ありがとうございます。
ウチは、基本的にウワサ話(人から聞いた、本当にあったんだよ、と言って囁かれる話)がメインで、心霊現象は範疇外なのですが
(心霊現象は、基本的には人から聞いた話ではなく、個人の体験が中心なので)
でも、こっくりさんの話は、バリエーションが多いので、集めております。
どうも、ありがとうございました。(^.^)

今回書かれた、こっくりさんの話、というのは、どの辺りから出てきたお話でしょうか?
事務局さん自身が、どこかで聞かれたウワサ話ですか?
それとも、ネットで流れているのでしょうか。
もし解るようなら、いつ頃、どの辺りで流れていたお話なのか、教えていただけましたらとても嬉しいです。

「クレヨンしんちゃんの…」は、サザエさんの最終回とか、その辺りと同じ類いのウワサ話ですね。
やっぱり、有名な作品にはいくつか噂があるようで。
特に、ファミリー向けのものほど、毒を含んだ話が流れていたりして。
その辺りの心理も、考えてみたら面白そうです。
クレヨンしんちゃんは、私は初めて聞いたので、とても興味深かったです。

「タイムマシンは…」は、どこで聞かれた噂でしょうか。
ジョン・タイターさんという方は知らないのですが、もしかしたら、その方が、そういう感じの本を出版されているとかなのでしょうか。
トンデモ本の類いっぽくて、ちょっと面白そうです。

No.1040 2010/05/23(Sun) 18:07:50

 
Re: 都市伝説] / 怒る!大火山事務局 引用

お名前は怒る!大火山事務局にしてますが僕のサイトでは閻魔と言うニックネームにしています。
こっくりさんは実際に友人と200回以上もプレイをしましたが呪われる事が無かったです。霊感の強い友人にもこっくりさんをチャレンジしましたが、霊的な事は一切、感じなかったと言ってました。

ジョンタイターさんはテレビでも話題になった有名な人物です。

突然でありますが、良かったら僕のサイトのリンクを貼って頂いても可能でしょうか?僕のサイトではホラー小説など書いております。宜しくお願いします。

No.1041 2010/05/23(Sun) 18:58:47

 
Re: 都市伝説] / 史都玲沙 引用

ああ、すみません。
こっくりさんの呪いが本当にあるかどうかではなくて、このお話はどこから流れてきたのか、その辺りが知りたかったのです。
こっくりさんには地域性や時代性があって、それぞれ流れる噂もいろいろ違いがあります。
その辺りを集めて分類したら面白そうかな、と思いまして。
このウワサ話は、どの辺りの地域で囁かれて、時代はどれくらい前の話なのか、もし解るようでしたら、教えてやってください。
もちろん、解らないのでしたら、それはそれで構いませんので。

リンクは構わないのですが、「怖い話をしよう」のサイトの方には、リンクページがありません。
もし貼るとしたら、私個人のサイトから、ということになりますが、それでも構いませんでしょうか。
それと、そちらも当サイトにリンクを貼ってくださるということでしょうか。
その辺りも、よく解らないので、よろしくお願いします。

No.1042 2010/05/24(Mon) 15:28:03


都市伝説?ただの怪談? / kaba 引用

私の上司は心霊話が大好き、でもまったく信じていないという人です。最近その上司から「埼玉県新座市にある平林寺周辺の道には怖い話が好きな人たちに有名な話がある」と聞きました。

平林寺(へいりんじ)のそばには幹線道路が走っています。
実際私も平林寺に行ったことがあるのですが、境内の静けさとは対照的に大変交通量の多い道路です。
そこの道路から直角に伸びた小さな道路は行き止まりになっている場合が多く、夜その小道に迷い込むと異界に誘われて出るのに大変な時間がかかってしまうという話があるそうです。
その上司が「自分の友人から『私の友人の友人がそんな目にあった』と聞いた。」と話していました。
ただし「友人の友人って、典型的な都市伝説の語り口だよね。」とセルフツッコミをしていましたが。

地図で見る限りは行き止まりになる小道が多いのは事実のようですし、その上司自身が車でそのあたりを通ったときにも幹線道路を離れると方向が通りぬけが難しいと言っていました。
平林寺自体も古いお寺であり近辺の土地には古くからお住まいの方も多いでしょうから、道路が入り組んでくるのは不思議ではないと私は思っています。

一見ただの心霊話ですが、「友人の友人が体験した事実」ということでそれなりに話が広まっていそうだと言うこと、また、道に迷い込んだらなかなか目的地にたどり着けないという話のモチーフは昔から語り継がれてきたことですし、ほかにも似たような話があるのではないかと思い、書き込みを致しました。

余談ですが、平林寺自体は境内には国の天然記念物に指定された雑木林が美しく、山門を初めとして見所の多いところです。
お近くの方はぜひいらして見てください。

No.1037 2010/05/07(Fri) 20:20:32

 
Re: 都市伝説?ただの怪談? / 史都玲沙 引用

面白いお話、ありがとうございました。\(^▽^)/
都市伝説の定義に入るかどうかはともかく、いかにも「ありそう」辺りがそそりますよね。
行き止まりが多い細かい道なんかが何本もあったら、方向音痴の私なら、異界に入り込まなくても確実に迷うでしょうし。
そういう体験をした人が何人もいたら、噂も広がっていく気がします。

曲がり角を一つ間違えただけで、永遠に路地から出られない。
というのは、私には実感をともなった恐怖です。
そして、ぐるぐるしているうちに、妙な異界に紛れ込んだ気分になるのも確かです。
古くからある「迷い込む恐怖」と、近所にあるウワサ話が上手く合体した話、という感じがしますよね。

No.1038 2010/05/08(Sat) 20:53:58


無題 / 姶良 引用

関西にはあるチームが存在するらしいです。

暴走族らしいのですが人に危害を加えたりはせず、壁の落書きを消したり公園のゴミ拾いをしたりと、私の偏見かもしれないのですが、暴走族らしかぬことをするんです。

この噂(?)を友人達にしたのですが、その内の三人がこの話を知っていました。しかも一人は噂をまったくといっていいほど信じない人なのですが、この噂を信じていました。どちらかと言えば真面目で嘘をつけない人なので思わず信じてしまいそうになりました。

この噂は本当なんでしょうかね?

No.1035 2010/03/24(Wed) 21:39:29

 
Re: 無題 / 史都玲沙 引用

書き込みありがとうございます。
姶良さんは、関西の方なのでしょうか?
それはネットとかではなく、実際にウワサ話として聞いたのですか?
もし本当なら、近くに住んでいたら、実際に落描きを消した現場とかが見られるかもしれませんよね。

なんとなく、最近はやりのラノベにそんなグループが出てくる話があったのを思い出しました。

No.1036 2010/03/26(Fri) 21:25:55


ペリー・ローダン / kaba 引用

この話はどれだけ巷間に出回っていたのかは自分でも疑問ですが、これは「物語の最終回」系に近い話だと思ったので書いてみます。

ご存知の方はご存知だと思いますが、「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズは1961年から現在まで続く、複数の著者が存在するリレー形式のSF小説です。
初期の頃の著者はすでに亡くなっていますが、新しい著者が次々と物語を進めていつ終わるともわからない物語です。

私が聞いた話は
「もう臨終近いファンにだけは、特別ナイショで最終回がどうなるかを教えてくれる。」
というものです。
20数年前にSFファンの友人から聞きました。
友人自身も「こんな話があるんだけど(笑)」という感じで話してくれましたが。ほんの一瞬だけ(本当に一瞬だけですよ)信じてしまいました。
この話のポイントが、有名ながらも、SFファンあるいは読書好きの人しか知らない小説のため、出回りにくい話ではあると思います。

No.1033 2010/03/23(Tue) 19:57:17

 
Re: ペリー・ローダン / 史都玲沙 引用

書き込み、ありがとうございます。
ここの掲示板は、怖い系のウワサ話がメインですが、こういうのもいいですね。
好きです。こういうウワサ話。

ペリー・ローダンに最終回なんてあるのか?
と、思ってしまいますが(笑)
(一人の人が書いているなら最終回もありそうですが。複数の人が書いていますからねえ。書き手がどんどん死んでも、どんどん次の人が書いていくし。永久に続けられそうだ)

私は十数巻で、早々に挫折したクチなので、ペリー・ローダンの最終回はどうでもいいですが。
臨終に近いファンだけには、最終回をぜひ教えて欲しい作品は、幾つもありますよね。
「ガラスの仮面」とか〜。「グイン・サーガ」はもう無理だけど。
無理なものとしては、アイザック・アシモフの「ロボットシリーズ」の続きも教えて欲しかったです。

No.1034 2010/03/23(Tue) 20:12:28


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Skin: Modern v1.12 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS