04449

2018.04.10  診療スケジュールNo.324
当院の通常の診療スケジュールは下記であります。

一般診療受付時間は下記の3日間だけですが、2018年4月現在、投薬だけの安定している患者さま方が増加した事と、遠隔ビデオ電話診療が普及した事により、一般診察も、それほど混んでおりません。

更に、2018年4月、厚生労働省より、スマフォなどによる遠隔ビデオ電話診療(診察代は、当院では2019年までは無料・お薬代のみかかります。薬は後日取りに来ていただくか、または1週間後でよろしければ配送<代引き>させて頂きます。)の推進の通達があった事により、今後日本全体で、遠隔ビデオ電話診療が広がっていく事でしょう。

もちろん、お越しいただき、詳細に(マイクロスコープ診断も行い)診断させて頂くのがベストであります。直接診療させていただく事が、その患者さまにとっても、最もメリットがございます。
今まで、何年も十何年もお越しいただき、膨大な臨床データをお持ちの当院患者さまで、ご介護やお子育て、お仕事、ご引っ越しなどなどで、来院されるのが、難しくなった方に関して、遠隔ビデオ電話診療により、今まで通り適切なお薬・メディカルスキンケア製剤をお使いいただく、という意味で、遠隔ビデオ電話診療が生きてくるのだろう、と考えております。

ビデオ電話診療予約は、再診患者さまならいつでもお取りできますが、医療ですので、疾患(例えば、悪性腫瘍や膠原病など)や状態によっては、ビデオ電話診療が不可能な場合もございます。ご理解いただけますようお願い申し上げます。


*当院での「再診」とは、1989年(平成元年)開院以来、1度でも診察を受けられ、パソコン記録に載っている患者さまなら、すべて遠隔ビデオ電話診療上、「再診」とさせて頂きます。


 <一般診療受付時間(=診療時間)>

火曜  正午〜PM3:00    PM5:00〜7:00
    (初診・再診)       (再診のみ)
     
水曜  正午〜PM3:00    (夕方診療)なし
    (初診・再診)

木曜  正午〜PM3:00      PM5:00〜7:00 
    (初診・再診)       (再診のみ)


 < 予約診療受付時間帯 >

火曜・水曜・木曜 午後3:30, 4:00, 4:30, 5:00の4枠   (初診・再診)

金曜 処置・レーザー手術・皮膚外科手術
(再診のみ)
(予約受付時間帯 PM2:00〜PM7:00)
*月曜は院長研究日ですが、院長在院の月曜は
  処置・レーザー手術・皮膚外科手術(再診のみ)
  (予約受付時間帯 PM3:00〜PM7:00)を行っております。


池野皮膚科形成外科クリニック
     (TEL 0335381344)
 


2018.03.06  最近、よくいただくご質問No.322
1、そちらのニキビ治療で、ケミカルピーリングやレーザー治療はしていますか?

<解答>
当院は、2018年現在の21世紀の(欧米皮膚科学会で証明された)最新治療を行っており、1990年代に欧米で行われていたケミカルピーリングでは、治療効果(改善スピード・ニキビ跡・完治=新生ニキビストップ)の面で大幅に有効性に乏しい事と、6か月以上のメインテナンス(ひと月にニキビ2個以内)データがない事により、1997年以降行っておりません。また、レーザーや光治療も、活性酸素が施術後に発生してしまうため、やっている限り、新生ニキビが発生するので、むしろ逆効果です。30個以上ニキビのある患者さんが、一時的に半分に減らすためにやるだけなら(限定的にやるだけなら)、いいですが、完治には逆効果です。

欧米最新研究を理解している皮膚科専門医なら、ケミカルピーリングもレーザー・光治療も、一時的な効果しかなく、新生ニキビを完全に抑え込めない事を理解しているはずです。(メカニズム的には、専門的ですが、NLRP3inflammasomeの発現を抑え込め、一重項酸素やヒドロキシラジカルという活性酸素を抑え込め、できれば好中球NETOSISも抑え込める治療でないとニキビをなおせません。これらの事を担当医師に質問していただければ、その治療で治せるのかどうか、判断できるでしょう。)


2、食べ物(スイーツ・ピーナッツ・揚げ物)はニキビの悪化に関係していますか?

<解答>
一切、関係ありません。

食べ物に関しては、IGF研究やmTORC1・FoxO1研究の権威のB.MelnikやM.Cappel,D.Thiboutotらが、いろいろニキビ炎症の悪化因子や炎症経過の論文を出していますが、けっきょくB.Melnikの最終的な結論は、論文上、旧石器時代の食事を6か月続ければ、ニキビは抑え込める、とのべています。
では、実際の究極のニキビ撲滅食事がどんなものかというと、肉・魚・玉子・米・パン・パスタ・果物・スイーツなど一切やめ、ドレッシングをかけない(塩と胡椒のみ)野菜と木の実だけを食べ続ける事、という事なのです。
 つまり、少々、甘いものやナッツ類、揚げ物を避けただけでは全然意味がなく、現代社会では、不可能に近い、野菜と木の実だけを6か月続けない限り、ニキビの原因の活性酸素を抑え込めない、という結論です。
まず不可能だと考えています。
(絶対にこの食事療法は行わないでください。たとえ、ニキビが治っても、栄養学上、食べる野菜や木の実にかたよりがあると、1か月以上続けると重篤な健康被害が起こってしまいます。)

だから、現代生活をつづけながら、ニキビの原因の活性酸素を十分に抑え込もう、とするなら、5%リン酸ビタミンCローションを毎日、化粧水としてぬる事が、一番重要なのです。
現在の日本で広くニキビに処方されているディフェリンゲルやエピデュオゲル、デュアック、ベピオゲルでは、出ているニキビは少しは抑えられても、根本原因の活性酸素を全く抑え込めないので、いつまでたっても、ニキビがでてきてしまうのです。



3、 最近、池野クリニックさんは、ニキビや美容皮膚、アンチエイジング以外の事、つまり、湿疹やかぶれ、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などでも、診てもらえますか?保険で診て頂けますか?

<解答>
当然、当院院長は、日本皮膚科学会公認皮膚科専門医でございますので、ニキビ・美容皮膚・アンチエイジング以外でも、すべての皮膚科疾患を保険診療で診察させていただいております。(ニキビ・美容皮膚科は自費診療)
当院院長のニキビ(尋常性ざ瘡)病因メカニズム・ニキビ治療、ニキビ跡治療、赤ら顔治療、アンチエイジング治療におけるリン酸ビタミンC研究が、たまたま世界の皮膚科専門誌・米国皮膚科学会・ヨーロッパ研究皮膚科学会で、再三取り上げられ、共同研究も多いため、リン酸ビタミンC研究の中心だとか、リン酸ビタミンC臨床データ量最大保有と報じられているため、ニキビやアンチエイジング専門、と思われがちですが、当院では、湿疹・敏感肌・かぶれ(接触性皮膚炎)・アトピ―性皮膚炎なども、30年前より普通に診療しております。

どうぞ、どのような皮膚疾患でも、今の時代の最前線の治療を、(ニキビ・美容皮膚治療以外は)保険範囲内で、提供させていただいおります。

ふるって、ご診察をお受けください。

池野皮膚科形成外科クリニック


2018.02.08  花粉症皮膚炎が、花粉+PM2.5皮膚炎と変ってきています。No.321
@お知らせ1
 ここ十年、花粉症でない人々でも、この時期、花粉が顔皮膚につく事による花粉症皮膚炎が増えていますが、その花粉症皮膚炎が、最近数年で、中国方面からの害悪化しているPM2.5がまじりあうことにより、言わば、花粉+PM2.5 皮膚炎となってきております。

花粉+PM2.5 皮膚炎は、花粉症皮膚炎よりも数倍、10数倍、増悪してきているのです。10年前とくらべ、花粉+PM2.5の混在物がついた顔皮膚に紫外線が当たると、花粉だけのときに比べて、数倍から数十倍の活性酸素が発生してしまい、それが、ニキビやシミ、肌の老化だけでなく、皮膚細胞の癌化まで、引き起こしてしまうのです。

これらの発生する活性酸素除去に対して、および損傷皮膚細胞DNA修復効果に関して、2017年3月の皮膚の世界最高峰専門誌Investigative Dermatologyで、最も効果のある外用剤が、リン酸ビタミンC(VCローション、VCミルクの主成分)である事が証明されているのです。
どうぞ、皆さま、リン酸ビタミンC製剤を、毎日、日常のスキンケアとしてお使いください。当院患者さまでない方々も、大都市、または県庁所在地にある皮膚科さまを受診頂ければ、手に入る事と思われます。どうぞ、皆さま、現実をご認識ください。

*日本の皮膚科の先生方は(日本が世界でも稀な皆保険の国であるため)日常診療に忙殺され、リン酸ビタミンCの事はご存じない先生方もいらっしゃいますが、アトピーの治療や活性酸素除去治療と同じメカニズムであるNLRP3inflammasome活性阻止(ごめんなさい。専門用語でわかりにくくて。)だと、おっしゃて頂ければ、扱っているところなら、リン酸ビタミンC製剤を処方して頂ける事でしょう。


Aお知らせ2
ニキビやアンチエイジングに関する治療がどんどん進化しています。

そのため、院長池野はどんどん新しい知見を日常診療に活かしたい、と考えております。
ここ3年4年、欧米学会のニキビメカニズム研究、スキンケア・アンチエイジング研究で、続々と効果・作用機序が明らかになった、リン酸ビタミンCと、その類似作用を持つダプソンゲル(2017年5月7.5%濃度米国にて処方開始・当院では2016年12月より先行処方済み)や、クリンダマイシン・ミノサイクリンローション(2018年米国で処方予定・当院にて先行処方済み)、2%及び4%リン酸ビタミンEローション(2020年スイスで新処方予定・当院にて1月先行処方済み)といった新規薬剤の、ニキビ、ニキビ跡改善・アンチエイジングへの多機能相乗効果(活性酸素除去・NLRP3inflammasome活性抑制・myeloperoxidaseブロック・NET連鎖抑制・皮脂分泌抑制・毛のう閉塞改善・テロメア保全・DNA損傷修復)を、ニキビ炎症やアンチエイジング治療の状態に応じて、使い分け、また、ご希望の患者さま方には、最新各種レーザー治療も追加して、世界中のどこよりも、どの病院よりも、どこの国の最先端医療機関よりも、早く、綺麗に、より若く治っていただけるよう、潤沢な新規薬剤を駆使したい、と院長池野は考えております。池野は本気でございます。ここ数年の欧米でのゆるぎない実績、及びここ数か月の新規薬剤のVISIA(最先端肌分析機、全米皮膚科学会公認)での著明な有効性の結果が、ますます池野に自信を深めさせております。

診察をお受けの患者さまには、どのような最新研究に関して、ご質問いただいても、すべて、わかりやすく説明させていただきます。

池野皮膚科形成外科クリニック


2018.01.10  新年あけましておめでとうございます。No.319
 2018年になりました。
寒波の報道がありますが、皆さまおからだにお変わりございませんでしょうか?

今年で「平成」が終わるかと思うと、平成元年に開業し、診療活動をはじめたわたくしにとっては、一つの区切りになるのかな?とも思います。
とは言え、何かを変えるわけではなく、
これからも毎日毎日、一日ずつ、お一人さまずつの時間を丁寧にしてまいりたいと、あらためて考えさせていただいております。

ここ数年、診療年数に比例して、患者さま皆さまからさまざまな個人的なお話をうかがっております。

例えば……
結婚しました
介護を始めました
子供が生まれました
家族を見送りました
災害に遭いました
被害から立ち直りました
………
よろこばしいことも、たいへんなことも、お話しくださいます事にいつも感謝しております。

そしてどのような状況にいらっしゃいます方にも、わたくしは、それぞれの方に心からエールをお送りさせていただきたいと思っております。

よろこばしいことなら心からのお祝いを、
たいへんなことなら心からの応援をお贈りします。

どのような方々にも、今年もよい年でありますよう、精一杯のエールをお贈りします。

今年も皆さまおすこやかにおすごしくださいませ。

池野皮膚科形成外科クリニック  池野 宏


2017.12.12  2018年米国で処方開始予定の新薬を先んじて処方開始いたしました。No.315
 2018年、米国で、ニキビ(尋常性ざ瘡)の新しいぬりぐすりとして処方開始予定の、1%ミノサイクリンローションを米国に先んじて、処方開始いたしました。
 医師法・薬事法・公衆衛生上の法律、及び特許侵害に関する法律など、すべての関連する法律にクリアできた事が確認できたので、本日12日より院内処方を開始いたしました。(耐性菌出現の問題もクリアしました。)


 1%ミノサイクリンローションだけでもかなりの効果ですが、当院処方の(欧米処方の)クリンダマイシン(Dalacin)ローション+VCローション+VCミルクと併用すると、卓越した有効性が期待できます。さらにしこりのあるニキビに有効なダプソンゲルやディフェレチンゲルの効果さえも高めます。

診察時に医師が必要と判断した患者さまには、当分の間、サンプル処方させて頂きます。
米国での再三の治験でも、重篤な副作用は全く報告されておらず、数%の患者さまに、かゆみや数日の軽い赤みがでる程度でございます。


池野皮膚科形成外科クリニック


2017.11.30  脂漏性皮膚炎の新薬、導入いたしました。No.314
 脂漏性皮膚炎(顔・頭)の米国(院内製剤)の新薬(ぬり薬)導入いたしました。サンプル処方、開始いたします。

従来、日本では、ステロイドやプロトピック、または抗真菌薬(ニゾラールなど)が使用されてきましたが、ステロイドでは長期使用で副作用が出ますし、ニゾラールヤプロトピックでは効果が弱いだけでなく根本治療にもなりません。また、脂漏性皮膚炎に伴う顔の赤みにも、どの治療も無効でございます。
当院で赤みに成果の上がっているVE(リン酸ビタミンE)ローションの効果も、この新薬との併用により、更に上昇し、中には100%に近い赤みの消失の実現できた患者さま達もいらっしゃいます。このうちのお二人のご厚意で、診察時ご希望の患者様には、治療効果の臨床写真を供覧させていただきます。

この新薬は、2016年初めより、米国で院内製剤として使われており、今回、共同研究先から承認がおり、本日(11月30日)よりサンプル処方を開始いたします。副作用のほとんどない事(1%の患者様がが弱い痒みを感じられます。)と、完治の見込める新薬でございます。

池野皮膚科形成外科クリニック


2017.10.10  より多くの方にご理解いただきたいお知らせNo.308
<お知らせ1>
大学病院の先生方のご努力にもかかわらず、日本のざ瘡(ニキビ)外用薬(ぬりぐすり)が、欧米に比べ、大幅に遅れています。ネットでは、ほとんど正確な情報が伝わりませんし、日本の国民の風習として、ニキビ情報を英語の医療サイトで検証する、という事が(マスコミも含め)ほとんどされないので、10年どころか、20年、30年前の情報がネット・女性雑誌では行きかっております。
例えば、2016年に認可された3つの新しいニキビのぬりぐすりが、新しい、新しいとネットで言われておりますが、全く欧米からみると、新しくありません。
 
 どういう事かといいますと、
2016年に認可されたニキビ外用剤(ぬりぐすり)に、エピデュオ(Epiduo Gel)、デュアック(Duac Gel)、ベピオ(Bepio Gel)がありますが、それぞれ欧米で認可されたのは、エピデュオ2008年、デュアック2002年、ベピオの主成分ベンゾイルパーオキサイドに至っては、最初のFDA仮認可で1982年なのです。ネットや皮膚科医が、新しい薬だと伝えている(ベピオゲルの主成分)ベンゾイルパーオキサイドは、米国では35年前からの薬なのです。よって、ニキビひとつとっても、欧米のように、完治する、跡の赤みや色素沈着がほぼ100%消える、というレベルにはほど遠いのでございます。
 2017年レベルの最新情報は、肌に関してなら、どのような事も、診察時院長にお尋ねください。今風に言うと、超最先端の情報をシェアしていただきます。

<お知らせ2>
2017年9月のヨーロッパ研究皮膚科学会での諸大学の研究報告、及び当院とヨーロッパの大学との共同研究成果より、リン酸ビタミンC(VCローションやVC乳液の主成分)がニキビやアンチエイジングだけでなく、ステロイド皮膚炎やステロイド依存皮膚症の治療に、極めて有効な事が証明されつつあります。
特に、保湿やバリア機能に重要なセラミド合成には、リン酸ビタミンC由来のビタミンCが必要不可欠な事と、正常表皮再生に必要な諸酵素反応維持・継続に、やはり、ビタミンCが必須条件だという事も証明されました。

つまり、ステロイド依存皮膚症治療におけるステロイド離脱が、リン酸ビタミンCにより、確実に行えるようになったのです。
この関連で、アトピ―性皮膚炎・慢性皮膚炎・頭や顔の難治性脂漏性皮膚炎にまで有効な事が示唆されてまいりました。

まとめると、リン酸ビタミンCは、肌の健康・正常化・美肌に、最も重要な要素である事が証明されたのです。

<お知らせ3>
最近たびたび診察時やお電話で、このようなご質問をいただきますので、ここにお知らせいたします。
質問内容;
「ちまたには、いろいろなビタミンCやビタミンC誘導体がありますが、どれがいいのですか?どれも同じなのですか?」
お答え;
 「簡潔にいいますと、活性酸素除去・コラーゲン生成・メラニン抑制・セラミド合成・ニキビ改善効果が、純粋なビタミンC(アスコルビン酸)にありますが、それが人間の皮膚で実際に働く事が医学的に証明されているのは、当院VCローション及びVC製剤の主成分のリン酸ビタミンCだけです。他の何十種類もあるビタミンC誘導体の中で、医学的効果が唯一証明されているのがAPPS(パルミチン酸リン酸ビタミンC)のシミへの効果です。つまり、最近化粧品会社や病院でよく使われているビタミンCエチルやビタミンCグルコシドは、製造メーカーの社内研究でそれぞれの効果をうたってるだけで、欧米医学的・皮膚科学的には全く証明されておりません。その証拠に、それぞれのビタミンC誘導体の医学的効果の証明された医学論文を提示してください、と化粧品メーカーなり処方された病院に問い合わせていただくと、(前述しました)リン酸ビタミンCとAPPS以外の医学論文が存在しない、事がはっきりするでしょう。
まとめますと、すべてのビタミンC効果を肌で実現できる事が証明されているのはリン酸ビタミンCだけで、シミへの効果のみ、APPSで証明されています。だから、ニキビには、圧倒的にAPPSよりリン酸ビタミンCの方が効果があるのです。あとのビタミンC(誘導体)は全く効果がありません。」
とにかく、APPSはシミだけには有効で、すべてに有効なのはリン酸ビタミンCだけで、その他のどのビタミンC誘導体も、ほとんど人間の肌で効果がございませんので、どうぞ皆さま、ご注意ください。
何よりも、世界で最も膨大な(実際の)ビタミンC臨床症例を経験し、有効例著効例を報告し、最も多く、最も長くリン酸ビタミンCの臨床医学論文を世界に発表し続けている池野が言ってる事、お伝えしている事なのです。どうぞご理解ください。


<お知らせ4>
幼稚園・小学生・中学生の皆さん、日中は曇りの日でも、日焼け止めを毎日ぬりましょう。ご家族の方々、現実問題として、オゾンホールの拡大と皮膚癌増加の事実をふまえると、毎日、ぬらざるを得ない事をご理解いただける事でしょう。



池野皮膚科形成外科クリニック  院長  池野 宏

99/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> ]