08616

2017.06.12  VCローションとダラシンローションの有効性No.291
 当院のニキビへのメイン治療のVCローションとダラシンローションの有効性を証明する医学研究が続々と発表されています。

たとえば、ダラシンローションは抗生物質で、普通、数か月や数年使うと菌抵抗性が出て、効かなくなる、と全世界で、耐性菌が問題になってきてますが、当院では、この30年間、常に第一選択薬(初診のニキビの患者さまに、初めに出す薬、という意味)として、使い、有効性を保持しています。

なぜでしょう?
それは、世界でも最も耐性菌を問題にしている米国でも、池野クリニックと同じ事が行われているのです。つまり、30年前から使われているダラシンローションがいまだに第一選択薬(単独でも、併用薬<例えばディアックゲル>でも)として、使われているばかりか、ダラシンローションと類似の抗生物質であるミノサイクリン(ミノマイシン)が、今年か来年に、外用剤(ぬりぐすり)として認可されるのです。
7,8年前から、耐性菌の問題で、外用剤としても抗生物質は、頻繁に使うべきでない、と内科学会が提言したにもかかわらず、なぜ、最新薬として抗生物質外用が認可されようとしているのでしょう??

それは、ダラシンローションにも、ミノマイシンにも、抗生物質以上に抗酸化・活性酸素除去作用があるからなのです。抗生物質としていくら耐性菌がでても、活性酸素除去や抗酸化の作用は、化学反応なので、この化学反応が長年の使用で、効かなくなる、なんて事は、物理化学上、あり得ないのです。

皆さま、中学のときに、
  HCL + NaOH → H2O + NaCL
(塩酸と水酸化ナトリウムを反応させると、水と食塩になる反応)を習われたと思いますが、100回目には、この反応が起こらない事がある、とか1年毎日同じ反応させると、1年目にこの反応が起こらなくなる、なんて、聞いた事、ないですよね。
この事が、理解して頂けるなら、ダラシンローションに耐性菌が、たとえできても全く問題なく、ニキビに効果が出せる事をご理解いただける、と思います。
だから、ダラシンやミノマイシン以外の抗生物質は、それほど活性酸素除去効果がないので、ニキビに一定期間しか、効かないのです。

ビタミンCのニキビへの有効性は、活性酸素除去に始まり、セラミド合成・メラニン抑制・コラーゲン合成・NLRP3inflammasome活性抑制・好中球NETosis抑制など、これでもか、これでもか、というたぐいに、ここ1,2年で、数々の最新論文で、裏付けられてきています。

それに加えて、リン酸ビタミンEや、ダプソンを使いこなしていけば、当院患者さまたちには、当たり前の事ですが、ニキビを完治させ、数年から数十年、完治を維持し(数年から数十年など世界中のどの病院でも実現しておりません。)赤みや色素沈着を消す事も、全然難しい事ではないのです。

どうか、皆さま、この紫外線や環境の悪化した地球で、きれいな肌を維持するには、リン酸ビタミンCローションや乳液・クリームをお使いください。

池野皮膚科形成外科クリニック
       院長  池野   宏


2017.06.07  2017年、21世紀のスキンケア、ますますビタミンCの時代へNo.290
 2017年も上半期が終わろうとしていますが、スキンケア、美容皮膚科学は、ますますビタミンC、ビタミンEの時代へと変貌しております。

@紫外線増悪からの肌の保護・予防
Aあらゆる病気の病態生理学からの活性酸素種の深刻性
B最新炎症理論のひとつの好中球細胞外トラップ理論でのビタミンCの重要性

@においては、コラム274でも説明いたしましたように、(長年、院長池野が口をすっぱくして繰り返し言ってる事ですが)年々強くなる紫外線や、破壊されたオゾン粒子により悪化している皮膚障害や、白人世界で深刻化している皮膚癌増加に対して、第一線で最も防ぐのが、外用ビタミンCであった、という研究結果が、世界NO.1の皮膚専門誌JIDで発表されております。
Aの皮膚領域に関して、日々発生する活性酸素種の80%が(リン酸)ビタミンCで、残り20%が(リン酸)ビタミンEで除去できる、という数々の論文報告
B今、注目されているは好中球NETosisに関しても、(リン酸)ビタミンCで抑えられる、という研究結果がでているのです。

つまり、皮膚障害のあらゆる領域で、(リン酸)ビタミンCと(リン酸)ビタミンEが、ことごとく、働いている、という科学的事実と、それを臨床の場で、実行している当院の欧米での実績とが、見事に融合してきているのです。

今後、人類の皮膚を守っていけるのは、(リン酸)ビタミンCと(リン酸)ビタミンEだという事を、ここにもう一度、強調しておきます。
そのリン酸ビタミンCを、世界に先駆け、1998年から、当院が使ってきた、という重みを院長・スタッフ自覚し、日々の診療に向き合ってまいります。

2017年6月7日
池野皮膚科形成外科クリニック


2017.06.05  あせものぬり薬No.289
 5月の4週目、5週目の真夏日のような暑い夏日が続いたせいで、この1週間、とびひや汗も、日焼けによる日光皮膚炎の患者さま方が急増いたしております。皆様、梅雨の時期も近づいておりますが、真夏と想定して、日光・汗対策、なさってくださいませ。

ちなみに当院では、あせも治療として、自費にはなりますが、
  オリジナルローション(通称 あせもローション)
      100ml  1000円+消費税
  亜鉛華軟膏 (あせもに効果)
      10g  300円+消費税

  を処方しております。診察時お申し出ください。

  池野皮膚科形成外科クリニック


2017.04.19  背中のニキビNo.287
 背中のニキビ治療に関して、最先端メカニズム・最新治療報告に基づき、正確な(確実な)有効性のある説明をいたします。

今年夏まで(8月)までに治したい、跡を綺麗にしたい、と考えていらっしゃる患者様方は、遅くとも5月末までにご受診ください。6月以降になると、たとえ8月に治ったとしても、赤みや色素沈着が消えません。

欧米学会で再三繰り返し、報告されているように、背中のニキビの炎症は、顔に比べて、非常に深い部分まで浸潤しているので(毛穴の炎症であるニキビにおいて、背中の毛穴は、顔より数倍深い)、ケミカルピーリングやレーザー・LEDは無効で、たとえ一時的に改善しても、深い部分でくすぶっているので、1か月後に再発してしまいます。

直接原因の活性酸素を深いところまで除去し、毛穴に抗炎症効果のあるダプソンゲル(日本ではまだ未認可。当院院内処方有)・欧米仕様(日本の保険薬のダラシンは不可)ダラシンローション(深部までの活性酸素除去に有効。抗菌剤として使用するわけではないから菌耐性の問題もクリア)などで、徹底的に深いところの炎症を抑えないと、毛穴の背中のニキビは完治いたしません。しかも、深いので、少なくとも3か月の継続的な徹底治療が必要なのです(できれば4か月以上)。
日本の保険薬の、ディフェリンゲルやデュアック、エピデュオゲル、ベピオゲルも、それなりにいい薬ではありますが、残念ながら、背中のニキビには、それほど効果がありません。

背中のニキビで来院された患者さまたちには、当院でしかお伝えできない豊富な、数か月後の、ニキビゼロ、赤み・色素沈着の消えた(同一人物だと学会で証明されたお墨付きの)多くの症例写真を、お見せし、詳しいメカニズムを、小学生のお子様にでもお分かりいただけるように、クリアに説明させていただきます。これらの症例写真は、過去の全米皮膚科学会・ドバイ美容学会などで報告した、世界でも数少ない(6か月以上の経過後の再発なしが証明された)背中ニキビ完治症例写真で、該当患者さまたちの御好意で、お見せできるものです。

背中のニキビにお困りの方は、たとえ10年以上治らない方でも、4か月から6か月あれば十分治ります(あえて、「治ります」と言います。もちろん、顔や首のニキビなら、更に治ります。)。ぜひぜひ、当院の欧米学会に裏付けられた実績のある治療をおうけください。


池野皮膚科形成外科クリニック 池野 宏


2017.03.28  4月5月の肌トラブル対策No.282
 この時期の肌トラブル対策として、重要な事が、外出時、肌に付着する、花粉・PM2.5・(中国、北朝鮮よりの大気汚染有害)化学物質の混合物です。

ネットやテレビ・新聞では、花粉の事しか載ってませんが、考えてみてください。この広大な大気(日本上空)の中で、膨大な花粉や、(中国、北朝鮮からの汚染大気中の)PM2.5、有害化学物質、有害金属粒子(鉛など)がただよい、集まっているのです。花粉だけが、PM2.5だけが、それだけ単独で混ざらないで、地上にふりそそぐ、なんて事はないのです。ほとんどすべて混ざりあってふりそそぐのです。

ですから、その混合物が、私たちの顔や首に付着するので、それに日中、紫外線があたると、確実に活性酸素が発生する事が医学的に報告されています。どんなにニキビやシミが、きれいに完治しても、上記が起これば、活性酸素がお肌に大量に発生すれば、それらが、ニキビやシミやかぶれの元になってしまいます。

よって、女性の方は、この時期、外ではできる限り、ファンデーション(BBクリームやクッションファンデーションでもOK)を厚く、男性の方でも日焼け止めを(なるべく厚く)ぬりましょう。(活性酸素が発生しても、ファンデや日焼け止めがまず酸化され、肌細胞が直接ダメージを受けるのを、いったんは防げます。)
 

 対策として
@この時期だけは、上記のようにファンデーションを、可能な限り厚めにぬる。(ファンデなどが酸化されるが、ファンデの膜が、肌ダメージの少し防波堤になる。)
A4月5月だけは、タバコをやめる。
  (活性酸素を発生させない。)
B帰宅したら、即、メークを落とし、お風呂につかり、入浴後、お手持ちの化粧水(できればリン酸ビタミンC入り化粧水がbest)でパックを長めにする。
 (活性酸素を取り除く)
Cこの時期だけ、野菜をたくさん食べる。(活性酸素除去のため)

以上、この時期の肌対策、よろしくお願い申し上げます。

紫外線対策としても、PM2.5や花粉からの活性酸素対策としても、今までのコラムで説明しましたように、世界の最高峰の皮膚科専門誌、皮膚科学会において、リン酸ビタミンCローションが、最高の効果が出る、と発表されているわけですので、できれば(当院のものでなくてもいいので)リン酸ビタミンCローションを毎日お使いになる事をお勧めいたします。

池野皮膚科形成外科クリニック


2017.03.03  あごニキビ、首のニキビ、大きなしこりニキビの特効薬のお知らせNo.278
 あごや首の頑固なニキビ、大きなしこりニキビの特効薬ございます。欧米最新医学で実証・証明された特効薬3種類、すべてそろい、それぞれのいろんな濃度の、重症度別にご用意いたしております。あご・首のニキビ、しこりニキビにレーザーやケミカルピーリングを施行すると、瘢痕(傷跡)や消えない赤みになりますので、当院では完治の証明された外用特効薬(下記)しか処方いたしません。
(このタイプのニキビは、コラム268<2ページ>で説明している赤ら顔ニキビではございません。赤ら顔ニキビに関してはコラム268で詳しく説明しております。特効薬に関しても。)


<ダプソンゲル>
10%ダプソンゲル 10g   2500円+消費税
7.5%ダプソンゲル10g   2250円+消費税
5%ダプソンゲル 10g   2000円+消費税
<レチノイン酸ゲル>
0.1%レチノイン酸ゲル 10g 3000円+消費税
0.2%レチノイン酸ゲル 10g 4000円+消費税
0.4%レチノイン酸ゲル 10g 5000円+消費税
<ディフェレチンゲル>
0.05%ディフェレチンゲル 10g3000円+消費税

2017年3月1日より上記価格となっております。一部のものは、値下げさせて頂いております。
(ダプソンゲル、ディフェレチンゲルは院内調剤しておりまして、アジア地域では、当院でしか処方しておりません。)

ただし、レチノイン酸ゲルとディフェレチンゲルに関しましては、診察を受けて頂いた患者さまには(自費診察代1000円+消費税かかりますが)、それぞれ3gサンプルは2個まで、差し上げます。

あごや大きなしこりニキビが、何か月も続くと、跡が消えなくなりますので、跡の赤みやシミ、しこりを残さないためにも、早めに受診される事をお勧めいたします。

池野皮膚科形成外科クリニック 


2017.03.02  SNSやネットで言われているほど、高い診療費ではございません。No.277
 SNS,ネットがこれほど普及して、便利な世の中になりましたが、誤った情報、あるいは、一人歩きしてしまった情報が拡散する危険性もございます。
当池野クリニックは、保険診療機関ですが、美容医療に関しては、厚生労働省が保険を認めないのと、ニキビ治療に関しては、保険薬(抗生剤内服、及び外用のアクアチム・ディフェリン・ベピオ・デュアック・エピデュオなど)では完治しない事から、自費診療となってまいります。ただ、SNSなどで、実際以上に高額な治療費・高額なスキンケア用品、というイメージが広がってしまっています。

実際、お越しになった患者さま方から、ネットだとこの倍以上かかると書いてあった、とか、一部保険でまかなえるなんて、知らなかった、とか、エステや美容クリニックで、何万、何十万払うより、ずっと少なく、確実に治った、などのお言葉を多く頂いております。

当院患者さま(最低6か月間、毎月きちんと外用お薬をお使いになった患者さまたち)にお聞きいただければわかる事ですが、どのような重症なニキビも、何年も、十数年も治らなかったニキビでも、平均10万から18万円くらい(4か月から6か月間のトータルで。)で完治します。完治、というのは、出るニキビが少なくなる事ではなく、「出なくなる」事です。欧米では、かなり当たり前の事です。患者さま方の話を聞くと、2,3か月で、レーザーやピーリングなどで、数十万から百万円かかったし、それでも半分から三分の一くらいにしか、減らなかった、との事です。これは、それらの病院のせい、というよりも、ニキビの本質(原因)は、活性酸素なので、レーザー照射する毎に活性酸素が発生しますし、どのようなピーリングをされても、活性酸素を除去できないので、たとえ、減らせたとしても、1か月後には、取れなかった活性酸素や、逆に発生した活性酸素によって、ニキビが新生するのは、当たり前の事なのです。

その証拠に、欧米の論文や知見で、(世界でこれだけ多くのピーリングやレーザー治療が10年以上行われているのに、)ニキビの完治や、メインテナンスの1年以上の成功報告が、ひとつもないのです。池野クリニックから見ると、無駄なお金の消耗にしか思えないのです。

池野皮膚科の、4か月から6か月のトータルで、10万から18万円の、ニキビ完治治療を、高いとは認識していません。むしろ、リーズナブルだと考えています。しかも、活性酸素さえ除去できれば、ニキビは治るので、治療の代わりに、(難しいでしょうが)1日12時間の睡眠を、3か月続ければ、VC治療をしなくてもニキビは治ります。それなら、0円です。どうぞ、皆さま、活性酸素除去を、心がけください。

池野皮膚科形成外科クリニック

93/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> ]