24186

2018.02.08  花粉症皮膚炎が、花粉+PM2.5皮膚炎と変ってきています。No.321
@お知らせ1
 ここ十年、花粉症でない人々でも、この時期、花粉が顔皮膚につく事による花粉症皮膚炎が増えていますが、その花粉症皮膚炎が、最近数年で、中国方面からの害悪化しているPM2.5がまじりあうことにより、言わば、花粉+PM2.5 皮膚炎となってきております。

花粉+PM2.5 皮膚炎は、花粉症皮膚炎よりも数倍、10数倍、増悪してきているのです。10年前とくらべ、花粉+PM2.5の混在物がついた顔皮膚に紫外線が当たると、花粉だけのときに比べて、数倍から数十倍の活性酸素が発生してしまい、それが、ニキビやシミ、肌の老化だけでなく、皮膚細胞の癌化まで、引き起こしてしまうのです。

これらの発生する活性酸素除去に対して、および損傷皮膚細胞DNA修復効果に関して、2017年3月の皮膚の世界最高峰専門誌Investigative Dermatologyで、最も効果のある外用剤が、リン酸ビタミンC(VCローション、VCミルクの主成分)である事が証明されているのです。
どうぞ、皆さま、リン酸ビタミンC製剤を、毎日、日常のスキンケアとしてお使いください。当院患者さまでない方々も、大都市、または県庁所在地にある皮膚科さまを受診頂ければ、手に入る事と思われます。どうぞ、皆さま、現実をご認識ください。

*日本の皮膚科の先生方は(日本が世界でも稀な皆保険の国であるため)日常診療に忙殺され、リン酸ビタミンCの事はご存じない先生方もいらっしゃいますが、アトピーの治療や活性酸素除去治療と同じメカニズムであるNLRP3inflammasome活性阻止(ごめんなさい。専門用語でわかりにくくて。)だと、おっしゃて頂ければ、扱っているところなら、リン酸ビタミンC製剤を処方して頂ける事でしょう。


Aお知らせ2
ニキビやアンチエイジングに関する治療がどんどん進化しています。

そのため、院長池野はどんどん新しい知見を日常診療に活かしたい、と考えております。
ここ3年4年、欧米学会のニキビメカニズム研究、スキンケア・アンチエイジング研究で、続々と効果・作用機序が明らかになった、リン酸ビタミンCと、その類似作用を持つダプソンゲル(2017年5月7.5%濃度米国にて処方開始・当院では2016年12月より先行処方済み)や、クリンダマイシン・ミノサイクリンローション(2018年米国で処方予定・当院にて先行処方済み)、2%及び4%リン酸ビタミンEローション(2020年スイスで新処方予定・当院にて1月先行処方済み)といった新規薬剤の、ニキビ、ニキビ跡改善・アンチエイジングへの多機能相乗効果(活性酸素除去・NLRP3inflammasome活性抑制・myeloperoxidaseブロック・NET連鎖抑制・皮脂分泌抑制・毛のう閉塞改善・テロメア保全・DNA損傷修復)を、ニキビ炎症やアンチエイジング治療の状態に応じて、使い分け、また、ご希望の患者さま方には、最新各種レーザー治療も追加して、世界中のどこよりも、どの病院よりも、どこの国の最先端医療機関よりも、早く、綺麗に、より若く治っていただけるよう、潤沢な新規薬剤を駆使したい、と院長池野は考えております。池野は本気でございます。ここ数年の欧米でのゆるぎない実績、及びここ数か月の新規薬剤のVISIA(最先端肌分析機、全米皮膚科学会公認)での著明な有効性の結果が、ますます池野に自信を深めさせております。

診察をお受けの患者さまには、どのような最新研究に関して、ご質問いただいても、すべて、わかりやすく説明させていただきます。

池野皮膚科形成外科クリニック


2018.01.10  新年あけましておめでとうございます。No.319
 2018年になりました。
寒波の報道がありますが、皆さまおからだにお変わりございませんでしょうか?

今年で「平成」が終わるかと思うと、平成元年に開業し、診療活動をはじめたわたくしにとっては、一つの区切りになるのかな?とも思います。
とは言え、何かを変えるわけではなく、
これからも毎日毎日、一日ずつ、お一人さまずつの時間を丁寧にしてまいりたいと、あらためて考えさせていただいております。

ここ数年、診療年数に比例して、患者さま皆さまからさまざまな個人的なお話をうかがっております。

例えば……
結婚しました
介護を始めました
子供が生まれました
家族を見送りました
災害に遭いました
被害から立ち直りました
………
よろこばしいことも、たいへんなことも、お話しくださいます事にいつも感謝しております。

そしてどのような状況にいらっしゃいます方にも、わたくしは、それぞれの方に心からエールをお送りさせていただきたいと思っております。

よろこばしいことなら心からのお祝いを、
たいへんなことなら心からの応援をお贈りします。

どのような方々にも、今年もよい年でありますよう、精一杯のエールをお贈りします。

今年も皆さまおすこやかにおすごしくださいませ。

池野皮膚科形成外科クリニック  池野 宏


2017.12.12  2018年米国で処方開始予定の新薬を先んじて処方開始いたしました。No.315
 2018年、米国で、ニキビ(尋常性ざ瘡)の新しいぬりぐすりとして処方開始予定の、1%ミノサイクリンローションを米国に先んじて、処方開始いたしました。
 医師法・薬事法・公衆衛生上の法律、及び特許侵害に関する法律など、すべての関連する法律にクリアできた事が確認できたので、本日12日より院内処方を開始いたしました。(耐性菌出現の問題もクリアしました。)


 1%ミノサイクリンローションだけでもかなりの効果ですが、当院処方の(欧米処方の)クリンダマイシン(Dalacin)ローション+VCローション+VCミルクと併用すると、卓越した有効性が期待できます。さらにしこりのあるニキビに有効なダプソンゲルやディフェレチンゲルの効果さえも高めます。

診察時に医師が必要と判断した患者さまには、当分の間、サンプル処方させて頂きます。
米国での再三の治験でも、重篤な副作用は全く報告されておらず、数%の患者さまに、かゆみや数日の軽い赤みがでる程度でございます。


池野皮膚科形成外科クリニック


2017.11.30  脂漏性皮膚炎の新薬、導入いたしました。No.314
 脂漏性皮膚炎(顔・頭)の米国(院内製剤)の新薬(ぬり薬)導入いたしました。サンプル処方、開始いたします。

従来、日本では、ステロイドやプロトピック、または抗真菌薬(ニゾラールなど)が使用されてきましたが、ステロイドでは長期使用で副作用が出ますし、ニゾラールヤプロトピックでは効果が弱いだけでなく根本治療にもなりません。また、脂漏性皮膚炎に伴う顔の赤みにも、どの治療も無効でございます。
当院で赤みに成果の上がっているVE(リン酸ビタミンE)ローションの効果も、この新薬との併用により、更に上昇し、中には100%に近い赤みの消失の実現できた患者さま達もいらっしゃいます。このうちのお二人のご厚意で、診察時ご希望の患者様には、治療効果の臨床写真を供覧させていただきます。

この新薬は、2016年初めより、米国で院内製剤として使われており、今回、共同研究先から承認がおり、本日(11月30日)よりサンプル処方を開始いたします。副作用のほとんどない事(1%の患者様がが弱い痒みを感じられます。)と、完治の見込める新薬でございます。

池野皮膚科形成外科クリニック


2017.10.10  より多くの方にご理解いただきたいお知らせNo.308
<お知らせ1>
大学病院の先生方のご努力にもかかわらず、日本のざ瘡(ニキビ)外用薬(ぬりぐすり)が、欧米に比べ、大幅に遅れています。ネットでは、ほとんど正確な情報が伝わりませんし、日本の国民の風習として、ニキビ情報を英語の医療サイトで検証する、という事が(マスコミも含め)ほとんどされないので、10年どころか、20年、30年前の情報がネット・女性雑誌では行きかっております。
例えば、2016年に認可された3つの新しいニキビのぬりぐすりが、新しい、新しいとネットで言われておりますが、全く欧米からみると、新しくありません。
 
 どういう事かといいますと、
2016年に認可されたニキビ外用剤(ぬりぐすり)に、エピデュオ(Epiduo Gel)、デュアック(Duac Gel)、ベピオ(Bepio Gel)がありますが、それぞれ欧米で認可されたのは、エピデュオ2008年、デュアック2002年、ベピオの主成分ベンゾイルパーオキサイドに至っては、最初のFDA仮認可で1982年なのです。ネットや皮膚科医が、新しい薬だと伝えている(ベピオゲルの主成分)ベンゾイルパーオキサイドは、米国では35年前からの薬なのです。よって、ニキビひとつとっても、欧米のように、完治する、跡の赤みや色素沈着がほぼ100%消える、というレベルにはほど遠いのでございます。
 2017年レベルの最新情報は、肌に関してなら、どのような事も、診察時院長にお尋ねください。今風に言うと、超最先端の情報をシェアしていただきます。

<お知らせ2>
2017年9月のヨーロッパ研究皮膚科学会での諸大学の研究報告、及び当院とヨーロッパの大学との共同研究成果より、リン酸ビタミンC(VCローションやVC乳液の主成分)がニキビやアンチエイジングだけでなく、ステロイド皮膚炎やステロイド依存皮膚症の治療に、極めて有効な事が証明されつつあります。
特に、保湿やバリア機能に重要なセラミド合成には、リン酸ビタミンC由来のビタミンCが必要不可欠な事と、正常表皮再生に必要な諸酵素反応維持・継続に、やはり、ビタミンCが必須条件だという事も証明されました。

つまり、ステロイド依存皮膚症治療におけるステロイド離脱が、リン酸ビタミンCにより、確実に行えるようになったのです。
この関連で、アトピ―性皮膚炎・慢性皮膚炎・頭や顔の難治性脂漏性皮膚炎にまで有効な事が示唆されてまいりました。

まとめると、リン酸ビタミンCは、肌の健康・正常化・美肌に、最も重要な要素である事が証明されたのです。

<お知らせ3>
最近たびたび診察時やお電話で、このようなご質問をいただきますので、ここにお知らせいたします。
質問内容;
「ちまたには、いろいろなビタミンCやビタミンC誘導体がありますが、どれがいいのですか?どれも同じなのですか?」
お答え;
 「簡潔にいいますと、活性酸素除去・コラーゲン生成・メラニン抑制・セラミド合成・ニキビ改善効果が、純粋なビタミンC(アスコルビン酸)にありますが、それが人間の皮膚で実際に働く事が医学的に証明されているのは、当院VCローション及びVC製剤の主成分のリン酸ビタミンCだけです。他の何十種類もあるビタミンC誘導体の中で、医学的効果が唯一証明されているのがAPPS(パルミチン酸リン酸ビタミンC)のシミへの効果です。つまり、最近化粧品会社や病院でよく使われているビタミンCエチルやビタミンCグルコシドは、製造メーカーの社内研究でそれぞれの効果をうたってるだけで、欧米医学的・皮膚科学的には全く証明されておりません。その証拠に、それぞれのビタミンC誘導体の医学的効果の証明された医学論文を提示してください、と化粧品メーカーなり処方された病院に問い合わせていただくと、(前述しました)リン酸ビタミンCとAPPS以外の医学論文が存在しない、事がはっきりするでしょう。
まとめますと、すべてのビタミンC効果を肌で実現できる事が証明されているのはリン酸ビタミンCだけで、シミへの効果のみ、APPSで証明されています。だから、ニキビには、圧倒的にAPPSよりリン酸ビタミンCの方が効果があるのです。あとのビタミンC(誘導体)は全く効果がありません。」
とにかく、APPSはシミだけには有効で、すべてに有効なのはリン酸ビタミンCだけで、その他のどのビタミンC誘導体も、ほとんど人間の肌で効果がございませんので、どうぞ皆さま、ご注意ください。
何よりも、世界で最も膨大な(実際の)ビタミンC臨床症例を経験し、有効例著効例を報告し、最も多く、最も長くリン酸ビタミンCの臨床医学論文を世界に発表し続けている池野が言ってる事、お伝えしている事なのです。どうぞご理解ください。


<お知らせ4>
幼稚園・小学生・中学生の皆さん、日中は曇りの日でも、日焼け止めを毎日ぬりましょう。ご家族の方々、現実問題として、オゾンホールの拡大と皮膚癌増加の事実をふまえると、毎日、ぬらざるを得ない事をご理解いただける事でしょう。



池野皮膚科形成外科クリニック  院長  池野 宏


2017.10.01  ヨーロッパ研究皮膚科学会のご報告No.306
 9月26日27日28日と休診を頂いて、参加いたしましたヨーロッパ研究皮膚科学会での、患者さまにすぐに役立つ情報をお伝えいたします。日本からも多くの医大皮膚科から教授先生始め、医局の先生方が参加されていましたが、開業医の先生は(私以外は)いらっしゃらず、いつもの事とはいえ、やや寂しく感じました。
おかげ様で発表は、盛況で、欧米皮膚科医・美容外科医・化粧品技術者の方々から多くのご質問をいただきました。

今回の多くのシンポジウム・ポスタ―発表を拝聴して、当院に強く関連しているニキビ・スキンケア・美容皮膚科(シミ・シワ・アンチエイジング)・皮膚炎・敏感肌に関してご報告しますと、(我田引水のようで恐縮ですが)日ごろ患者さまにお伝えしているように、紫外線の継続的な増加と、それに伴う(健康な皮膚の一番の敵である)活性酸素の増加が、皮膚科学にとって、悩みの種となっております。今回の学会でも、それに伴う肌へのダメージへの予防・及びダメージをどう治療していくか、の多くの報告がなされていました。

(本当に我田引水で恐縮ですが、実際の多くの発表・シンポジウムで裏付けられているのでお伝えしますが)私池野が20年前から最近まで言い続けておりますリン酸ビタミンCをはじめ、ビタミンEやエパデール、の炎症抑制効果や紫外線ダメージ回復効果が報告されました。またその他、いろいろなさまざまな抗酸化物質による肌炎症・トラブルの予防、及び治療が数多く報告されていました。また、5年前から研究に基づき、ニキビの種類によって、リン酸ビタミンC亜鉛添加乳液を処方していますが、亜鉛の皮膚への炎症抑制・肌健康促進効果も報告されておりました。

また、ニキビのメカニズムでは、これまた20年前から私が言っております皮脂の酸化抑制の重要性が、いくつもの大学から報告され、特にニキビのシンポジウムでは、その中心講演者のChristos Zouboulis博士(2015年の私の論文の共同研究者)が皮脂の詳細な成分と炎症との関連を講演され、ちょっと専門的ですがニキビの炎症が起こったり進展すると、PPARγというものの働きが悪くなり、これを正常に戻すと、ニキビの炎症が改善する、という最新の知見を発表されましたが、何と、リン酸ビタミンC(VCローションやVC乳液の成分)を毎日使うと、PPARγの働きが正常になるのです。だからニキビが最終的には完治するのです。
今回私たちの発表したポスター講演は、面皰皮脂の成分分析でしたが、講演終了後Christos Zouboulis博士から、ニキビに関して皮脂を取り上げているのは、我々とDrIKENOのグループだけだなあ、と仰って頂きました。有難いお言葉です。

また、イタリアの(ヨーロッパのニキビ治療研究の中心)のPicardo教授の発表では、ニキビの炎症が進むと、過酸化脂質とビタミンEが少なくなると報告されましたが、これも我々が研究で主張している事で、過酸化脂質がニキビの原因なので、皮脂から過酸化脂質に変換されるのを防ぐのが、リン酸ビタミンCであり、最近は、ビタミンEも(ニキビにも皮膚炎にも)治療に使っております。

このように、最新研究が、どんどんリン酸ビタミンCのニキビや美肌への効果、池野クリニックのいろいろな治療効果、を証明してくれているので、私池野は、ますます自信を強め(ただし、過信する事なく)日々の診療に専念させていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

池野皮膚科形成外科クリニック   池野 宏


2017.08.17  紫外線の年々の増加No.304
 日ごろ、院長池野が、(2000年から言い続けています)口にしている紫外線の増加が、2016年の北極での(人類史上初めて)オゾンホールの発生により、ますます今後も続くようでございます。北半球でのオゾン層の1980年レベルへの回復が、2016年夏の日本気象庁の予想では2040年代との事でしたが、北極オゾンホールの発生により、数十年遅れる事になります。

どうか、皆さま、紫外線の皮膚への障害をご理解ください。紫外線(日光)が肌にあたると、活性酸素が発生いたします。これは、すべての医師・科学者が認める科学的事実です。また、20世紀と比べて、紫外線が、数十倍強くなっている、という認めたくない事も、また科学的事実です。つまり、肌(皮膚)に発生する活性酸素も、日々、10年、20年前とくらべて、数十倍になっております。活性酸素は、ニキビの一番の原因ですが、シミ・老化、ひいては、皮膚癌の一番の原因でもあります。事実、欧米のいくつもの医療機関の研究で、ここ10年、皮膚癌がどんどん増加しております。

紫外線も、発生する活性酸素も数十倍になっていますが、新宿・渋谷・銀座を歩く女性のファンデーションの厚さが数十倍になっているわけではありません。つまり、肌の強敵である紫外線・活性酸素に対して、味方は全然増えていないのです。日焼け止め・ファンデーションは、味方と言えるので、それは徹底して頂きますが、紫外線の急激な毎年の増加を考えると、それだけでは、味方が増えていないのです。プラスするものが必要なので、それを説明いたします。


当院患者さまには、説明する必要がないかもしれませんが、患者さま以外の方々にも知っていただきたいので、説明いたします。
それは、リン酸ビタミンC(ビタミンC誘導体の中でダントツに皮膚に吸収され肌の中で大量の純粋なビタミンCに変換される)をぬる事です。池野クリニックで、1998年から言い続け、使い続けて頂いているからだけでなく、今年2017年の皮膚科専門誌
Journal of Investigative Dermatology(世界の皮膚科学の最高峰の専門誌。皮膚科専門医なら皆承知している専門誌です。)で、

Protective Effects of Topical Vitamin C Compound Mixtures Against Ozone-Induced Damage In Human Skin という論文で、現在地球上のすべての薬剤・化粧品原料の中で、最も紫外線の障害を予防できるのが、ビタミンCである事が証明されたのです。

内容的には、(これも院長池野がいつも口をすっぱくして繰り返し言ってる事ですが)年々強くなる紫外線や、破壊されたオゾン粒子による皮膚障害が悪化しているが、それを最も防ぐのが、外用(ぬる)ビタミンCであった、という事であります。外用ビタミンCの中で
リン酸ビタミンCが圧倒的に、皮膚への吸収がいいので、最も皮膚障害を防げるのが、リン酸ビタミンCである、という事なのです。(APPSではありません。リン酸ビタミンC=APSまたはAPMgです。当院でもシミにはAPPSを使ってますが、活性酸素除去・ニキビ・アンチエイジングには、世界の医学データで証明されているリン酸ビタミンCです。APPSには、それらのデータがないのです。)


世界最先端の有力雑誌で証明されているのですから、どうか、どうか、毎日、リン酸ビタミンCをおぬりください。

また、当院患者さま以外の読者の方で、リン酸ビタミンCをお持ちでない方は、全国の県庁所在地レベルの人口の都市なら、必ず院長池野の提唱しているリン酸ビタミンC製剤(外用剤)を置いている病院・クリニックが存在するはずですから、ネットなどで、ご検索ください。どこで処方されているかは、当院でも把握できませんので、当院に問い合わせ頂いても、お答えできません。申し訳ございません。

どうぞ、皆さま、紫外線の皮膚障害をご理解いただければ幸いであります。

池野皮膚科形成外科クリニック

99/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> ]